闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ご挨拶

2014年12月30日

ご挨拶


 本年も「闇株新聞」をご愛読いただき、本当にありがとうございました。

 本年の記事を振り返ってみると、やや個別銘柄の記事が少なかったと感じており、来年はもっと増やすつもりです。

 個別銘柄に限らず、テーマについてもリクエストがおありでしたら、どんどんコメント欄にお寄せください。できるだけ対応させていただきます。

 また今年はいただいたコメント(ご質問)にお答えできなかったことが多く、大変申し訳なく思っており、来年は改善させていただきます。

 新年は1月6日からスタートしますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

 また来年早々に「新刊」を出版すべく準備中です。(いつものことですが)原稿が大変に遅れて出版社の方々にはご迷惑をおかけしています。

 題名は近々発表いたします。

 よいお年をお迎えください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
>個別銘柄
政治家や官僚、海外投資家絡みもある太陽光、地熱発電銘柄の取上げよろしくです。
反省はないのか
消費税増税延期が決定しました。
闇株さんは増税延期はないとしていましたが、そのあたりの反省はないのでしょうか?
読みが外れたことに対し真摯に反省し、より精度の高い面白い記事を期待したいです。
VAIOスマホは日本郵政から発売なんてありますか?
財務省解体計画 -内患の元凶を斬り、未来への扉を開け-
明けまして、おめでとうございます。
今年のというか永遠のテーマは、財務省退治ですね。

■財務省解体計画 -内患の元凶を斬り、未来への扉を開け-

●安倍政権は解散総選挙を打たずば、財務省主計局の圧力を撥ね返して消費税再増税を止められず、日本経済と社会は崩壊していた。
 財務省主計局は、予算編成権と国税調査権を利用し、司法、官僚機構、政治家、マスコミ、財界、学界を支配し、国益を犠牲に省益・局益を追求し続ける。
●主計局の壟断を絶つために、国税庁と主計局を財務省から切り離し、両者および各省庁との人事交流を禁止し、前者は日本年金機構と統合し内国歳入庁とし、後者は主計庁として内閣府にぶら下げるのがよい。
また、主計庁幹部は、スポイルズ制(回転扉制)とし、終身雇用制を外し政治任命とする。
●しかし、官僚機構とエリートが国家運営に必須である事に変わりはなく、その弊害を除くには天下りを厳禁する代わりに退官後の名誉および紐付きでない再就職機会を与え、省庁および官僚機構の利益共同体から切り離す必要がある。
そのため、上級国家公務員には、司法資格、または博士号に準ずる国家資格として「行政企画士」等を新設し授与する。
 これらを機能させ、民間にも広がる既得権複合体ピラミッド構造も壊さねば日本に未来はない。
新刊はオリンパス本でしょうか?
今年も楽しみにしています。いつもありがとうございます。

以前特集を組んでいた野村やヤクルトに付いて、その後の見解をお聞かせいただければと。

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム