闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日銀の御利益(ごりやく)は健在

2014年02月19日

日銀の御利益(ごりやく)は健在


 本日(2月18日)開催された日銀の金融政策決定会合は、現行の「異次元」量的緩和はすべて据え置きとなりましたが、以下の貸出枠・期限の拡大が決定されました。

 3月末に期限が来る「成長基盤強化を支援するための資金供給」を1年間延長し、(外貨貸出などの特則を除いて)3.5兆円だった貸出枠を7兆円にするとともに、貸出期限を最長3年から4年に延長しました。

 また「貸出増加を支援するための資金供給」は、各金融機関の貸出増加額の範囲内だった貸出枠を貸出増加額の2倍にするとともに(貸出枠の総額はもともと無制限です)、やはり貸出期限を最長3年から4年に延長しました。

 これらの決定が発表された直後に後場の取引が始まった株式市場は一時500円をこえる急騰となり、450円高の14843円で終了しました。

 また円相場も発表直後に1ドル=101.90円から一時1ドル=102.74円まで、1ユーロ=139.75円から一時1ユーロ=140.84円まで「円安」となりました。

 本日の措置が本格的な追加量的緩和を「期待」させ、株式市場も為替市場も予想外の反応となりました。まさに日銀の御利益(ごりやく)は健在だったことになります。

 昨日付け「昨年後半に急減速していた日本経済」の最後に書いたように、早晩に追加量的緩和に踏み切らざるを得ないと思うのですが、その効果が「円安・株高に限れば」健在であることが確認できました。

 さて本日に貸出枠と期限が拡大された2つの資金供給とは、実は2012年12月20日に白川総裁(当時)によって導入されたものです。金融機関は成長基盤強化のためでも通常の貸出でも、その貸出増加額に見合う資金が年0.1%で日銀から供給されるので「いくらなんでも貸出が増えるだろう」と導入されたものでした。

 これはあくまでも中央銀行(日銀)本来の役割とは金融機関に短期資金を低利で供給することで、長期の貸出や債券購入は金融機関それぞれのリスク判断に任せるという金融政策の「基本」です。当時の「資産買入等の基金」もこの考えに沿ったものでした。

 ところがその後に就任した黒田・現総裁が、これを根底から覆しました。つまり日銀の役割を「短期資金を低利で大量に供給する」から「日銀が直接に長期国債を異次元に購入する」に変えてしまったのです。

 どちらが正しい金融政策なのかの議論は控えますが、本日の黒田総裁は自分が否定した白川前総裁の金融政策を引っ張り出してきて「とりあえず幕間を繋いだ」のです。

 それでは白川前総裁が導入した資金供給は、その後の「異次元」量的緩和を経て、増えていたのでしょうか?

 資金供給導入時の2012年12月20日時点の日銀貸出は30.6兆円で、直近の2014年2月10日時点では25.8兆円です。本日に拡大された資金供給残高は8兆円をこえているそうですが、日銀貸出総額では4.8兆円も減少しています。つまりその後の「異次元」量的緩和で資金が「異次元」に供給されているので、今さら日銀の貸出に頼る必要はないことになります。

 つまり本日拡大された資金供給の実質的な意味は「ほとんど」ありませんが、アナウンスメント効果だけはあったことになります。

 それではいずれ踏み切るはずの追加量的緩和には、意味があるのでしょうか?

 季節要因があるため、ちょうど1年前の2013年2月10日時点と(異次元・量的緩和の導入は2013年4月4日です)と直近の2014年2月10日時点を比較しますと、日銀券発行残高が82.3兆円から85.3兆円へと3兆円しか増えていませんが、日銀当座預金は39.4兆円から106.4兆円へと67兆円も増えています。

 いくらマネタリーベースを年間60~70兆円増やす「異次元」量的緩和を行っても、実際の経済活動を反映する日銀券発行残高は3兆円しか増えていなかったのです。これも実質的な意味は「ほとんど」ないことになります。

 しかし何度も書いているように、国債の大量発行を容易にして利払い負担を少なくする意味はあり、「円安・株高に限れば」御利益(ごりやく)も十分にあることになります。

 あとは「いつ」踏み切るかだけです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
1ユーロ=104.84ではなく140.84でしょうか?
ご指摘ありがとうございます。

記事を訂正させていただきました。

大変失礼いたしました。

闇株新聞編集部
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム