闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

アリババは純粋の民間企業なのか?

2014年09月09日

アリババは純粋の民間企業なのか?


 中国の電子商取引最大手のアリババ(阿里巴巴集団)が、9月中にNY証券取引所に上場します。9月5日にSECに提出した書類によりますと、最大調達金額(売り出しと新規発行の合計)は史上最大の243億ドル(2兆5500億円)で、IPO時点の時価総額はアマゾン・ドットコムとほぼ同じ1600億ドル(16兆8000億円)となります。

 過去最大の上場時資金調達は2010年の中国農業銀行の221億ドルで、ネット企業の過去最大は2012年のフェイスブックの160億ドルでした。

 実際に取引が開始されると時価総額は20兆円にもなるといわれており、日本企業では時価総額1位・トヨタ自動車の20兆8700億円(9月8日現在)にほぼ肩を並べ、2位・ソフトバンクの9兆1500億円の2倍以上にもなります。

 ちなみにソフトバンクはアリババの34.1%(上場後は32.4%)を保有する最大株主ですが、2000年に創業直後のアリババに2000万ドル(21億円)投資したもので、それが5~6兆円に化けることになります。

 アリババの電子商取引取扱額は2013年通年が2400億ドル(25兆円)で、アマゾン・ドットコムの2倍、イーベイの3倍、楽天の15倍もあります。

 またアリババの2014年3月期通年純利益は前年度比2.8倍の231億元(3950億円)で、2014年4~6月期は前年同期比3倍の2090億円となりました。つまり収益も急拡大中となります。

 アリババのビジネスで最も注目すべきは2013年6月にサービスを開始した「余額宝」(ユーオバオ)です。これは高金利のMMFのようなもので、1元(17円)から出し入れが自由で、もちろん電子商取引の決済にも使えます。

 開始1年で残高が9兆円をこえ、直近では10兆円を超えていると思われます。中国では普通預金金利が0.35%、個人向け1年物定期預金金利が上限3.3%ですが、「余額宝」の金利はサービス開始直後が6%台半ば、直近でも4%台前半となっています。

 じゃあ、どのように運用しているのでしょう?

 何と銀行預金だそうです。

 確かに法人向けの定期預金の上限金利は撤廃されていますが、要するに今まで中国の大手銀行(だいたいは国営銀行です)が黙ってむさぼっていた利鞘を、アリババが一部還元していることになり、もちろんアリババは自らもたっぷりと利鞘を確保しています。

 アリババのサービス開始以降、ネット大手のテンセントやバイドゥ、家電量販店などがこぞって同様のサービスを開始しました。

 さて表題の「アリババは純粋の民間企業なのか?」ですが、江沢民・元国家主席の孫が運営するファンドがアリババの5.6%を保有しているようです。

 江沢民は同じネット企業大手のテンセント、バイドゥとも大変に「親密」のようです。

 つまりあらゆる利権に首を突っ込む中国共産党幹部とその子弟が、急成長するネット企業を放置しているはずがなく、現時点では江沢民が圧倒的にリードしているようです。

 先ほどの「余額宝」も、放っておけば国営銀行の「不当利益」だったものを引き出していることになり、国営銀行に利権を確保している共産党幹部を「飛び越えて」始めたサービスではないはずです。

 しかしアリババの本業である電子商取引では、中国人の購買情報を含む個人情報の宝庫であるだけではなく、アマゾンなどの外国企業の参入を制限する「見返り」など、膨大な利権がゴロゴロしているはずです。

 単に上場時の密かに手に入れていた(もらっていた)株式売却益などは、利権としてはそれほど大きなものではないかもしれません。 

 アリババは、純粋の民間企業とはいえません。

 そのアリババに、上場時に最大2兆5500億円もの資金を投入する米国株式市場も「大変に懐が深い」ことになります。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
アリババにネガティブコメントですか。
全力買いで間違いなそうですね、アメリカ人はフェイスブックの代わりを探しています。
その江沢民が・・
いつも為になる記事をありがとうございます。

その江沢民が危篤との情報が・・
http://bylines.news.yahoo.co.jp/endohomare/20140907-00038908/
日本株に影響は出るのでしょうか?
宜しければ御教授お願いいたします。
ソフトバンクというか孫正義
凄すぎます、国内企業の海外投資のぶっちぎり最高の成功例ですね、2位から10位全部足したよりもでかいかも。
つまり
アリババがこけると米もコケルと言うことですね。
セナ さま

アリババがこけても米国がこけるということはありませんが、アリババも中国政府に首根っこを押さえられており純粋な民間企業でないとすれば(ないと確信しますが)、米国で巨額IPOを行った中国国営石油企業や銀行などのその後の株価が冴えないように、アリババの株価も要注意となります。業績よりも情報開示や株主還元などで純粋の民間企業に見劣りがするはずだからです。


闇株新聞編集部
大金持ちの人生
アリババ株はいよいよ9月18日にプライシング(公開価格)を決定し,1株当たり70ドルとのこと,これが何と何と半年後,つまり2014年12月中旬には,Google並みの500ドル以上にまで上昇する.米国著名アナリストの分析結果が出ている.この時BABAの株32.4%所有のソフトバンク株価はとてつもなく上昇する.現在時点8300円当たりであるが,35000円となる予想者もいる.リッチマンになれるチャンスは誰にもあるか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム