闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

辛うじて黒字だった2013年度の経常収支 その1

2014年05月14日

辛うじて黒字だった2013年度の経常収支 その1


 昨日(5月12日)発表された2013年度の経常収支は7899億円の黒字と、辛うじて赤字転落を免れました。

 内訳は、貿易収支が10兆8642億円の赤字、サービス収支が3兆5779億円の赤字、第一次所得収支(従来の所得収支)が16兆6596億円の黒字、第二次所得収支(従来の移転収支)が1兆4276億円の赤字でした。

 経常収支の黒字幅は、金融危機直前の2007年度が24兆3376億円と史上最高でしたが、東日本大震災直後から貿易収支が赤字転落したため2011年度が7兆9194億円、2012年度が4兆2233億円と激減し、2013年度は7899億円となりました。

 赤字転落が今年度(2014年度)にズレ込んだだけかもしれませんが、経常収支が赤字になっても「全く問題ない」との評論家が多いことは驚愕すべきことです。経常収支が赤字になるということは、対外的な経済活動で日本全体から資金(正確には外貨)が流出していることに外なりません。

 さすがに日銀も外貨(例えばドル)は印刷できないため、流出する外貨を調達するためには外国人に国内資産を売り渡すか、日本人が海外に保有する資産を処分するか、外貨準備を取り崩すしかありません。

 米国のように経常収支が大赤字でも、外国人(例えば日本人)が「紙切れのドル」や「紙切れですらない米国債」を喜んで受け取ってくれれば何も問題はありません。ところが「紙切れの円」や「紙切れですらない日本国債」は、日本の経常収支が赤字に転落しても外国人が喜んで受け取ってくれるとは限りません。

 あくまでも本誌の考えですが、「異次元」量的緩和で円の価値を「薄めてしまったこと」と国債利回りを「未曾有の水準まで低下させてしまったこと」は、日本が経常赤字国に転落したときの状況を大変困難なものにしたと感じます。

 実際に赤字転落してみないとわからないのですが、やはり外貨準備を取り崩すか、日本人が海外に保有する資産を処分する以外には、国内株式など「実物資産」を外国人に売り渡す必要が出てきます。ところが「実物資産」でも買うかどうかを決めるのは外国人であり、日本人ではありません。

 近い将来の経常赤字転落に備えるためにも、2013年度の金融収支を少し詳しくみておく必要があります。経常収支と金融収支は、お互い別々に積み上げられた取引の集計なので連動しているわけではありません。したがって経常収支が赤字転落したときの金融収支の姿を予想しておかなければ「とんでもないこと」になる恐れがあるからです。

 金融収支は本年1月からフォーマットが変わり、日本人が対外資産を取得すると資産増(処分すると資産減)、外国人が対内資産を取得すると負債増(処分すると負債減)として集計するようになりました。

 直接投資では、日本人(本邦企業)の大型M&Aなどで13兆8936億円の資産増、外国人(海外企業)による本邦企業への出資などで6663億円の負債増、合計で(負債増を差し引いた)13兆2273億円の資産増となります。

 株式投資・投資ファンド持ち分投資では、日本人が外国株・ファンドを3兆1496億円売り越し(資産減)、外国人が日本株・ファンドを11兆8528億円買い越し(負債増)、合計で15兆24億円の資産減となります。

 中長期債投資では、日本人が外国債券を2兆5957億円売り越し(資産減)、外国人が国内債券を1911億円買い越し(負債増ですが、やはり非常に少ない!)、合計で2兆7868億円の資産減となります。

 あと外貨準備が4兆6891億円増加しており(これも資産増)、短期債が2兆7607億円の資産減、それに中身がよくわからない金融派生商品とその他投資を加えて、金融収支全体では2兆8589億円の資産減となっています。これは同額の資金(外貨)が流入していたことになります。

 2013年度の金融収支の特徴は、日本人(本邦企業)が14兆円近い海外直接投資を行い、外国人投資家が日本株・ファンドを12兆円近く買い越したことに尽きます。本年に入って外国人投資家は日本株を売り越していますが、本邦企業の海外直接投資はまだまだ高水準のようです。

 この資本収支の「近未来」を含めて、まだまだたくさん書きたいことがありますので続きます。コメントもお待ちしています。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
有事があると
安全資産である 日本円が買われるのは
何故ですか?

有事のドル買いじゃないのですか?

米国市場の株が
有望だとしたとして
金利の安い円を売る円キャリートレードも
あってしかるべきなのに
どうして?

そして 今回の記事は
どっかの誰かが書いた
ブログかなんかで 読みましたよ
即座に 蘇りました

その反論 論評なのかな?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム