闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2014年10月05日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り10月6日(月曜日)の夕方に配信します。間に合えばメインテーマ 1 だけ前日(日曜日)に先行配信するかもしれません。

 予定内容です。


メインテーマ 1 

 年末までの世界(日本を含む)の政治経済・金融政策・金融市場の重要ポイントとは?

 あまり先の予測は不確実性が増すので、とりあえずは年内に絞ります。また単なる金融市場のレンジについてではなく、もっと世界の政治・経済・(資源価格なども含めた)各市場を横断的に眺めて「まもなく起こる動き」を予測します。

 ここのところ毎週書いているように金融市場では世界的にボラティリティが上昇しており、もっと大きな相場変動が襲ってくる可能性があります。

 世界経済(先進国)は「経済減速」「インフレ率と長期金利の低下」「それを受けた結果的の株高」が続いています。それを受けて新興国では「資源価格の下落」「さらなる経済減速」「依然として好調な資本流入を受けての株高」が続いていますが、さすがにそろそろ綻んできました。その影響は最大限に注意しておかなければなりません。

 また10月2日にECB理事会がありましたが、その結果も含めて再度FRBとECBと日銀の「明らかなスタンスの違い」を取り上げ、消費増税のためだけの日銀金融政策の「致命的問題点」と「弊害しかない円安誘導」についても解説します。

 最後はもちろん年内の日本株式についてです。


メインテーマ 2  

 消費関連銘柄の決算発表(予想を含む)から考える日本経済「真の姿」

 中国人と戦うためのシリーズはいったん中断して、同じくらい重要なこのテーマです。年内(12月8日だそうです)に2回目の消費増税が正式決定となりますが(何が何でも決定してしまいます)、足元の日本経済はどうなっているのでしょう?

 日本経済の「真の姿」を、消費動向が最も敏感に反映される消費関連銘柄の決算発表(予測を含む)や、その他の各種統計から考えます。


お勧め「映画」「書籍」「絵画」コーナー

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債相場について考えます。


質問コーナー

 毎週たくさんいただいており全てにお答えできていませんが、できるだけお答えします。今週も本日(10月5日)深夜まで受け付けています。


 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、10月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム