闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本株はここから「バブル」

2014年09月03日

日本株はここから「バブル」


 最初にはっきりとしておきますが、日本株はここから「バブル」なので警戒が必要といっているわけではありません。

 株価でも何でも、価格が上昇するから「バブル」なのです。つまり「バブル」だから儲かるのです。

 「バブル」の定義は難しいのですが(それより真面目に考える意味がありませんが)、理屈で説明できないところまで価格が上昇することです。

 本日(9月2日)の日経平均は192円高の15668円となり、リーマンショック以降の高値だった昨年末の16291円まであと623円(3.8%)となりました。

 昨日も書いたように、年内に2回目の消費増税を決定するまでは(実施は来年10月から)、あらゆる口先介入、マスコミを動員した「景気は順調に回復している」との大合唱、それにいざとなればGPIFへの強権発動でも追加量的緩和でも公的資金を使った円安誘導でも、株式市場に対する政府や日銀による大サービスが続きます。

 本日も早速、内閣改造による積極的な政策への期待とか、明日からの日銀・金融政策決定会合への期待まで盛り上がっていたようです。大臣のクビを何人かスゲ替えるだけで景気が回復するなら、毎月でも改造してみるべきでしょうね。

 現時点で株価が昨年末の水準を下回っている国は、日本とロシア(約18%下落)しかないため、まもなく「日本株は世界的に出遅れ」というコメントもたくさん出てきそうです。

 しかし2回目の消費増税のためだけの政府や日銀の期間限定大サービスが「あからさま」でも、内閣改造までも好材料にしてしまう株式市場が「はしゃぎすぎ」でも、足元の日本経済は1回目の消費増税ですでに「不況」に入っており2回目の消費増税で来年には「大不況」になることが明らかでも、ここからの日本株は危ないと尻ごみをしては収益チャンスを逃がします。

 積極的に参加するべきです。

 なぜなら、日本株はここから「バブル」だからです。

 経験的に「バブル」とは、警戒が必要という評論家がいる間はなかなか破裂しません。むしろ「警戒心が強ければ強いほど膨らむもの」と考えるべきです。もっとも証券会社のコメントは万年強気なので、これも参考にはなりません。

 サブプライムローンを含む米国不動産バブルは、2007年8月にフランス大手銀行のBNPパリバが傘下のMBSファンドを閉鎖した時点で破裂していてもおかしくなかったのですが、実際にリーマン・ブラザーズの破たんを含む大パニックとなったのは1年以上が経過した2008年9月のことでした。

 この時も「私はサブプライムローンを含むMBS市場の崩壊を早くから予見していた」と自慢する評論家があとから山ほどでてきたことからもわかるように、警戒が必要という評論家がいる間は「バブル」は破裂しません。

 逆に、警戒が必要という声が全く聞こえなくなったら、まもなく破裂すると考えるべきです。

 これは決して「やけっぱち」に書いているのではなく、今までの日本株は「バブル」ではなかったので理論的に考えて国際比較も行うべきだったのですが、ここからは「バブル」なので評論家を含む市場参加者の心理状態をしっかりと読むべきであると、投資の判断基準を100%変更する必要があると強調しているのです。

 為替市場でも、アベノミクスが始まった当時の記憶が呼び戻されたのか円安が進み、本日(9月2日)の午後7時過ぎには1ドル=105円台となり、年初の1ドル=105.45円に接近しています。

 ユーロ圏の景気低迷とECBの追加緩和期待(9月4日がECB理事会)からユーロは対ドルで下落しており、ほぼ同時刻に1ユーロ=1.3110ドルの本年最安値をつけました。対円でも137円台半ばと、昨年末の1ユーロ=145.66円にくらべてかなりの「円高」です。

 しかし為替市場は日本株と違い、「バブル」になることはありません。

 為替は円も含めて世界中で取引されており、常に各国の経済状態や金融政策の方向や世界の需給関係を冷静に考えて判断する必要があります。

 少なくとも円は、ここから対ドルでも対ユーロでも、「バブル的」に円安になることはないと警戒すべきです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
関連記事
コメント
 「株」はともかく「不動産」はバブルになりそうもないですね。なんで政府は政策やらないんだろ?
今もっとも注目してるのは「ルーブル」の動きです
その通り。
年金基金がプラスになり401kがプラスになり持ち株がプラスになりゴルフ場はだめだけれど資産効果が出てくれば消費税が上がっても黙認。ガソリン価格も痛いけれど毎日100万単位や1000万単位で上昇すれば経済効果はあっという間に上がってくる。資産を持っている企業が80年代は買われに買われたがその前兆が建設株なにやら大化けしそうな期待をさせてくれる。 12年の末からスタートして今が2年目の正念場。 どこまで上がるか楽しみだ。まさかというところになれば景気どころではないくらい良い感じになる。
ところで幹事長の人選は素晴らしい。重鎮で誰が押したのか分からないが少なくとも石破よりも100倍良い。
人間の欲望が事実を歪めてしまう.常に値上がりなら売りの人わいなくなる。バブルをつくるのわ借金までして株を買わせ天井してそこから怒涛売りをし損切りを出させ長い下ヒゲが出たら買い戻すいつものパターン。ウキウキカラカモ素人の心理わ恐怖一色となる.それを巧妙に作り出す。有名なワーテルローの戦いのときロスチャイルドのとった方法。
ノーーベル賞経済学者グルーグマン 日本経済わ消費税10パーセントで完全終わると.予算編成わ10パーセント前提で進められている.もう後戻りわできない。ロシアわウクライナ東南部併合により欧米との前面対決しかなくウクライナ崩壊裂けられない.世界のATMである日本に強制的援助金支援が求められる。ホームレスが他人恵むような事を。
おっかなびっくりポジション増やしてたら2013年の暴落で儲けをふっ飛ばした記憶がぬぐえない。
貧乏素人投資家としては、バブル後の暴落に拾った方が失敗しないんでしょうか?
お世話になります。

日本株バブル記事を拝読させていただきました。
先生のお考えによりますと、今後中期に渡りバブルが進むということでよろしいのでしょうか?(1年から2年)

私は会社経営をしておりますが、現在まさしく不況入りしたと感じております。リーマンショック以上の体感です。

実体経済と株価のかい離が大きくなり、年明けには大暴落予想をしておりました。

日本市場がヘッジファンドに目をつけられ、売り仕掛けによる暴落は考えにくいのでしょうか?

GPIF、個人の買いが勝るということですか?

以上、質問となります。
よろしくお願い申し上げます。
日本株がバブルと考える最大の理由は、年内に2回目の消費増税を決定するまでは、日本株を下落させないように「ありとあらゆるサービスを行う」からで、最終的には日銀の追加量的緩和まで動員すると考えます。

もちろんこれは消費税を10%にするためだけのもので、当然に日本経済は「大不況」となります。

それでは仮に本誌の見立てが正しいとして、このバブルはどこまで持続するのでしょう?

消費再増税は来年10月からですが、日本経済は本年4月の引き上げ分も消化しきれておらず、来年初めまでその悪影響が続けば(そのときは再増税まで決定されてしまっています)、来年の早い時期に大不況となるかもしれません。

最近は世界的に経済低迷・長期金利低下・株高が同時並行であることが多いのですが、こうなるとさすがに日本株も下落に転じます。

本誌の言う日本株バブルは、あくまでも年内限定であり、来年早々に弾けるとも思っていませんが要注意となります。

今後とも宜しくお願い致します。


闇株新聞編集部
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム