闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

11月21日に衆議院解散!

2014年11月19日

11月21日に衆議院解散!


 本日(11月18日)午後7時すぎに安倍首相が記者会見し、11月21日(金曜日)に衆議院を解散すると発表しました。

 その理由は「消費税の10%への引き上げ実施を2017年4月に延期する」「2017年4月には景気条項なしに必ず10%に引き上げる」「経済政策(三本の矢)を引き続き推進する」「2020年度の財政健全化目標(注)は堅持する」などに対して国民の信を問うためで、総選挙で公明党とあわせて過半数を下回れば退陣するともつけ加えました。

(注)2020年度に国債費(国債の利払い金と償還金の合計)を除く基礎的財政収支を黒字化する目標

 要するに10%への消費増税実施を1年半延期して景気の落ち込みを防ぎ、その間に現在の経済政策(三本の矢)を推進してデフレを克服し、2017年4月には必ず消費税を10%にして財政再建も行うということです。また11月21日の解散としたのは、来年度予算編成を遅滞させないためだそうです。

 一連の説明としては違和感が少なく、内外の投資家の失望感を呼ぶこともなさそうで、金融市場(特に株式市場)の混乱も回避できそうです。

 今後の注目点は、消費増税推進派(隠れ推進派も含む)の反撃です。

 単に消費増税の延期だけなら「景気条項」を発動すればよく、法律改正を行うなら消費増税の延期だけではなく白紙撤回でも可能のはずで、何でわざわざ衆議院を解散する必要があるのか?との違和感が残ります。

 「大義名分のない選挙」との声もあります。

 その答えは簡単で、自民党議員(に限らず公明党も、野党の民主・みんな・維新などの議員も同じですが)の大半が隠れ消費増税推進派なので、消費増税延期のための法律改正など「絶対に」できないからです。

 消費増税による景気落ち込みを回避するとの大義名分で補正予算を組み数兆円規模の公共事業を発注することになっており、その利権に最も近そうな二階俊博氏が自民党総務会長です。

 法律の制定や改正には自民党(他の党も同じだと思いますが)は党議拘束をかけ、国会での造反を許しません。それを仕切る総務会長が二階俊博氏なので、補正予算と公共事業の大義名分となる消費増税延期など(ましてや白紙撤回など)国会に上程できるはずがありません。

 また同じ大義名分で法人減税も行われることになっていますが、これも大企業だけが恩恵を受け、中小企業や赤字企業には実質増税となります。それでも大企業が恩恵を受ければ、やはり自民党(に限らず)議員の大半も恩恵を受けることになります。

 安倍首相にしても、何よりもこのまま消費増税を強行すれば日本経済は「大不況」となり自分だけが消費増税の決定者となり人気が急落し、その隙を麻生財務大臣や石破国家戦略区担当大臣などに突かれる事態も回避したいはずです。

 したがって自民党内で明らかに少数意見である(というよりもほとんど賛同者がいない)消費増税延期のためには、首相の専権事項である衆議院解散カードを切るしかなかったことになります。

 今回の総選挙では自民党が議席を減らし、民主党などの野党が議席を増やすことになりそうです。もっと正確にいえば、自民党各議員にとって消費増税延期を巡り国民の信を問わざるを得ない「大変に困った選挙」となるはずです。

 つまり今回の総選挙は与党と野党の対決ではなく、自民党内の対決で、しかも安倍首相サイドが圧倒的に少数派という「大変に珍しい選挙」でもあります。

 安倍首相は野党と戦うのではなく、自民党内の反対勢力(というよりも消費増税に賛成する本流の多数派)と戦うことになります。

 もちろん安倍首相には「もっと強大な敵」がいます。

 そう、梯子(はしご)を外された旧大蔵省(日銀を含む)です。こちらは様々な「報復」あるいは「妨害工作」を繰り出してくるはずです。

 その辺りは次回です。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
こういうことがある度に思うんですが、この国を良くしたくて国会議員になる人っているんですかねえ
やっぱり途中で挫折するんですかねえ
もう少し単純に考えては?消費増税の延期という有権者に分かりやすく票を集めやすいテーマを掲げ、強い野党が存在しない中で選挙をすれば、消去法的に自民党が議席を伸ばすと思いますよ。民主党はもはやコアな野党足り得ず、維新も旬が過ぎ以前の勢いが有りません。自民一人勝ちの結果になると予想します。解散に踏み切ったのはご指摘の財務省を黙らせる為でしょう。万一自民が負ければ日本株は相当大きく売られますが、そのリスクは低いと思っています。
金融危機なら法改正し増税再延期と首相発言.昨日増税延期わ無いと発言.金融危機が生じたら財源不足で国地方機関止まれば増税すると言う逆の事態が起きる可能性があるのでわ.日銀が意図的に円安にし1ドル117.00円前後です.少し円安論者でしたが大円安論者に変わる。危険なのわ国民自らも円安で儲けようと円売りをし130.140.150と天井のない円安相場になることです。
2017年4月にしても景気条項つけないので、結局のところ安倍は財務省と戦ってません。また、財務省から予算編成権を分けないとほかの政治家も財務省とは戦えませんよ。
本日の記事の内容わ株の軽い記事でわなく原発記事と同じく自分たちの生活に直接かつ深刻であり他人ごととしてかたずけられない事です。日本がこければ世界こける.
いつも不思議に思う。

財務省はなぜ税収が減る方向に舵を切りたがるのだろうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム