闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

オリンパス事件の光と影 その7

2014年03月27日

オリンパス事件の光と影 その7


 少し先を急ぎます。オリンパスを巡る各種裁判についてです。このシリーズにいただいているコメントやご質問は、近々まとめてお答えいたします。

 繰り返しですがオリンパス事件とは、2007年3月期~2011年3月期の有価証券報告書に年度ごとの純資産を416億円~1178億円不正計上した金融商品取引法違反(有価証券報告書虚偽記載)です。

 オリンパスが隠していた損失は、1992年3月末に約500億円、1996年3月末に約900億円、2003年9月末に約1200億円となっていたはずで、事件とされた期間(2007年3月~2011年3月)のはるか以前に積み上がっていました。

 つまり損失が積み上がり隠し続ける過程での「本当の犯罪行為」はすべて不問となり、単純に時効になっていない直近5年間の有価証券報告書を「作成した行為」だけが犯罪とされました。釈然としませんが、金融商品取引法違反とはそういうものです。

 その刑事裁判の結果は、オリンパスの役員では2001年6月に社長となった菊川氏ら3名が起訴されて執行猶予付きの有罪、それにオリンパス本社に罰金7億円が言い渡され、昨年7月にそれぞれ確定しています。

 オリンパスの株価下落による損害賠償請求では、2013年11月8日付けIRに66億円と208億円と168億円を請求する民事裁判がそれぞれ起こされていると書かれており、そのうち66億円を請求していたテルモとは60億円を支払うことで和解しています。

 テルモは2005年8月に第三者割当で681万株のオリンパス株式を購入しており、その価格は2202円(総額150億円)でした。テルモは2013年3月末現在でも558万株のオリンパス株式を保有しており、「焼け太り」となった可能性が強いようです。

 つまりオリンパスは刑事事件でも民事事件でも、それにウッドフォードが訴えた英国労働審判所でも「全く戦う姿勢」を見せておらず、ひたすら恭順の意を示し続けています。オリンパスは昨年9月に英国重大不正捜査局(SFO)に訴追されており、当然に米国捜査当局も「手ぐすねを引いて待っている」はずで、少しは株主のために戦う姿勢を見せるべきと感じます。

 さてオリンパスが預金を担保に資金調達していた際に、その預金残高だけを監査法人に報告して積極的に損失隠しに加担した台湾籍のチャン・ミン・フォン氏は、2012年12月に休暇で家族と共に訪れたロサンゼルスでFBIに逮捕されました。

 NY連邦地裁で証券詐欺の共謀で訴追されたフォン氏は有罪を認めており、5年程度の実刑となりそうです。予定では判決が出ているはずですが確認がとれません。

 しかしフォン氏は、オリンパスから依頼されなければこの不正を働かなかったはずですが、依頼したオリンパス(の当時の役員など)は、この点では一切責任を追及されていません。これも釈然としないところです。
 
 同じく米国では、ジャイラス買収に絡めた巨額損失処理(日本でも事件化したところです)に重要な立場で関与した米国在住・佐川肇氏の行方が、杳(よう)としてわかりません。佐川氏は純粋な日本人です。

 オリンパス事件が表面化したとき、第三者委員会・証券取引等監視委員会・東京地検特捜部の度重なる出頭要請を無視し、行方をくらまして日本での逮捕を免れました。また事件発覚直前には妻(米国人)と離婚し、財産を隠した形跡があります。

 フォン氏を逮捕した米国捜査当局が、負けず劣らず重要な役割を果たした佐川氏を「野放し」にしておくはずがありませんが、身柄を拘束したとの情報もありません。また米国でも佐川氏に関しての報道がほとんどありません。フォン氏の逮捕や裁判は米国で報道されています。

 これはオリンパスにとって「かなり不吉な兆候」です。佐川氏が米国捜査当局と司法取引して有益な情報を「山ほど」提供しており、米国捜査当局がオリンパス本社を訴追する際の「切り札」になっている可能性が強いからです。

 米国捜査当局は昨年JPモルガンから130億ドル(1兆3000億円!)もの和解金を、1995年当時でも大和銀行から350億円もの罰金を、それぞれふんだくっています。

 まだまだオリンパス事件は予断を許さないことだけは、はっきりと感じられます。

 次回は継続中の「指南役」の裁判(2件)についてです。この「指南役」とは大変に不適切なマスコミのネーミングですが、裁判で出てきた「とんでもない証言」もご紹介します。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
台湾籍
上場廃止したトランスデジタルのIRによると短期的に役員とされてたようですが日本での活動拠点の一つだったんでしょうか?
またオリンパス以外の上場企業(非上場含む)などSPC作成の仕事をしていたのでしょうか?
野村OBの指南役はグループのようですが単独ですか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム