闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

「国賓」オバマ大統領の来日

2014年04月23日

「国賓」オバマ大統領の来日


 本日(4月23日)オバマ大統領が「国賓」として来日します。米国大統領の「国賓」は1996年のクリントン大統領以来18年ぶりとなります。

 到着時間が未定となっているのは当然に保安上の理由で、政治ジャーナリスト(?)の歳川隆雄氏がブログで午後7時に羽田到着、宿泊場所がホテル・オークラと自慢げに書いているのは無神経そのものです。

 「国賓」とは、日本政府が公式招待する外国賓客の接遇基準の最上位であり、閣議で決定されます。対象は各国国王や大統領などの国家元首クラスだけで、日本政府が随員も含めた国内滞在経費を負担します。

 天皇陛下は国賓に対し、迎賓館での歓迎式典、宮中での会談、宮中晩餐会、迎賓館でのお別れ訪問を主催されます。つまり「国賓」とは天皇陛下がご招待されるのです。

 ところがオバマ大統領は25日午前に韓国に向かうため、実質1日(24日)しかないスケジュールのかなりの部分が、これらの儀式に使われてしまいます。もともと実務型のオバマ大統領は、必要な会談だけでさっさと切り上げたかったはずです。

 それでは何でわざわざ日本政府が「国賓」にしたのでしょう? それは天皇陛下のご招待ならオバマ大統領も必ず来日するからです。つまり日本政府には何が何でもこの時期にオバマ大統領を来日させたい「事情」があったことになります。

 その「事情」とは何でしょう? TPPでしょうか? それは「お土産」です。

 じゃあ何でしょう? 想像はつきますが「優先順位」がわかりません。これは公式・非公式を問わず、オバマ大統領が会談に同席させるメンバーと、安倍首相と同席するメンバーの「顔ぶれ」で判断するしかありません。

 一部報道機関がアーミテージ元国務長官の「集団的自衛権を急ぐ必要はない」との発言を報じていますが、現在のアーミテージ氏はオバマ政権とは何も関係のないコンサルタントで、真面目に報道すべきことではありません。

 ところでオバマ大統領は、夫人を同伴せず、迎賓館に宿泊せず、「国賓」としてはかなり異例の来日となります。これも日本政府側の「事情」で、とにかく「国賓」にしてしまったからです。したがって宮中晩餐会も天皇・皇后両陛下主催ではなく、天皇陛下主催となります。宮中行事は「相対」が原則だからです。

 ところで宮中晩餐会はフランス料理と決まっています。料理だけではなくワインやシャンパンもフランス産となります。日本料理ではない理由は諸説ありますが正確なところはわかりません。どなたかご存じでしたらコメントで教えてください。

 宮中晩餐会に限らず「国賓」を迎える宮中行事は、相手国の大きさに関わらず完全に平等に行われます。このような対応は世界中で日本の皇室だけです。一番最近の宮中晩餐会は、本年3月17日にベトナムのチュオン・タン・サン国家主席夫妻を迎えて開催されたものです。

 宮中晩餐会は原則「国賓夫妻」を歓迎するものですが、2013年6月7日の晩餐会では仏オランド大統領が堂々と事実婚の(わかりやすくいえば同棲中の)ヴァレリーさんと出席していました。本年1月にはオランド大統領の浮気が原因で、あっさりと別れてしまったようです。

 また2011年11月のブータン・ワンチュク国王夫妻を迎えた宮中晩餐会では、天皇陛下が手術のため皇太子殿下が代理主催されたのですが、お1人だけで大変にバランスを欠いてしまいました。

 大変に「国賓」が失礼な態度だったのは1998年11月に中国の江沢民国家主席を迎えた宮中晩餐会で、江主席は私服(人民服)で出席し、あろうことか日本の戦争責任について「とうとう」としゃべり、3900億円の円借款だけはお礼も言わずに持ち帰りました。

 また2008年5月の胡錦濤国家主席も私服(背広)で出席しており、中国人とは「礼を尽くす価値のない国」であると肝に銘じておくべきです。

 実は本日はこれでもかなり「抑えて」書きました。2013年3月8日付け「1971年の昭和天皇・ニクソン大統領のアンカレッジ会談でわかったこと」をあわせて読んでいただくと、何となく「抑えたところ」がおわかりになると思います。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
西川恵さんの、エリゼ宮の食卓という文庫本を読めば、判ると思いますが、新潮社から出ています
ざりがにのポタージュ
初めてコメントさせていただきます。宮中晩餐会がフランス料理になった理由は、NHKでH25.10.23に放送された歴史ヒストリア「宮廷料理の舞台裏にようこそ
~天皇の料理番 秋山徳蔵~」で詳しく紹介されています。大正天皇の即位式に行われる晩餐会のために、当時リッツホテルへフランス料理留学中だった秋山徳蔵が呼び戻され帰国します。彼の使命は「海外の賓客を一流のフランス料理でもてなし、日本を一等国と認めさせること。秋山が、メニューの目玉食材に選んだのは「ザリガニ」陸軍まで動員し、北海道の原生林で3000匹のニホンザリガニを捕獲“驚きの一皿”をつくり上げます」当時東洋の最果てでこのような本格的なフランス料理が食べられることに西洋列強の代表が驚愕したとあります。その後秋山徳蔵は天皇の料理番として大正・昭和両天皇に生涯仕えました。この大正天皇の即位式に採用されたフランス料理、それも「ざりがにのポタージュ」はその後の宮中晩餐会で必ず採用されるメニューとなった、とのことです。西洋に媚びることで国家としての矜持が保たれるかのようなこの伝統を、平成の世まで続けることに対して闇株さんの感想もちょっと知りたいと思い、わざわざ内容まで紹介させていただきました。
うし様、snafkin様

コメントありがとうございます。確かに明治・大正時代に西洋列強に追いつくためにフランス料理を取り入れたようですね。
当時はともかく現在もそれを踏襲していることは「やや問題」であり、日本料理もフランス料理や中華料理に負けないほど世界中で一般的になっているので、見直す時期に来ているような気がします。

アメリカ料理と言ってもステーキとハンバーガーくらいしか思いつかず、イギリス料理もローストビーフとフィッシュ&チップスくらいなので、もっと日本料理を世界中に広めるべきですね。クールジャパン構想には入っているようですが、不純な動機の人々の集まりに任せておいてもダメでしょうね。


闇株新聞編集部
国賓オバマ大統領とケネディ駐日大使が警察公安から迫害を受ける
国賓オバマ大統領とケネディ駐日大使が警察公安から迫害を受ける

日本にはびこり、天皇家を弾圧するソ連KGB官房機密費公安のゼロ(官邸では「お化け」と呼ばれている)
http://www.youtube.com/watch?v=QhF6CAdySxI#t=58
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23858.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23867.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23868.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/ja8119__/imgs/d/1/d168b852.png
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム