闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2014年07月06日

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り7月7日(月曜日)の夕方に配信します。


 予定内容です。

メインテーマ 1  アベノミクス相場1年半の検証 今年後半の金融市場は? 後半

 先週はアベノミクス相場「前半」として、昨年5月までの急激な円安・株高と、翌6月までの急激な円高・株安までを書きました。

 今週は、そこから先週までのアベノミクス相場「後半」ですが、これらのアベノミクス相場1年半をしっかりと検証して、本年後半の金融市場を考えてみます。

 アベノミクス相場1年半の経験則から「まだ使えるもの」「もう使えないもの」「使ってはいけないもの」そして「新たに登場したもの」などに分類しながら、本年後半を予測します。

 
メインテーマ 2  中国人の尊大さはどこから来たのか? その中国人とどう対決していくべきか? を歴史から考える  その1

 予告から少し表題を変えましたが、中国人によると日本人は歴史を知らないらしいので、その中国および中国人の歴史を「これでもか」というほど理解するためのシリーズです。

 古代から現代までを書くので数回のシリーズになりますが、単なる中国通史ではなく、これからの「中国および中国人の攻略法」のためのシリーズと考えてください。もちろんエピソードも盛り込むので、かなり脱線すると思います。

 せっかくなので中国と朝鮮半島・日本の関係史も盛り込んでいきます。


お勧め「映画」「書籍」コーナー

 まだどちらか決めていませんが、たぶん「映画」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債相場について考えます。


質問コーナー

 いつもたくさんの質問をお寄せいただき全部にお答えできていませんが、できるだけたくさんお答えします。本日(7月6日)深夜まで受けつけています。


 闇株プレミアムのお申し込みはこちらから → http://yamikabu-premium.com/index2.html

 お申込み頂ければ、次の月曜日からプレミアムメルマガを配信いたします。


 今からお申込みいただければ、7月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。
 
 無料購読期間がありますが今月は31日に課金されるのでご注意ください。
 
(無料購読期間は料金のお支払方法により違いますのでご注意ください。詳しくは「闇株新聞プレミアムメルマガのご案内」ページの課金システムをご覧ください。)

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 「闇株新聞プレミアム」
http://yamikabu-premium.com/index2.html

 闇株プレミアム購読料金は月額2600円です。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
中国文明
東洋が取り入れている(させられている)西欧が達成した思想、政治制度、産業革命、資本主義・信用貨幣は、一神教という絶対神を敬虔(これが重要)に信仰させ、且つ人間の知性を最大限に発揮させる思考革命あってのことだと思います。結局神と王を殺して市民社会に進み、主に取って代るところまで行かせてくれた訳ですが、同じ現代という一体的世界となった複雑な闘争社会に生きる人間としても鍛錬のレベルが違うわけです。インドの論理的思考には同レベルかなと瞠目しますが(ヒンズー教で台無しになりました)、中国五千年の処世訓的思想と輪廻のような易姓革命による永いだけの歴史、日本で謂えば関西人的手練手管(ごめんなさい、中国人に相当対抗可能ですが朝貢・冊封という帝国レベル的知恵までは生み出せない)では、経済規模では世界に貢献できても文化的には魅力がなさすぎる。一番恐ろしいのは天が自動的に追認する中華世界の何でもありの人治主義で、法治主義・国際法が有ることが理解できないことでしょう。思考があまりに現世的で論理的でなく、抽象が苦手でそういうつもりの思考もみな処世訓レベルになってしまう、つまり神がいなかったということで、彼を殺して市民社会に進むことが出来ない。その前に一神教でのトレーニングが必要です。その点インドはあまりに瞑想、抽象的です。良い点としては膠着語の日本人に漢字を与え、西欧語の神が現前するかのような難しい表音文字の概念を理解する便法となり(日本人にも自然と一体という思考に抽象的思考があったのか?)、舶来ものに慣れさせ日本に維新をもたらしたこと、当然狂信的宗教戦争などなかったことでしょう。あったとしてもそれに名を借りた易姓革命で共産主義もそれでしょう。全てが漢字の中国人は日本人のようにあまり漢字を高尚に使いにくいらしく、また中華思想が邪魔をして西欧を理解できず、日本の西欧文典単語の漢字訳をそのまま輸入したようですが、同じ漢字を見ても中国人の解釈は異なってしまうのではないかと思われます。日本も西欧とは異質ですが、現代では中国とはそれ以上に異なると思えます。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム