闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

量的緩和の弊害 円安の弊害  前半

2014年11月20日

量的緩和の弊害 円安の弊害  前半


 安倍首相の解散発言から一夜明けた本日(11月19日)、日銀は金融政策決定会合で前回(10月31日)決定された追加緩和を維持すると決定しました。

 前回では反対票を投じた金融界・産業界出身の4名の審議委員のうち、野村證券出身の木内委員だけは「追加緩和前の金融緩和が適当」として引き続き反対したものの、他の3名はあっさりと賛成に転じてしまい、結局は8:1の可決となりました。

 黒田総裁は会合後の記者会見で「政府に持続可能な財政構造への取り組みを期待する」とだけ述べ、一応は「大人の対応」を示しました。

 消費増税の実施が2017年4月まで延期されるので、今月(11月)から数えると2年半先となります。常識的には消費増税が実施される前に量的緩和を縮小・終了させることは考えにくく、また日銀はこれから年間80兆円もの「長期国債」残高を増加させるので、ここから2年半で200兆円もの「長期国債」が増えてしまうことになります。

 日銀のいう「長期国債」とは発行時に割引短期国債ではない利付国債のことで、償還までの残存年数が短くなった国債も含まれます。もちろん日銀はその間に償還される「長期国債」も再投資して、さらに200兆円もの残高を積み上げるわけです。

 ちなみに10月末の日銀の「長期国債」残高は187兆円なので(これ以外に割引短期国債が53兆円あります)、これが2017年4月には387兆円になり、割引短期国債の保有残高を加えると日銀は450兆円近い国債を保有することになるはずです。

 その時点の日銀券発行残高(10月末は87兆円)は予測不能ですが仮に100兆円とすると、日銀にとって外部負債である当座預金残高(10月末は167兆円)は350兆円くらいになるはずです。

 まさに「化け物のような巨大なヘッジファンド」となります。

 一般的には国債利回りが急上昇すると日銀に巨額の評価損が発生すると心配されていますが、これだけ日本の潜在成長率が下がっているなかで長期金利(長期国債利回り)だけが上昇することはありません。

 また「長期国債」の年間純増額は32兆円ほどで、2年半では80兆円ほど増加するだけです。そこへ2年半で200兆円もの「長期国債」を買い入れれば、需給関係からも国債利回りは上昇しません。

 つまり問題は利回りが上昇して日銀に巨額の含み損が出てしまうことではなく、全く逆に国債利回りが上昇しない(国債利回りが低いままである)ことなのです。

 10月31日の追加緩和では、日銀が買い入れる「長期国債」の平均残存年数を従来の7年程度から7~10年に最大3年延長することにしました。仮に最長の10年だとしても、日銀が保有する国債の平均利回りは0.5%程度ということになります。

 それに日銀は当座預金に0.1%の利息をつけて残高を維持しているため、「化け物のような巨大なヘッジファンド」であるだけではなく「きわめて低収益で財務基盤が危なっかしいヘッジファンド」でもあります。

 実体経済にとっても長期金利の水準が低いということは日本全体の投資収益や事業収益の水準が大変に低いことになり、海外から日本への投資資金の流入が増えるはずがなく、何よりも日本から巨額の資金が海外に流出してしまうことになります。

 日銀当座預金とは銀行の余剰資金を日銀が吸い上げているだけなので、日本から資金がどんどん海外に流出してしまうと、その残高を維持することができなくなります。そうなると日銀は保有国債を売却せざるを得ず、今度こそ国債利回りが急上昇することになります。

 つまり日銀が国債をどんどん買い入れると国債利回りが低下し、それが日本の投資収益や事業収益の水準を引き下げて景気をさらに悪化させ、ひいては資金がどんどん海外に流出してしまい1000兆円もの公的債務を支えられなくなります。このような状態を「財政破綻」といいます。

 要するに「日銀が異次元に国債を買い入れていると財政破綻が近づく」のです。

 実は日銀の国債買入れで長期金利が低下することより、円安の方がもっともっと恐ろしいのですが、ここからは次回(後半)です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
関連記事
コメント
黒とんのあがきでしょうか?
徹底的に反抗するというサインなんでしょうね。
国民が日銀にプレッシャーをかけることはできないんでしょうかね。
そうでもしないと、とんでもないことになりそうで怖いです。
8時45分現在1ドル118円230セン。118円突入。止まる気配無し、105円ぐらい適切とアンケートわなっていたがそれより13円円安.輸入品価格わどうなるのでしょうカ。
豊洲は町がごみだらけで汚い町になりつつあります

毎日楽しく拝読しております。
円安の影響なのでしょうか?金(GOLD)の価格が急騰しておりますね。
金などの現物資産が売られて株式市場に資金が流入するかと思っていたのですが・・・財政破たんの前触れ?
日銀は、国債を買いたくて仕方がない
でも、市中にそんなに国債が出回ってましたっけ?
財政破綻って本当に起こるの?
財政破綻が起きるという仮説は、もう20年位繰り返されている狼少年ですよね。

国家には通貨(紙幣)発行権限があるので、破綻はあり得ません。問題はインフレと為替のコントロールだけです。

銀行が融資という名目で勝手にお金を作り出している事と、企業の内部留保と資産家の預金という「無いも同然の滞留資金」こそ問題ですよ。

そもそも「円安」は日本経済にとってプラスなのか? 闇株新聞
http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-444.html

2012年にはこう仰っていましたが、円が120円になって、この通りになりましたか?
12/13付けa#さんのコメント
そもそも「円安」は日本経済にとってプラスなのか? 闇株新聞
http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-444.html

2012年にはこう仰っていましたが、円が120円になって、この通りになりましたか?
********
私なりに2年半前に闇株新聞を拝読した際には眼からうろこの印象でしたので覚えております。
2012年5月3日、4日のゴールデンウィークの記事でしたが、今回読み返しました。
内容的には今も共感を抱きますので、一部引用してみます。
==引用==
「・・・日本の2011年の名目GDPは468兆円で1991年の476兆円を下回っておりまさに「失われた20年」なのです。
・・・それでも1991年以降何回かピークが来ています。1997年523兆円、2007年513兆円で円ドルレートはどちらの年もおおむね120円台で日経平均も17,000円台、18,000円台でした。
・・・これらのひずみはすべて「身の丈を超えた円高」からきており、円ドルが120円位になればすべて解決する問題なのです。
・・・ここまできたら、あまりジタバタせずに円高に振れるだけ振れさせて、その間に国が200兆円くらい外貨を取得すると、現在の外為資金特別会計保有分と合わせて300兆円になるため、ドルが120円になれば150兆円くらい儲かります。
消費増税どころではなく消費税そのものが要らなくなり消えた年金でも盗まれた年金でも全て解決でき、何より日本の将来に希望が持てるようになります。
・・・日本のデフレは明らかに名目GDPも賃金も株式市場も製品価格も全てのものがドル建てで換算すればとんでもなく高いため、円建てでは全てのものが縮まざるを得ないためにデフレになるのです。
だからこれを修正して(円安にして)やれば、円建てのGDPも賃金も株式市場も製品価格も全て上昇して(膨らんで)日本経済が回復するのです。
・・・「円安促進」とそれに伴う「国策的外貨取得」による評価益が、この日本の閉塞感を打破する唯一の方策なのです。
==引用終わり==
非常に明快で「国策的外貨取得」に対して個人的に拍手喝采したものです。
現時点で闇株さんのコメントをお聞かせいただければと思います。
安倍政権への進言ともなり得るのではないでしょうか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム