闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

これからの日本株はどうなる?

2014年04月04日

これからの日本株はどうなる?


 本日(4月3日)の日経平均は125円高の15071円と、3月11日以来の15000円台へ回復となりました。

 日経平均は昨年の大納会(12月30日)に16291円の高値(終値、以下同じ)をつけたところから、新興国通貨急落が深刻化した2月4日に14008円まで14.0%も下落し、本日は昨年の大納会に比べて7.5%安まで回復しています。つまり半値弱の戻りとなります。

 一方でNYダウは昨年末(12月31日)に史上最高値の16576ドルをつけ、同じように2月3日の15372ドルまで7.2%下落したのですが、昨日(4月2日)は40ドル高の16573ドルと、ほぼ全値戻しを完了したことになります。このまま史上最高値を更新しそうな勢いです。

 FRBによる資産買入れ(QE3)は、すでに昨年12月から縮小されており、先日イエレン新議長が「このまま本年後半に終了させる」と表明していますが、NY株式は「全く気にしていない」ことになります。

 また海外要因では1月下旬~2月上旬に新興国通貨急落、2月下旬~3月にウクライナ政変・クリミア併合、また常に中国経済への不安もありますが、その都度NYダウは一時的に下落するものの、やはり「いつの間にか」気にしなくなっています。

 それではこれからの日本株は、どう考えればよいのでしょう?

 以前から日本株を下落させる3大要因は「NY株安」「円高」「中国経済・金融の混乱」で、消費増税や日本経済の低迷など国内の懸念材料にはほとんど反応しないと書いてきました。

 4月1日に発表された日銀短観では、3か月先の見通しである「先行き」が予想以上に大幅な下落となっていたため、さすがに日本株への悪影響が出てくるのでは?と瞬間的に考えたのですが、やはり「当面はほとんど気にしない」ようです。

 ただ3大要因の影響度は少し変化しているようです。

 NY株式は昨年末の史上最高値に接近しているため、新たに突発的に海外で混乱が起こって急落しない限り、つまりどんどん市場最高値を更新しなくても、日本株には「出遅れ感」が出てきて上昇要因となるはずです。NY株高に反応しなくなっているわけではありません。

 「円高」は、本年に入ってからの新興国通貨急落とウクライナ情勢で、世界中で積み上がっていた円ショートがほとんど買い戻されたようで、現在は新たに円ショートが積み上げられている段階で当面は「円高」になりません。

 また昨年6月の1ドル=93.80円、同10月の96.56円、本年2月4日(新興国通貨急落)の100.74円、3月14日(ウクライナ情勢)の101.20円と、徐々に円の高値が切り下がって(円安になって)おり、着実に円の需給関係が悪化していることを示しています。

 今週に入ってからの日経平均上昇の最大の要因は、一時1ドル=104円台に乗せた「円安」だったようです。これ以上の「円安」は貿易赤字の拡大と輸入物価の上昇を通じて日本経済にダメージを与えるのですが、日本株にとっては依然として「最大の支援材料」となっています。

 そう考えると今度も「何らかの理由」で日経平均が急落しそうになると、すかさず「もっと最大の支援材料」である追加量的緩和への期待が盛り上がり、それに「最大の支援材料」である円安が加わり、結果的に日経平均が急落することは考えにくくなります。

 ここで仮に追加量的緩和が行われても、国債利回りが一層低下して金融抑圧が強化されるだけで日本経済を回復させる効果はほとんど期待できませんが、やはり日本株にとっては「かなりの支援材料」となるはずです。ただ海外勢が昨年の「異次元」金融緩和ほど素直に反応することはなさそうです。世界ではもう「時代遅れ」の景気対策だからです。

 3大要因の最後の「中国経済・金融の混乱」については、徐々に水面下では問題が大きくなっているようですが、なぜか最近の日本株はあまり気にしなくなっています。その理由はよくわかりませんが、突然出てきた混乱には「大変だ!」と反応しても、常に問題が目の前に出ていると鈍感になってしまうのかもしれません。

 そう考えると当面の日本株にはあまり懸念材料がないようですが、中国経済・金融の丁寧な分析を含めて、もっといろいろな角度から考えて「これからの(6月以降も含めて)日本株はどうなる?」を、来週月曜日(4月7日)配信の有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」に掲載します。

 よろしかったら読んでみてください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
ワタ●ウエディング
13億円の赤字で下方修正、社長交代を株主総会で報告するそうです。株式に詳しくないのですが、コレは話してはならないことですか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム