闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

今年のノーベル経済学賞

2014年10月16日

今年のノーベル経済学賞


 毎年この時期に書いているテーマなので、今年も続けます。

 今年のノーベル賞では、青色発光ダイオード(LED)開発の功績により赤崎勇・天野浩・中村修二の日本人3教授がノーベル物理学賞を受賞しました。特に中村修二・カリフォルニア大学教授は株式市場でも有名ですが、海外では「米国人」と報道されています。

 勤務していた日亜化学(徳島・非上場)との発明対価を巡る法廷闘争に失望して日本を去り、米国籍を取得しているので海外の報道通り「米国人」となります。大変残念な頭脳流出でした。

 さて今年のノーベル賞経済学賞は、仏トゥールーズ第1大学のジャン・ティロール教授が受賞しました。

 ここでノーベル経済学賞とは、正確には「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」のことで、スウェーデン国立銀行(中央銀行)が設立300周年祝賀の一環として1968年に創設したものです。

 つまりアルフレッド・ノーベルが創設したものではなく、賞金もノーベル財団からではなくスウェーデン国立銀行が提供します。賞金は他のノーベル賞と同じ800万クローネ(約1億2000万円)ですが、日本の税当局は(今まで日本人の受賞者はおらず、その可能性が高いとも思えませんが)ノーベル経済学賞の賞金だけは課税するそうです。

 脱線ついでに付け加えますが、スウェーデン国立銀行は1668年に創設された世界最古の中央銀行です。日本の赤穂浪士の討ち入り(1703年)より35年も前のことです。

 このスウェーデン国立銀行は1701年に世界最初の紙幣を発行しています。この時期は各国とも金・銀・銅などの実物資産を通貨としていたのですが、スウェーデン国立銀行は世界で最初に中央銀行の信用だけが裏付けとなる紙幣(紙切れ)を発行しました。当然に偽造紙幣が大量に出現したそうです。

 そんなスウェーデン国立銀行が1968年に「ノーベル経済学賞」を創設した理由としては、当時は経済改革の一環として市場の自由化を推進しようとしていたスウェーデン国立銀行が、政治介入を排除して独立性を確保するために「権威ある理論」を確立する必要があったからといわれています。

 その証拠に創設直後は、市場重視の新古典派とくにシカゴ学派と呼ばれる経済学者の受賞が目立ちました。

 まあ「人類の発展に貢献した」人々に贈るとしたアルフレッド・ノーベルの遺志からは「かなり遠い」ノーベル経済学賞となります。

 今年のジャン・ティロール教授の受賞理由は「市場の力と規制に関する分析」で、一部の大企業が支配的な地位を占める「寡占市場」での適切な規制のあり方の研究が評価されたようです。

 スウェーデン国立銀行の「当初の目論見」である市場重視の経済学ではなく、むしろ逆に「寡占市場」における中央政府の適切な規制を積極的に容認する経済学です。

 最近の受賞者の研究内容には、実践の経済活動に役立ちそうもない机上の理論(空論とまでは言いませんが)が多かったのですが、昨年受賞したロバート・シラー・イェール大学教授(S&Pケース・シラー住宅価格指数の考案者)は、久々の実践的な経済学者でした。

 今年受賞したフランス人のティロール教授も、実際にフランスの経済運営に取り入れられている大変に実践的な経済学者といえます。

 フランス政府は、本誌がいつも日産自動車を食い尽くすと書いているルノーに15%出資しており、本年5月にも経営再建中のプジョー・シトロエン(PSA)に14%出資し(同社提携先の中国・東風汽車も同程度出資)、6月には重電大手のアルストムがGEにエネルギー部門を売却する際に(アルストムに)20%出資することを決めています。

 つまりフランス政府は大企業の経営に積極的に関与しており、その理論を支えているのがティロール教授となります。

 日本や米国では、あくまでも経営危機に陥った基幹産業を一時的に国有化することがあるだけで、明らかにフランス方式とは違います。

 どちらが「正解」なのかは難しい問題ですが、実際の経済運営に影響力のある経済学者の受賞となりました。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
エクセル(7591)の香港の子会社で債権の取り立て不能または取り立て遅延のおそれが発生しましたが、これはWINTEK固有の問題なのか、もしくはより大きな構造的要因を反映しているのか、ご意見を伺えればと思います。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム