闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2015年02月01日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 2月2日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。

メインテーマ 1  新たな利下げサイクルに入った世界の金融政策 その影響と反動は?

 ここのところスイス中央銀行の大幅マイナス金利への利下げ(1月15日)とECBの量的緩和導入(1月22日)をはじめとして、デンマーク、インド、カナダ、シンガポール、トルコ、ロシアの各中央銀行が利下げを含む金融緩和に踏みきりました。

 またオーストラリアやニュージーランドの中央銀行も利下げが近いと予想されています。一方で米国ではFRBによる利上げ(金融引き締め)が依然として近いと予想されており、新興国では唯一ブラジルが利上げを継続するようです。

 利下げした国では、トルコとロシアからは新たな資本流出が懸念されるように、世界中のあちこちで歪(ひずみ)が拡大し、混乱へのエネルギーが蓄積されているようにも思えます。

 また利上げが予想されているはずの米国も含め、世界中で長期金利(長期国債利回り)が急低下しています。米国では成長率が長期金利を上回ってしまい、ますます世界中の資本が集中することになり、それがさらに世界の歪(ひじみ)を拡大することになりそうです。
 
 とりあえずは世界中で「金融バブルがさらに拡大」となりそうですが、ピケティ教授にいわれるまでもなく貧富の拡大を通じて経済成長率を低下させることになります。

 その辺りを詳しく解説します。


メインテーマ 2  もう一度考える「イスラム国」、イスラム教、日本政府の対応 その2

 先週から始めたシリーズです。「イスラム国」とはイスラム教を都合よく利用しているだけのテロ集団ですが、その資金力・軍事力・情報発信力それに世界中から「兵士」を引き寄せる力は侮れない厄介な存在です。

 「イスラム国」=イスラム教ではありませんが、その行動を理解するためにはイスラム教の知識が必要となります。またイスラム社会全体の中で「イスラム国」を捉えて考えないと、その対処法が浮かんでこないからです。

 今週はスンニ派とシーア派の違い、「カリフ」とは何か? などを解説します。

 できるだけ目の前で起こっている邦人拘束の報道から重要な部分を引用しながら、わかりやすく解説します。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式・為替・国債市場などについて考えます。

 
質問コーナー

 毎週たくさんのご質問をいただいていますので、できるだけたくさんお答えするつもりです。本日(2月1日)深夜まで受け付けています。


 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、2月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
泥沼のシリア、イラク
シーア派は教義からすれば少数異端で印欧語族・ペルシア民族・イランが主なのですが、イスラムの主流をなす現実的なセム族・アラビア人と違い瞑想的で、彼らの思想に深みと先進的文化を与えましたがキリスト教向きの素養だったと思います。しかしインドのようにイスラムから回復するには千年以上経っているので不可能なのかもしれません。ほかのシーア派はほぼイラク東部アラブ人でイラクの半数以上を占めますが、西部スンニ派・フセインに弾圧されその反動で今度はシーア派・マリキ政権がスンニ派を排除し、そのまた反動でスンニ派・イスラム国がシリアから侵攻するのに無抵抗で通しイラク軍も戦わず逃亡したとのことです。北部にはクルド自治区もあり複雑です。フセイン時代はシリア政府とおなじように毒ガスを使って反対勢力を虐殺していました。両国では米国が介入しようがしまいが一般人は殺され続けます。ただイスラム国はあのアルカイーダからもイスラムにあるまじき行いと非難されている集団ということです。
>書籍
プレミアム申し込みしてませんが
今大きな話題のピケティとか取上げてありますか?
闇株さんのピケティ評がどんなものか気になります。
新刊は今月発売予定ですか?
とても楽しみにしてます。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム