闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

協調介入実施  (号外版)

2011年03月18日

協調介入実施  (号外版)

 本日午前9時ころ、G7の財務大臣・中央銀行総裁の緊急電話会議で「円売り」の協調介入が決定され、早速日銀が「円売り」介入を実施し、直前の79.20円程度から81円台までの円安となっています。

 協調「円売り」介入を実施するのは日本の他に米国・英国・カナダ・欧州中央銀行で、「それぞれの時間帯で介入を行う」と付け加えられています。

 普通介入は「ドル買い」介入と言われるのですが、今回は「円売り」と特定しており、地震災害に苦しむ日本を支援するということでまとまったようです。

 しかし、それ以外にも各国の思惑も透けて見えます。

 まず、米国は今週発表の住宅着工の不振などで、米国株安・ドル安・金利低下という、再び「景気低迷」を示す相場の動きになっていたため、「円売」介入によって、一番値上がりするのはドルなので、それなりメリットが得られるわけです。
 ユーロ圏にしても、ここのところユーロがドルに対して再び上昇していたため、景気回復に今一つ自信が持てないなか、ドルがユーロに対して反発してくれるのは、それなりのメリットのはずです。

 事実、介入直後は、1ユーロ=1.4030ドルから1.3985ドルへ、逃避通貨のスイスフランに対しては1ドル=0.8990スイスフランから0.9080スイスフランと、ドルがそれなりに反発しています・

 さて、正直な実感ですが、まず昨日の本誌にも書きましたように、ここまで一生懸命ドルを買い支えて急速な円高を防いでくれていた外為証拠金取引の顧客が、昨日の急速な円高でほとんど自動決済されて、つまり膨大な損失を被ったのですが、それも結果的に一瞬ついただけの円高水準で決済させられた例が多数あるようです。

 それでは、そのドルは大半カバー先の外銀のポシションになっており、昨日のNY市場でも78円台前半に入るなど、明らかにポシション調整に苦しんでいるようでした。それが一気に大幅な利益になったのです。

 つまり、ずっと急速な円高を食い止めてくれていた国内の外為証拠金取引の顧客が大損した後で、たまたまそのポシションを引き取っていた外銀が僅か一日で大儲けしたのです。内情をよく知っているものとして、非常に残念なことです。

 それでは、協調介入の効果ですが、「強調」で「円売り」と特定しているので、それなりの効果は期待できるかもしれませんが、需給としては依然としてかなりのドル余剰なので、趨勢を変えるところまではいかず、結局たまたまドルを保有していた者(繰り返しですが、日本の外為証拠金取引の顧客から昨日外銀に移っているのです)が儲かって終わりということになりそうです。

 介入というものは、世界の投資家が「びっくりしてポシションを反対決済しなければならない状態に追い込む」時に成功するのです。現在は「やれやれよかった」なので、効果は限定的のはずです。

 日本はともかく、各国がそれほど本気で巨額の介入をするということは、歴史的にもほとんどないのです。


 平成23年3月18日  午前10時

 本誌は、三連休の間はお休みさせて頂きますが、重要な事があれば臨時で書きます。
一応、三連休も間も時々覗いてみてください。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム