闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

驚愕すべき結果だった7~9月期GDP

2014年11月18日

驚愕すべき結果だった7~9月期GDP


 本日(11月17日)朝方に発表された2014年7~9月期GDPは、実質前期比で0.4%(年率1.6%)のマイナス成長となりました。直前まで年率2.0%前後のプラスと予想されていたので、驚愕すべき結果だったことになります。

 項目別では、民間最終消費支出が前期比0.4%のプラス、民間設備投資が0.2%のマイナス、民間住宅投資が6.7%の大幅マイナスとなりました。とくに民間最終消費支出のプラス幅が予想を大きく下回りました。

 消費税が8%に引き上げられた直後の2014年4~6月期GDPは、実質前期比1.9%(年率7.3%)もの大幅マイナスで、項目別では民間最終消費支出が前期比5.0%のマイナス、民間設備投資が4.8%のマイナス、民間住宅投資が10.0%ものマイナスでした。

 つまり7~9月期は、大幅マイナスだった4~6月期ほどではないもの、2期連続のマイナス成長となりました。要するに4月に消費税率を8%に引き上げてからの2四半期(半年間)は、見事にマイナス成長だったことになります。

 政府の2014年度の実質成長率の見通しは1.2%なので、残る2四半期はそれぞれ前期比3.1%の成長を続ける必要があります。

 とても現実的な数字ではなく、2014年度の実質成長率はゼロ近辺あるいはマイナス成長の可能性がでてきました。これが4月に消費税を5%から8%へ引き上げた結果です。

 本来は2015年10月からさらに消費税を10%に引き上げることになっていたのですが、これを2017年4月まで延期するために衆議院解散・総選挙で国民の信を問うことになります。

 ところで7~9月期の名目GDPは前期比0.8%(年率3.0%)のマイナスなので、実質よりマイナス幅が大きいことになります。足元では物価が上昇しているはずなので違和感があります。

 名目と実質を調整する7~9月期GDPデフレーターが前期比0.3%のマイナスだったことになります。GDPデフレーターとは、海外要因を除いた国内経済活動だけの価格変化なので、7~9月期は4~6月期に比べて国内経済活動に限れば物価が下落していたことになります。

 ところが実感に最も近い「持家帰属家賃を除いた7~9月期の消費者物価指数」は前年比で4.0%も上昇しています。この中には消費増税分が2.0%含まれており、前年比と前期比では比較ができませんが、それでも実感では物価が上昇していることになります。

 つまり日本の物価上昇とは、全く国内の付加価値増加に結びつかない「消費増税分と悪い物価上昇分」ばかりであることが、ここからもわかります。

 本日(11月17日)の日経平均は、さすがに517円安の16973円(終値)となりました。

 直近の安値が10月17日の14532円で、そこから10月31日の追加量的緩和と、先週初めから現実的となった消費増税延期のための解散・総選挙予想で、先週末(11月14日)には17490円まで上昇していました。

 わずか1か月で2958円(20.3%)も上昇していたことになります。

 また直近の円高は10月15日の105.94円で、先週末は116.30円(ともにNY終値)だったので、為替市場でも円が1か月で約10円も円安になっていたことになります。

 7~9月期のGDPでとりあえず大幅安となった日経平均ですが、これで消費増税が延期される可能性は高まったため、このまま下落を続けることはなさそうです。

 問題は消費増税決定を前提として追加量的緩和に踏み切ってしまった日銀の対応です。このまま追加量的緩和を続けるなら(そうせざるを得ないはずですが)円安傾向も持続することになります。

 明日からは株式・為替・国債市場を再点検していきます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:9 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コクミンは消費税増税で国内で金を落とさず、
円安で海外で金を落とさず。
以上バンザイアホミクス。
エコノミストも野球のバッターみたいにテレビ出演する時は、今までの予測が当たったかどうか成績開示していただきたいものです。
経済学説
経済学は他の分野と違い未だ中世の神学レベルと言われているので・・・・というよりそういう性質がほとんどなので前提は仮定のものでしか有り得ないというつもりで聞く必要があります。雲を掴むような神学的衝動には共感できますが。近経とマル経、懐かしい呼び名ですが欧米でも抽象的思考の型としてよりマクロ的な説の学者が人気のようです。本田参与は変動相場制の下、デフレは政策の設計ミスだと言っていますが、世界の現状は日本のように手遅れ(実は先頭?)が原因なのか、本当に宴が終わってしまったのか学者の上手い説明を聞きたいです。トレーダーの勘を上手く凝縮した説明にも飢えています。
>「持家帰属家賃を除いた7~9月期の消費者物価指数」は前年比で4.0%も上昇しています。この中には消費増税分が2.0%含まれており

違うよ。消費税の掛からない項目である帰属家賃がごっそり抜けた分だけ、消費税の掛かる項目のウェイトが高まるから2.0%よりもかなり大きな影響があるよ。
この期に及んで経済諮問機関の
会合で10人のの中、8人が(FNN記事で)
増税しろと云ってるので、これは
廃人間近の出鱈目学者だと言うことですかね?
アベノミクスは失敗してない、増税延期は当然=浜田内閣官房参与
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J20B320141118

政府債務は累増を続けているが、「実現可能なネズミ講システムだ。普通のネズミ講はどこかで終わって破綻するが、どこの政府でも次の納税者は必ずあらわれる」とし、「政府が自転車操業でお金を借りまくることはいいことではないが、政府と民間を合わせれば、消費税を先送りしても信頼が崩れることはない」と述べた。

ありゃりゃ「ネズミクス」であることを認めてしまいましたね♪
浜田わ1936年1月8日生まれ.あと少しで79歳。だだしい判断をすることわ出来ない.上のコメントでわかる様に話している意味がなにお言っているのか理解出来ない.本人もわからない.辞任セよ。82歳の石原が衆選に出馬とあるがボケ老人でも出来る仕事なのか.日中
間の紛争を意図的作り出した。
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2014/k141119a.pdf
日銀金融政策反対派はタダ一人
対ドルに対しては円安が進行してますが、長期
的に見ると対オーストラリアドルや対人民元に対しては円高傾向が今も続いているのではないでしょうか。
アメリカ→中国→日本
その他の国→中国又はASEANN→日本
つまり、実需はデフレ継続
為替(対ドル)インフレ
金融と実需の乖離がGDPのマイナス幅と対ドル上方幅を旨く説明できないと思います。
トヨタなど大手製造業者がリスクを負っても国内回帰が進まないのは金融システムのゆがんだ構造にあると考えるの考えすぎでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム