闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

米国10年国債利回りの不気味な低下

2014年05月23日

米国10年国債利回りの不気味な低下


 昨日(5月21日)の米国市場では、NYダウが16533ドル、10年国債利回りが2.53%となりました。NYダウが依然として史上最高値圏にあるのに対し、10年国債利回りが低下しているのです。

 「たまたまだろう?」と思われるかもしれませんが、大変に気になるサインです。

 昨年の12月31日には、NYダウが16576ドルと当時の史上最高値を記録し、その時点の10年国債利回りが3.03%でした。その後NYダウが5月13日に16715ドルと史上最高値を更新したのですが、10年国債利回りはその2日後の5月15日に2.48%と、昨年7月以来の低水準となりました。

 さらにFRBは本年1月から長期国債とMBSの買入れを縮小しており、昨年までの月額850億ドルから現在は月額450億ドルとなり、本年後半にもゼロになるようです。

 つまりNY株式が史上最高値圏にあり、これは米国経済の先行き見通しが好調であることを示しているはずで(金余りとか自社株買いが高水準であることもありますが)、さらにFRBの長期債買入れが急減して需給関係が悪化しているはずの中で、長期金利(10年国債利回り)が低下していることになります。

 逆に本年2月3日に、アルゼンチンをはじめ新興国経済・通貨が混乱してNYダウが15372ドルまで下落したときは、10年国債利回りは2.56%まで下落していました。

 つまりNYダウが上昇しているときは10年国債利回りも上昇し、逆にNYダウが下落しているときは10年国債利回りも下落します。単純すぎる「公式」ですが、歴史的にみても「最も外れが少ない公式」です。

 それがここ「ほんの10日ほどの間」に崩れていることになります。

 これは「不思議」でもなく、市場が「おかしい」わけでもなく、NYダウと10年国債利回りの「どちらかが間違い」でもなく、10年国債利回りが米国経済の先行きを反映してNYダウが現状を反映している時間軸の違いだけです。

 つまり米国10年国債利回りの低下は米国経済の先行きが「悲観的」であることを示し、米国経済の先行きが「悲観的」だと日本経済の先行きも「悲観的」となり、日本株の先行きも「悲観的」となるはずです。

 歴史的にみて、日本株の「最も信頼できる」先行指標は米国10年国債利回りなのです。それが低下していることは、大変に不気味なのです。過去をみてみましょう。

 リーマンショック後の2008年11月から2010年6月まで、FRBは総額1兆7250億ドルの長期債を買い入れます(QE1)。これほど大量の長期債が市場から吸収されたにもかかわらず、米国10年国債利回りは2008年12月の2.05%から2010年4月の3.98%まで上昇しました。QE1により米国経済の先行きが「楽観視」されたからです。

 そして日経平均は同年4月に11408円の高値をつけています。

 ところがQE1が終了すると米国経済の先行きが「悲観的」となり、10年国債利回りは2010年10月に2.39%まで低下しました。そして日経平均は同年9月に8796円まで下落しています。

 そこでFRBは2010年11月から2011年6月まで長期国債を6000億ドル買い入れるQE2を開始すると、10年国債利回りは2011年2月に3.64%まで上昇しました。そして日経平均も同年2月に10891円まで上昇しています。

 QE2が打ち切られると10年国債利回りは2011年9月23日に1.83%まで下落し、日経平均は同年11月に8135円まで下落しています。

 QE1、QE2が行われていた間だけを取り上げましたが、FRBが長期債を買い入れている間は米国経済の先行きが「楽観視」されて米国10年国債利回りが上昇し、そして日経平均は上昇しています。

 またFRBの長期債買い入れが終了すると米国経済の先行きが「悲観的」となり10年国債利回りが低下し、そして日経平均が下落しています。

 そして現在はQE3が終わろうとしており、米国10年国債利回りが低下を始めています。これでもって本誌が日本株の見通しを「弱気」に転換したわけではありませんが、非常に気になっています。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
なにか、参考になる話が有れば教えてください。

日本の金融庁が今月20日からウリィ銀行と中小企業銀行(IBK)、韓国外換銀行、新韓銀行など韓国市中銀行の日本支店に対する調査に着手したことが22日、分かった。

調査結果によっては、営業停止などの処分が下される可能性がある。
聯合ニュース
2014/05/22 11:56

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/05/22/0400000000AJP20140522001400882.HTML
米債の金利低下について何人かの方がブログで同じような指摘をしていましたが、中国の元売りドル買い介入に伴う米債購入が主因とみているようです。
5/14、5/15の米債ラリーは、14日のECB緩和観測(ブラート理事のツァイト紙への発言)で欧州金利下落、続く15日のPIIGsのGDPミスによるイールドジャンプでますますブンズとフレンチのイールドが低下、よって米債買いの思惑だったと思いますが。PIIGsのミスでECBが緩和のダメ押しされたとの解釈で。おそらくブラートはPIIGsのGDPミスを事前に知ってたんでしょうなあ。。10年債で1.8%のおフランスなんてとても買う気がしなくて、それだったら2.5%もとれるトレジャリーの方がよっぽどいいと。この程度のめずらしくない金利の動きに対する説明ならこのくらいの短期の需給要因で十分かと思います。ちなみに本日金曜日の金利低下は、ウクライナ東部の投票控えて3連休の間債券ショートのポジションを持ち越したくなかったのが原因かと思われます。11:00amごろに高値付けてるあたり単にトレーダーが帰り支度してるとしか思えません。そもそも今日オフィスに来てない債券Guyも多いみたいですし。10年債イールドのたかだか20bpにも満たないトレンドも出ていない下げで長期的になにか起こっていると考えるのは時期尚早ではないのかと思うのですがいかがでしょうか?
柚彦様、PMNY様、


ご指摘の通り直近の米国 債利回りの低下には、多分にテクニカルな要因があるようです。

ただ最近の国際政治における米国のプレゼンスの低下とは符合しにくい現象であることも事実です。

今後とも注視していきたいと思いますので、またコメントをお寄せください。


闇株新聞編集部
FRBとSIFMAのHPにある米国債10年の金利とNYダウ終値について、QE3が開始された2012年9月から現在までの相関をとると0.86と高い相関(正の)があることがわかります。これは、QE2が開始された2010年10月から米政府の債務問題が(本質的に問題なのかはともかく)浮上した2011年8月までをとってみても0.73と同様です。(なお、債務問題浮上→QE3開始までの期間だと-0.41と不安定な動きだったとわかります。)そこで改めて、QE3縮小開始が決まった2013年12月以降の金利を見ますと、12月・2.9、1月・2.86、2月・2.71、3月・2.72、4月・2.71とじりじり下がってきています。この間も米株は(1月ちょっと下がったとはいえ)上がっているため、この市場の不安定は、ここ何日かというよりも縮小開始以降の数か月間の傾向ではないでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム