闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ついに110円突破 弊害しかない円安加速 その2

2014年10月03日

ついに110円突破 弊害しかない円安加速 その2


 昨日の続きですが、本日(10月2日)の日経平均は420円安の15661円と1カ月ぶりの水準となり、昨日一時110円を突破した円の対ドル相場も本日夕方には1ドル=108.32円まで「円高」となりました。

 本日の日経平均急落の理由として、前日のNY株式下落(238ドル安の16804ドル)や、香港の民主化デモや、「円高」などが羅列されていますが、円は昨日に比べてスピード調整しただけでまだまだかなりの「円安」です。

 昨日のNY株式の下落は、来年どこかの利上げを懸念したわけではなく(来年に経済減速やNY株安となれば当然に見送りとなるため、今から心配しても意味がありません)、資産買入れ(QE3)終了の悪影響がこれから出てくる潜在的な懸念があると考えます。

 QE1とQE2終了時と、昨年5~6月にバーナンキ議長(当時)がQE3縮小を示唆したとき、NY株式や新興国株式にかなりの悪影響が出ました。資産買入れは終了してしまうと簡単には復活できないため、実際にNY株式や新興国株式に悪影響が出てくると拡大してしまう可能性はあります。

 その可能性はどれほどでしょう? 理由はあとで書きますが、今のところ「ほとんどない」と考えます。

 昨日も強調したのですが日本政府と日銀は本年中に(12月8日だそうです)2回目の消費増税を決定するために株式市場を「堅調」に維持する必要があり、そのためには円安加速が必要と「本気で」考えています。

 つまり消費増税のためだけの「官制円安」であり「官制株高」となります。

 消費増税や円安加速が、どれほど日本経済に悪影響を与えるかなどはどうでもよいのでしょう。

 本日の日経平均の急落は、さすがに円安加速は日本経済に弊害となり、消費増税のためだけの「官制株高」では限度があると懸念されはじめたと考えます。さすがに「違和感」が出てきたのでしょう。

 それでは日経平均はこのまま下落に転じてしまうのでしょうか?その可能性も今のところ「あまりない」と考えます。

 NY株式が資産買入れ(QE3)終了の悪影響で本格的に下落に転じる可能性が「ほとんどない」と考える理由は、米国では米国政府と米国経済にとって(米国政府の方が優先しますが)最良の金融政策に遅滞なく踏み切り、現時点では「量的緩和を終了させて来年のどこかからの利上げを市場に印象づけることによりドル高政策に転じた」と考えるからです。

 米国に限らず世界経済は「経済成長率の減速」と「インフレ率と長期金利の下落」が長期的に継続するはずで、そのなかでは「ドル安のリスクが残る資産買入れは終了させて、FOMCメンバーによる来年以降のFF金利予想を引き上げてドル高を演出し、海外からの資本流入を促進し国内資金の海外流出を抑制して株式など資産価格を上昇させる政策」に転じたと考えます。実際の利上げはあくまでも来年の経済状況次第です。

 結果的にNY株式がこのまま下落に転じる可能性は「ほとんどない」となります。

 それでは日本政府と日銀は、日本経済や国民の生活などはどうでもよく、ひたすら2回目の消費増税を決定してしまうために「官制株高」と「官制円安」を必死に維持させるため、これもそれなりに威力があるはずです。

 米国と動機がかなり違いますが、結果的に日経平均がこのまま下落に転じる可能性も「あまりない」となります。

 要するにNY株式も日経平均も同じように当面は「堅調」となるはずですが、日本の「官制株高」と「官制円安」のツケは容赦なく日本経済を直撃します。

 円安が継続すると円建ての日本国債を喜んで保有する海外政府や海外投資家などいるはずがなく、1000兆円をこえる公的債務を国内金融資産だけで賄えなくなる時期は「それほど遠くない」ため、日本は一刻も早く量的緩和を打ち切り、円高誘導に金融政策を切り替える必要があります。

 円の価値を毀損させる「2%物価上昇目標」ではなく、ちょうど円安となったこのタイミングをとらえ「2%円高目標」に切り替えるべきと考えます。それがこれからの日本にとって最良の金融政策だからです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
国債を、賄えない日はこない
国債は発行した分だけ、民間の金融資産となるので、国債の額が、民間の金融資産を上回ることはない。
国債を何とかサンえ言っている意味が全く理解不能。
しかし、今回の円安と物価上昇ですが我々金融業界からすると悪くない話ではないですかね?
「物価なんか上がりゃーしない、預貯金が資産を守るのには一番」という日本人の大多数が思ってる思い込みを否定する状況となるので「貯蓄から投資へ」というながれに今後は・・・なりませんね(笑)
武田泰淳か誰か忘れましたが、「必要量以上に流通する通貨は偽札である」という様な意味合いの文章を、昔読んだ記憶があります。いずれ崩壊するしかない今の金融資本主義の無残な状況を喝破した卓見でありますね。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム