闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

何とも怪奇なソニーの決算発表

2014年02月07日

何とも怪奇なソニーの決算発表


 本日(2月6日)夕方にソニーの第3四半期決算が発表され、2014年3月期の連結決算予想が大幅に下方修正されました。

 下方修正された2014年3月期の連結決算予想は、営業利益が昨年10月に下方修正されていた1700億円からさらに半減して800億円、純利益も同じように昨年10月に下方修正されていた300億円(黒字)から1100億円の「大幅赤字」に修正されました。

 同時に数日前から報道されていたパソコン事業の日本産業パートナーズへの売却や、不振のテレビ事業の分社化が発表されており、これら資産の売却損や減損処理に伴う赤字が加わったとも考えられます。しかしパソコンやテレビの構造改革費用を200億円積み増すとの説明がされているだけで、どうして最終純利益が1400億円も下方修正されて1100億円もの赤字になるのか合理的な説明がされていません。

 だいたい一定額以上の下方修正が行われるときは、決算発表前に「業績予想の修正」を開示する必要があるのですが、それも出されていません。ソニーに代わって「言い訳」を考えると、「本日に突然決まったパソコン事業の売却により資産売却損を突然に計上しなければならなくなり、決算発表が本日だったので業績修正を出す時間がなかった」となるはずです。しかし営業利益予想も経常利益予想も従来予想の半分以下になっているので、やはり株主軽視が甚だしいといえます。

 要するに、本日の発表直前まで監査法人との意見調整に手間取っていた可能性があります。だから説明が「よくわからない」のです。

 決算発表には平井社長が急遽出席して国内外で5000人の人員削減を発表し、今後は年間1000億円の経費削減になるとも説明していますが、これも根拠の解説が不十分です。

 またゲーム、ネットワークビジネス、モバイルの成長事業に経営資源を集中するとも説明していますが、実際に発表された2013年4~12月の営業利益は1414億円で、そのうち1330億円が金融部門の利益です。ちなみにダニエル・ローブが分社化を求めている映画部門の営業利益は102億円です。

 つまりソニーの将来像が全くイメージできません。

 現時点ではパナソニックの2014年3月期の営業利益予想は2700億円で、シャープの予想は1000億円です。あくまでも予想ですがソニーの営業利益はシャープを下回ってしまったのです。

 また今週に入ってからパソコン事業売却の報道が先行しており、むしろ株価にプラスに働いていました。余計に市場に失望と反動と疑心暗鬼(詳しい説明がないから)が出るのでしょうね。

 また映画部門の分社化を提案して拒否されたダニエル・ローブも、そろそろアクティビストの本領を発揮すると思われます。また9か月の営業利益が102億円しかない映画部門に、今でも分社化して出資するほど魅力を感じているとも限りません。

 ダニエル・ローブが今までおとなしくしていた理由は、単にアベノミクス効果の円安と株高でソニーの株価がコストを上回っていたからと思われます。昨年8月8日付け「ダニエル・ローブの提案を拒否したソニー」で推測していますが、ダニエル・ローブのコストは(売却していないと仮定して)1株=1400円と思われます。当然にレバレッジが掛かっているので、そのコストは少しずつ上昇します。

 ダニエル・ローブのポジションには、件(くだん)のゴールドマンによる新株予約権付社債のリッパケージが含まれているはずで、もう少し損益計算が複雑となるのですが、いずれにしても「あまり安閑としていられない株価」になるはずです。

 今後ソニーから、もう少し「わかりやすい説明」がされるかもしれませんので、それを踏まえてまた書くことにしますが、本誌がいつも指摘している「ソニーの体質」が非常によく出ている本日の決算発表でした。

 ちなみにパソコン事業を売却する日本産業パートナーズとは、主要株主がみずほ証券とベイン・アンド・カンパニーのLBOファンドです。ソニーが売却先に日本産業パートナーズを選んだ理由も、よくわかりません。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
業界再編成の兆し?
ITX オリンパス
ビッグローブ NEC
VAIO ソニー
NECのビッグローブ、ソニーのパソコン事業と、立て続けに日本産業パートナーズが受け皿として手を上げている。日本産業パートナーズは旧日本興業銀行の残党。NEC、ソニーのメイン銀行は三井住友銀行。日本産業パートナーズに、両事業の再生ができるのだろうか?
ソニーもえげつないっすよ
ソニーも、内部の人から聞くと、三人集まれば金儲けの話ばかりの会社だそうですよ。

関係者以外社員も知らない事実ですが、ソニーはオフィスを借りる時は、賃貸借契約の特約で「月額賃料は一年間で11回支払えば良いものとする」と入れるそうです。ソニーが入ればビルのイメージも上がるから、まけろという商法です。

日本に出店し、引く手あまたの頃のスターバックスも「スターバックスがビルに入ってやるんだから、賃料はただでもええんとちゃうか?」と凄んでいたそうです。

弱いものを食い散らかすソニーを喰らう金男、弱肉はいつも定食になるのが運命、それが弱肉定食主義。

ソニー大丈夫なんか?
この会社の製品買うの心配やわ
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム