闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2014年03月09日

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 3月10日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。


メインテーマ 1 どういう時に円高(円安)になるのか? また金価格は?

 先週後半の日経平均は急上昇しました。NY株高と並んで「円安」になったことが大きいようです。

 最近よく「景気が低迷すると円高になるのでは?」「TPP中断はアベノミクスの停滞なので円高になるのでは?」「中国で理財商品が破綻すると(大変な)円高になるのでは?」などとよく聞かれます。

 そこで今週は「円高になる(円安になる)メカニズム」を詳しく解説します。もちろんこのメカニズムは時と共に変遷するので、あくまでも「現在」と「近未来」のメカニズムです。目先あるいはやや中期的な為替の動きの予測にも役立つはずです。

 また金価格が出てくるのは、為替相場と一緒に考えるとわかりやすいからですが、実は金相場が変化するメカニズムも最近大きく変わっています。そこであまり固定概念にとらわれないように解説します。


メインテーマ 2  日本史最大の闇である明治維新を考える

 1月に江戸幕府について書いたときに予告していたテーマです。別に明治維新が陰謀だったという意味ではなく、全く正確に解説されていないために「大変にわかりにくい」という意味で「闇」なのです。
 
 いつも「日本史には嘘がある」と書くのですが、それに加えて「日本史は国際情勢(世界史)との関連が大変に軽視されている」ことがあります。日本の歴史だけが勝手にできあがっているのではありません。

 海外からの影響が限定的だった律令時代あたりだと「大化の改新は藤原氏の政権簒奪を覆い隠すためのでっち上げ」などと比較的簡単にわかるのですが、世界が近世に入っていた明治維新とは、もっともっと国内外の複雑な要因が折り重なっているため「大変にわかりにくい」のです。

 そこでその明治維新を、世界情勢も含めてできるだけ多方面から解説していきます。数回のシリーズになると思います。

 
お勧め「書籍」コーナー

 ずっと「映画」ばかりだったので、久々の「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債相場について考えます。


質問コーナー

 いただいたご質問にお答えします。本日(3月9日)までにいただいた質問も含め、できるだけ全部お答えいたします。

 早速ビットコインに関するご質問をいただいていますので、最新の情報も入れて少し詳しくお答えします。


 闇株プレミアムのお申し込みはこちらから → http://yamikabu-premium.com/index2.html


 今月(3月)に配信したメルマガのメインテーマだけご紹介しておきます。


3月3日号
メインテーマ1 人民元の急落にみる中国経済の問題点と中国当局の意向

メインテーマ2 消えたビットコインとマウントゴックスの民事再生法申請


 今からお申込みいただければ、上記メルマガをバックナンバーですぐに読むことができます。
 無料購読期間がありますが今月は31日に課金されるのでご注意ください。
 
(無料購読期間は料金のお支払方法により違いますのでご注意ください。詳しくは「闇株新聞プレミアムメルマガのご案内」ページの課金システムをご覧ください。)

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 「闇株新聞プレミアム」
http://yamikabu-premium.com/index2.html

 闇株プレミアム購読料金は月額2600円です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
住民投票でプーチンが勝ち、クリミアのロシア編入となり決着する。
欧米は認めないが、これが既成事実となる。

日本は欧米諸国と歩調を合わせつつも、事実上追認する事が国益に適う。
安倍ちゃんはそうすべきだ。

問題は、これと尖閣問題を絡めて中国が尖閣を獲りに来る事だ。
クリミアと、尖閣の違いを、歴史的、法的、理論的にクリアに国際社会に説明する準備を今からすべきだ。
明治維新は完成された封建体制のおかげで武士が闊歩していたので植民地化は避けられましたが、龍馬も薩長もグラバー商会なかりせばいったい何ができたのか。幕末から日露戦争までは単純に英米に飼われていたようにも思いますが慶喜の背後関係など全く解りません。中韓の反日は米国の作った枠組みで米国により適時行われているとしか思えませんが、そのうち抑えがきかなくなるのでは。北方領土交渉もまず解決しないと思いますが、そもそも米国は認める気はないのでは?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム