闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

プーチン大統領 クリミア編入を正式表明

2014年03月19日

プーチン大統領 クリミア編入を正式表明


 プーチン・ロシア大統領は、本日(3月18日)日本時間午後8時からクレムリンで政府要人や全議員の前で演説を行い、「クリミアとセバストポリのロシア連邦への編入と新しい自治区の設立」に関する条約案を承認するように議会に要請しました。

 会場は大変な昂揚感に包まれ、(テレビニュースで見る限りですが)そこで議会が承認したと判断され、直後に条約の署名が行われたようです。

 この時点でクリミアとセバストポリは、正式にロシア連邦に編入されたことになります。

 クリミアとセバストポリとなっているのは、セバストポリがキエフと共に特別市だからです。セバストポリ軍港にはロシアの海軍基地とウクライナ海軍司令部が置かれており、今まではロシアが2045年までウクライナから租借することになっていました。

 ちなみにその租借料は年間9800万ドル(100億円!)で、明らかにロシアからウクライナ・親ロシア政権への「資金援助」でした。プーチンにとって最重要は軍港のあるセバストポリで、クリミアはセバストポリがあるから重要で、巨額債務のあるウクライナは「もうどうでもよい」はずです。

 またプーチン大統領は演説の中で、ウクライナから独立を宣言したクリミア(とセバストポリ)が求めているロシア連邦への編入について「要請に応えられないなら裏切りになる」と、あくまでもクリミアからの要請であると強調しています。

 さらに「クリミアは実際のところ、今日ロシアだけが持っているかもしれない強固で持続可能な主権の下にあるべきで、そうでなければ主権が失われるかもしれない」と自信満々でつけ加えました。

 また演説の中で、「ウクライナはNATOに加入しようとしており、そうなると歴史的にロシアのために戦ってきたセバストポリにNATO軍が駐留することになり、到底容認できない」とあり、この辺りが本音なのでしょう。

 また今回の決定に対して中国とインドが理解を示しているとし、米国に対しては「米国民が最も尊重する(クリミア国民の)自由な行動である」、ドイツに対しては「分断された民族の痛みを一番わかっているはず」と諭し、ウクライナに対しては今後も友好関係を維持したいと述べましたがウクライナ暫定政権に対しては「テロリスト」と断じました。

 オバマ大統領は昨日(3月17日)、ウクライナの主権と領土を侵害したとして、ロシア高官やヤヌコビッチ前大統領ら11名の資産を凍結する大統領令を発令しており、EUも同日に外相理事会でロシア・クリミア政府関係者21名にUEへの渡航禁止や資産凍結などの制裁を発表していました。

 米国もEUもプーチン大統領自身は制裁の対象としておらず、実質的には「何の意味もない」ようです。

 本日のプーチン大統領の演説を受けて、バイデン米副大統領はワルシャワで「ロシアは完全に国際的に孤立した」「米国とEUは追加制裁を行う」と発言していますが、公平にみてプーチンの演説に比べて説得力が乏しいようです。

 さてFRBが発表した3月12日現在の、外国中央銀行による米国財務省証券(米国債)保有額が先週比1045億ドル(10.5兆円)も減少しており、減少額は今までの最高額の3倍以上となりました。

 米国の経済制裁を見越したロシア中央銀行が売却していたのではないかと囁かれています。ロシアの米国債保有額は2013年末で1390億ドルでした。同時点のロシアの外貨準備が4900億ドルなので、さすがに米国債はその28%しかありませんが、それでもまとまって売却されると市場への影響(というよりも基軸通貨であるドルの信認への影響)は小さくないはずです。

 売却ではなくどこかに移したとの報道が一部にありますが、米国債はすべてFRBのシステム上でしか存在しないので不可能です。まあビットコインと変わらないのです。

 米国政府やFRBが、今まで外国政府の保有する米国債の凍結を経済制裁に加えたことはありません。もし踏み切ればダメージは基軸通貨・ドルへの信認が揺らいでしまう米国の方がはるかに大きいので、ここに手をつけることは考えられません。

 結局は米国もEUも小手先の制裁だけで終わってしまいそうです。日本はIMFからくるはずのウクライナ支援のための資金協力要請の回避だけを考えていた方がよさそうです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
怖いなーウクライナ情勢
1000億円支援
ウクライナに1000億円支援=安倍首相、G7で表明へ  時事通信
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム