闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

本日早朝に為替市場で起こったこと

2011年03月17日

本日早朝に為替市場で起こったこと(号外版)

 本日午前6時前に円が対ドルで急騰し、一時76円25銭の史上最高値を更新しました。

 昨日のNY時間(従って日本は夜中)に、すでに80円を割れていたのですが、NYが閉まる直前の日本時間午前6時前に79.75円の今までの史上最高値を更新すると同時に、ドルロングのストップロス、テクニカルな新規ショート、それらを受けた銀行等のこれまたストップロスが重なり、それこそ津波のようなドル売りとなり、僅か20分ほどで76.25円まで行ってしまいました。

 ちょうどNY市場が閉まり、豪州市場やNZ市場等が開く直前の1日で一番取引の薄い時間帯だったことも動きを大きくしました。

 さて、以前から指摘していましたように、最大のドルの保有者は日本の外為証拠金取引の顧客でした。少し減っていたかもしれませんが、推定300億ドル近くあったはずです。これらが証拠金の維持率を割り込み、自動決済となったのですが、ドルが下がれば下がるほど大量のドル売りとなったのです。

 さて、ここからが重要なのですが、外為証拠金取引業者は普通、顧客からの売り注文(当然損切りの自動決済も含みます)は自動的に銀行(普通外銀です)に繋ぐ契約になっているのですが、想定外のドル売りが殺到すると執行しきれません。外銀の方も取引が薄い時間帯のためカバーしきれなかったようです。

 つまり、外為証拠金取引業者は顧客から買い取ったドルを、外銀等に繋ぎ切れていないまま東京市場が始まったのです。当然取引業者は外銀にすべて引き取れ、と言っているはずなのですが、まだ混乱が続いているようです。

 東京時間になってドルは自動反発しているのですが、やはり79.75円に届かないうちに反落を始めています。つまり、外為証拠金取引業者は外銀との話し合いが「らち」があかないので、残ったポジションを切り始めているようです。つまり取引業者のコストもこの辺ということになります。

 この動向によっては、午後もう一度円高に振れると思われます。


平成23年3月17日 正午

号外版でした。



Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム