闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

何とも空しい東京都知事選挙の結果

2014年02月10日

何とも空しい東京都知事選挙の結果


 本日(2月9日)東京都知事選の投票が行われ、午後8時に締め切られた瞬間に各メディアが出口調査に基づき、舛添要一候補が当選確実と報道しました。

 舛添氏は、自民・公明の政権与党のほか、本来は民主党支持であるはずの東京連合まで推薦に回り、投票者の半数近い票を集めたと思われます。

 共産党支持の宇都宮候補が2位、「小泉脱原発党」の細川候補が3位、田母神候補が4位と、一般的に予想されていた通りの結果・順位になりそうです。

 ただ明らかに適者なき空しい都知事選挙だったため、また雪の影響もあり、投票率が締切り30分前で34%と前回を12%も下回っています。期日前投票が9%あったようなので、当日投票所に向かった都民は4人に1人(25%)だったことになります。

 大々的に脱原発を掲げる小泉元首相に担がれた細川元首相は、完全に尻すぼみとなりました。まあ細川候補の主張も「徐々にではなくすぐに原発を廃止することにより、はじめて日本経済が再生して強い国になれる」という全く意味不明のもので、これなら出ない方が同じ脱原発を主張する宇都宮候補がもっと舛添候補に肉薄していたことになります。
 
 どう後講釈してみても、舛添東京都知事が誕生してしまいました。

 改めて舛添候補の主張を思い出してみても「東京を世界一の都市にする」とか「史上最高のオリンピックにする」など抽象的なものばかりで、全く具体的なイメージがみえてきません。

 つまり舛添都知事が何をするつもりなのかは全く想像がつきませんが、過去の行動などから考えると、とりあえずは政権与党べったりの都政になりそうです。

 2月4日付け「さっぱり盛り上がらない東京都知事選挙」にも書いたように、東京都知事には強大な権限があるのですが、舛添都知事は「突如独裁者になる」恐れはないものの、その強大な権限を気前よく政権与党や官僚組織にわけてしまうような気がします。

 東京都民のために戦うことだけは「絶対に」ありません。

 例えばオリンピックは日本政府ではなく東京都が主宰し、運営費用はすべて東京都の負担となります。一方放映権やスポンサー料を含むすべての収入はIOCに入り、東京都には半分しか分配されません。前回のロンドンオリンピックもそうだったのですが、東京都としてはかなりの赤字になるはずです。

 それを国庫負担の公共投資などで「辻褄を合わせる」しかありません。

 しかし猪瀬前知事の辞任で都政が空白となっている間に、東京オリンピック組織委員会会長を森喜郎・元首相に、財布を握る事務総長を武藤敏郎・元大蔵事務次官に奪われてしまいました。

 これは東京都の財布で、自民党族議員と大蔵(財務)官僚が利権を握ることを意味し、東京都は(東京都民は)辻褄を合わせられないことになります。

 どう考えても舛添都知事の最初の仕事は、この東京オリンピック組織委員会会長と事務総長のポストを「東京都民のために」取り返すことなのですが、逆にすり寄るだけなのでしょうね。

 気を取り直してもっと「舛添都知事がやるべきこと」を考えることにします。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
「王道推進党」宣言 -ネット保守政党の結党趣旨および綱領(案)-
闇さんがおっしゃる通り、知事選は消去法で選ばれ残念です。
現実政治は、なかなか隔靴掻痒の感あり、下記の様な事を考えてみました。

■「王道推進党」宣言 -ネット保守政党の結党趣旨および綱領(案)-

もしも自分が政党を立ち上げるとすれば、どんな党にするか?
現状の政治に長い間もやもや感を抱きつつも、一介の会社員として市井に塗れ糊口を凌ぐ身としては、投票行動以外には、これまで僅かに世間に働きかける術として時々自分の考えをブログに書き殴ったり、雑誌投稿する以外の手段を持っておりませんでした。
 
しかし、このままでは現実は変わらないと反省し、少しでも日本の社会を善くするために、この度ネット上の政党 「 王道推進党 」 を結党する事といたしました。
基本的に 「 健全保守 」「 穏健保守 」 の立場に立ち、様々な問題に対して柔軟かつ現実的な解決策を提示し実現して行きたいと考えております。
取り急ぎ、下記に結党趣旨と綱領(基本政策:案)として、少々脳内妄想気味かも知れませんが無い知恵を絞った拙案を載せます。

その他の運営方法や活動方針とかは、お恥ずかしい話何も決まっておりませんが、趣旨にご賛同頂ける方、もしくはご意見を頂ける方は是非以下までご一報頂ければ幸いです。m(_ _)m
◆Twitter https://twitter.com/Kozen_Sato
◆http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/54094563.html#comments

平成26年2月11日 
結党発起人 佐藤鴻全(会社員、文筆家)
@佐藤総研 (たった1人のシンクタンク)
http://blog.livedoor.jp/ksato123/

                    記
◆結党趣旨◆
我が国は今日、加速する少子高齢化、激動する国際情勢による経済・外交の変化に見舞われている。
こうした中、過去のしがらみや惰性に従った政治、硬直化した社会システムでは、押し寄せる事態に対応不可能となっている。
このため我々は、左右双方に存在する大義なき既得権益集団、その複合体の利権を打ち壊し、王道即ち正しき政治によりこれを改めるべく、王道推進党の結党を決意し、広く有志を募ることとした。
我が党は、 「 発展と調和の同時実現 」 、即ち内政に於いては 「 ナショナルミニマムを伴う自立社会 」 、外交防衛に於いては 「 国際的大義を伴う長期的国益 」 の実現を図る事を大目的とする。

◆綱領(案)◆
<内政:経済政策・社会政策>
●経済財政政策
「 経済成長を増税に先行 」させる。
十分な経済成長を実現出来ない為政者は、自ら去るべきだ。
●成長戦略
「 善き規制緩和 」と「 善きターゲティングポリシー(特定分野の国家主導育成) 」を組み合わせ、経済成長を図る。
その実現の為に、両者についての判定基準および仕組みを確立し実行する。
●雇用・社会保障政策
 社会保障改革などは、意味が無い。
雇用を中心とした社会改革が先に無くば、あらゆる社会問題は解決しない。
このために、同一労働同一賃金等による「 非正規と正規雇用の格差解消 」、給付付き税額控除、恒久的雇用減税等により、「 若者、女性、老年者等の雇用機会拡大 」を行い、「 生活保護受給者の縮小、出生率増加、年金収支改善、および人材の適材適所化 」等を図り国力増進を実現する。
●エネルギー・原発政策
「 エネルギーの多様化 」を進める。
原発については、福島原発事故の責任者追及を含む真に合理的対策を講じた上で、エネルギー安全保障等を鑑みて「 当面の運用を続行 」する。
●食糧安全保障
貿易自由化を基本とするも、「 食糧安全保障の確保 」、「 食糧自給率 」の確保をその上位に置く。
進んでは、「 食糧自給権 」を新しき国家主権として国際的に確立させる。

<外交・防衛>
●防衛政策
我が国に対する攻撃を行う、又は領土的野心を持つ国が出現する可能性がある。
このために、我が国は米国を筆頭とした諸国と共同し、その野心を未然に防がなければならない。
これ等の諸国と共同しつつも、我が国は防衛の本義に従い「 自主防衛力 」を高めて行かねばならない。
●国際貢献
我が国は、国力を高めそれに応じて、広く各国が認める「 国際的大義」および「 長期的国益確保 」に適う場合、国際貢献として各国間の調停に積極的に関与する。
●憲法改正
第九条を中心に、広く国民の支持を受け「 憲法改正 」を行う。
改正第九条の主な内容は、次の通りとする。
(1)陸海空軍その他の戦力の保持は、自衛権の発動、国際貢献活動、及び国民の生命若しくは自由を守るための活動の為のものに「 限定 」し、その目的にのみ行使を妨げない。
(2)自衛権には、「 集団的自衛権 」を含む。
自衛権行使及び国際貢献活動は、「 国際的大義に適い広く国際社会に認められ得るもの 」でなければならない。
その要件、実行組織、統制については、別途法律で定める。

以上
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム