闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

さっぱり盛り上がらない東京都知事選挙

2014年02月04日

さっぱり盛り上がらない東京都知事選挙


 2月9日は東京都知事選挙の投票日ですが、さっぱり盛り上がりません。肝心の「突っ込んだ政策論争」が全くないからです。

 公示直後から政権与党の自民・公明が推薦する舛添要一候補が「圧倒的に有利」であると、マスコミ各社が大々的に煽った(あおった)効果もあってか、同候補が結局は逃げ切りそうです。

 しかし同候補の公約は抽象的で耳触りのよいものばかりで、都民の生活を守るという使命感が全く感じられません。まあ舛添氏に期待する方が無理なんでしょうね。

 本誌が最も懸念していたのは、小泉・細川・両首相経験者が「にわか仕掛けの脱原発」を前面に当選してしまい、その後の東京が「悪夢の独裁国」になってしまうことだったのですが、さすがに都民の良識で回避できそうです。

 盛り上がらない理由の1つが、都知事の権限がほとんど話題にならないからですが、実は「強大な権限」があります。

 東京都は人口が1300万人、地域GDPが90兆円、財政規模が12兆円の「大国」です。もちろん徴税権(地方税)があり、唯一の地方交付税の不交付団体で完全に財政的に独立しています。

 その首長である東京都知事は都民の直接選挙で選ばれます。同じく選挙(厳密には間接選挙ですが)で選ばれる米国大統領には予算や法案の提出権がなく、議会の解散権もありません。しかし都知事にはこれがすべてあります。

 つまり都知事は自分で法律を作って自分で執行できるのです。また直接指揮する東京都職員は、警察官や教員を含めて16万人もいる巨大行政機関のトップでもあります。

 もちろん議会の同意が必要な事案も多いのですが、その権限は東京という「大国」の中では、日本の首相や米国大統領よりもはるかに強大となります。

 つまり東京都知事は、東京という「大国」の独裁者なのです。

 本誌が小泉・細川陣営を「悪夢の独裁国」になると警戒していたのは、決して大げさにいっていたわけではありません。

 それでは例えば猪瀬前知事をみていて「独裁者」だと思った人は皆無だったでしょう。「独裁者」は、たかが(失礼!)5000万を受け取ったくらいでオタオタして辞任することはありません。

 つまり歴代の東京都知事は(石原慎太郎・元都知事は少し違ったのですが)、「独裁者のイスに自分が座っていることを全く自覚していなかった」あるいは「自分の力で当選したわけではないので、いろいろと気を使う必要があった」のでしょう。

 そういう意味では、各候補者に「独裁者に当選したら、どういう勝手なことをやりますか?」と聞く記者が1人くらいいるかと思ったのですが、これも期待する方が無理でした。

 それでは当選が有力視される舛添要一氏は、当選後に突然「独裁者」になる恐れはあるのでしょうか?

 自らが独裁者になる度胸はないはずですが、いろいろな分野で棲み分けている「各方面に多数いる独裁者」それぞれにすり寄ってしまう恐れはありそうです。

 例えば東京オリンピックの組織委員長は、都政の空白のどさくさに紛れて森喜郎・元首相に奪われてしまいましたが、これを取り戻そうとするのではなく(主宰するのは国ではなく東京都です)、すり寄ってしまうのでしょうね。

 そのような意味では田母神・元航空幕僚長に期待したかったのですが、在任中に日本政府の公式見解(あの国賊的な村山談話のことです)に反する発言をしたとして罷免されており、依然として「危険人物」と見なされているため残念ながら勝負になりません。

 結局、このまま盛り上がらないうちに投票日を迎えてしまうのでしょうね。

 それから橋下・大阪市長が辞任して、大阪都構想の民意を問うようです。いずれ記事にします。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:13 | TrackBack:0
関連記事
コメント
都知事選
細川小泉陣営が柱とした「脱原発」
マスコミがこぞって原発問題の報道規制
してるものだからどうしようもないでしょう

細川小泉陣営に加わった面子が今後どうなるのかに注目しています
肝心の「突っ込んだ政策論争」が全くない
経産省幹部は「反原発への動きを抑えて都知事選をやり過ごすには、処分場選定を急ぐ姿勢を見せることが大切。実現可能性? あるわけない」と語った。<核のごみ最終処分場
「シナリオ」小泉発言機に急加速(毎日新聞)

官僚とかこういう考えなんですもん
盛り上がらないのは、マスコミが熱心に都知事選を取り上げないからではないか。

各マスコミ組織のトップが○○で決まったようなものだから、報道したってしょうがない、とか言ってたりして。

そういえば、護衛艦と漁船の事故なんて、数年前なら、やれ自衛隊の人殺し、とかマスコミ報道で世間も大騒ぎになっていたけど、今回は、マスコミが不気味なぐらい静かだ。

一体、ここ数年でマスコミ内部で何があったのだろうか???
大阪市長の一人相撲なんて、論評に値するんですかね。ま、弱い犬ほど良く吠える、噛みついたら勝てると思い込んでる幼稚園児みたいですよね。
都知事選、マスコミが醜い。
日本のマスコミ、特に大手新聞、テレビ局、いつから政府の御用機関になったのか?
政府の機密費工作が相当あるのだろう。
何故、小泉・細川陣営を「悪夢の独裁国」と断定するのか、その理由がよくわかりません。
8歳、3歳の子供を持つ38歳主婦です。
私は政治の事は良くわかりませんが、子供達の為に原発再稼動は止めて頂きたいと強く願っています。
あの様な事故があったのに、将来の危険性を無視して今の経済さえ良ければ良いという考えは、あまりにも自己中心的ではないでしょうか?

私は都内在住ではありませんが、長女が都内の学校に通っているので、都民であるお母さん方ともお話しています。
その狭い範囲ですが、皆原発には関心が高いです。
細川氏の演説は万の聴衆らしいです。
例え舛添氏が都知事になったとしても、その得票数より反原発の得票数の方が上回ったら、政府は謙虚に再稼動を止めるべきです。
それが民主主義国家のあるべき姿ではないでしょうか?
それを無視するなら、安部政権こそ「悪魔の独裁者」です。
消去法かもしれませんが・・・
共産党推薦の宇都宮氏論外。
あまり深く考えないでオリンピック辞退に言及して即時撤回したり、反原発一本槍のイメージ戦略の細川氏も論外。
母親介護の美談を捏造したり、生活保護受給の姉の扶養を拒否したり、政治資金に纏わる話も複数存在す
るような単なる狡猾な世渡り名人であり、外国人参政権推進論者の舛添氏も論外。
近年激増する中華料理店や中国人、国全体が反日マインドで凝り固まった韓国朝鮮人等を考慮すれば、大規模災害だけでなく、多面的な首都の安全体制整備が求められる。田母神氏しかいないと思う。
舛添氏の支持母体は国政の与党と同じなので、新自由主義・増税・福祉切捨て・箱物行政の推進・原発利権の拡大・某宗教団体の異常なまでの保護などは変わらないでしょう。
ただ、さらに心配なのは彼が在日外国人の帰化組だと言うこと。当選すれば東京都・23区等での永住外国人への地方参政権付与・外国人公務員の採用拡大及び幹部昇進の途の確保が一挙に進むのではないでしょうか。
福祉重視への転換及び低所得層への収入確保による底上げにより抜本的な経済浮揚を期待するなら、宇都宮氏だと思いますが、細川氏と票を奪い合う結果になるのでしょう。
もっとも、有権者はかしこくないので、投票率は40パーセントを切るでしょう。支持母体のしっかりした舛添氏の当選は確実でしょうね。
サバイバルナイフ持ち歩いてるよな舛添がいいわけ無いだろう。銃刀法違反。
しかし、こんな所まで原発反対の工作員が出没するとは、
恐れ入りますねぇ。
株以外の話題で熱くはなりませんが、
何の対案もなくただ原発を止めろという、斜め上な方々を
見るにつけ、ため息が出ますよ、ホント。
舛添氏の以外な顔
>母親介護の美談を捏造したり、生活保護受給の姉の扶養を拒否したり、政治資金に纏わる話も複数存在するような単なる狡猾な世渡り名人であり、外国人参政権推進論者の舛添氏も論外。

舛添氏の女性遍歴はすごいですね。
愛人の子供含めると実子が5人もいるから、姉の扶養まで手が回らなかったのでしょう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131202-00000007-pseven-soci
-----舛添要一氏 「月収8万円だから」と婚外子への扶助減額要求------
舛添要一氏といえば、表の顔は、議員職を辞めた後も頻繁にメディアに登場し、元厚労相という経歴や母を看取るまでの介護体験を活かして社会福祉問題に鋭く切り込む論客。一方、私生活では“艶福家”としてよく知られている。現在の夫人は3人目の妻で、2人の愛人が産み認知した子3人と実子を合わせると、舛添氏には実に5人の子供がいる。
何も空しくはない東京都知事選挙結果
今回の都知事選挙の4候補者の得票の割付は絶妙です。

まず、順位が
 ①舛添
 ②宇都宮
 ③細川
 ④田母神
で、細川氏が宇都宮氏より下位が一番のポイント。
次に、得票数ですが
 舛添支持票が、宇都宮票+細川票より多い。

この絶妙な割付から何も感じ取れないようでは、今日本を牛耳っている勢力が
誰であるか掴み取れないでしょう。
暗闇の中で、その時々の情勢を分析してもある方向に導くプロパガンダにすぎない。

複数の世界勢力者に古来の勢力、宗教団体、共産党が絡まった利権争奪代理戦争が実態でしょう。
予想以上の細川、小泉連合の支持に利権の配分が変わるでしょうね。
話し合いは熾烈を極めるでしょう。

今、我国に外国勢力の占領状態を良しとしない人々が現れ始めています。
美しき伝統文化を継承しなければとの熱き大きな流れが現れ始めています。
先人達の人生も平坦ではなかっただろうに、彼らが伝統文化を守ったがゆえに
現在の豊かな生活を享受できています。

今、我々が美しき伝統文化を守る順番なのだ。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム