闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

アジアインフラ銀行は中国「融資平台」の国際版

2015年03月25日

アジアインフラ銀行は中国「融資平台」の国際版


 いつも書くことですが、日本などの世界経済にとって中国経済をめぐる最大の恐怖は、成長率が7%程度まで鈍化することでも理財商品がデフォルトすることでもありません。

 中国とは共産党1党独裁の計画経済であるため、発表されるGDPなどの各種経済統計はすべて積み上げられた「目標数字」に過ぎず、誰も中国経済の本当の規模も成長率もわからないことです。

 最大の問題点は、その誰にもわからない中国の経済規模とくに需要を前提に世界中が設備投資や資源開発を行い、気が付けば世界中が過剰生産・過剰資源開発に陥ってしまっていることです。

 その中でも最も需要を読み間違えたのが当の中国企業であり、中国国内では報道されているよりもはるかに深刻な過剰設備・過剰生産・過剰在庫(そして過剰借入れ)に陥っているはずです。

 つまり中国経済とは、何をさておいても大至急でこれら「過剰」の受け皿を「世界のどこか」に作り出す必要があり、その「どこか」とはアジア諸国のことであるはずです。

 そういうところにアジアインフラ銀行の設立準備が進んでいます。

 アジアには同じような機能を持つアジア開発銀行(ADB)がありますが、その運営は日本と米国が主導権を握っているため(総裁も旧大蔵官僚の最上格の天下り先として確保されています)、中国としては自らが主導権を握るためにアジアインフラ銀行を新たに設立しようとしているのです。

 アジアインフラ銀行の構造は不明ですが、資本金1000億ドル(ADBは1650億ドル)の約半分を中国が出資し、たぶん高い格付けが取れるため債券発行や世界各国からの借入れでレバレッジをかけ、主にアジア各国のインフラ整備に資金を提供するはずです。

 その実態は、もちろんアジア諸国を中国経済にある数ある「過剰」の受け皿にするためであり、その資金を世界中から集めるためのプラットフォームです。まあ例えれば中国の不動産バブルや過剰設備を助長させた「融資平台」の国際版です。

 ただアジアにはADBがあるため、中国政府は盛んに「ADBには融資審査など運営面に懸念がある」などのネガティブキャンペーンを行っていますが、中国はその「懸念があるADB」から最大の(全体の25%以上の)融資・投資を受けいれています。

 中国人の自分勝手で厚かましいところは今に始まったわけではありませんが、そのアジアインフラ銀行に英国・ドイツ・フランス・イタリア・ルクセンブルク・スイスなどの欧州各国が参加を表明しています。

 またあろうことかオバマ大統領まで世銀やADBとの共同出資事業を提案し始めたようです。

 欧州各国の思惑は、中国とは距離も遠く政治的な軋轢は少ないため、アジアインフラ銀行に参加することにより中国マネーや中国市場とのつながりを強化するという純粋の経済的動機であり、オバマ大統領は米国内ではもう誰も相手にしないため思い付きで勝手なことをいっているだけで、さすがに米国の総意ではありません。

 さて我が国はどう対応すべきなのでしょう?

 「欧州各国が参加を決めているので日本も取り残されないように早く参加を表明すべきだ」とか「欧州と日本が参加すれば中国の思い通りに運営させない」など、恐るべきトンチンカンな評論が目立ちます。

 完全に無視すべきです。

 参加(出資)はもちろん、アジアインフラ銀行への資金提供(債権引き受けや融資)は一切行わないと表明すべきです。

 「我が国(日本)はADBの最大出資国として、アジア諸国の経済発展のために与えられた使命を今後とも懸命に果たしていくため」とでもしておけば、十分に納得できる説明となります。

 安倍内閣の、経済センスと国際的バランス感覚が問われます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
AIIBで、中国は、日本に変わってアジア太平洋地域でのリーダーになるためが創設の目的のようですから、日本は、入る必要は無いと思います。しかし、ADBに関しては、他国も不満はあるようなのでどうなんでしょうか。フランスの外相は、『どちらもたいして変わらない』とい言ってますね。
凄い慧眼。こういう迫力のある意見、初めて読みました。
賛成
中国が公平無私に世界貢献することなど、太陽系が消滅する迄待っても起きないに百万ペリカ!

1) 誰かに金を出させる。
2) その金で、中国の輸出の受皿を作る

あれ、これって、「世銀融資でアフリカがインフラを作ったが、受注したのはベクテルなどのアメリカ企業だけで、日本などの出資国の金がアメリカに還流し、日本は出資金を回収できず、アフリカは借金返済地獄に落ち未だに先進国になれない」ビジネスモデルとそっくりだ。

中国がど貧乏な時代から、共産党が欧米に留学生を送り出した成果が着々と出てますね!

ほんに支那人は骨の髄から悪人じゃのう!
賛同します。加えて、マラッカ海峡を通らない資源調達ルートの確保や人民元の国際化も狙いです。いずれにしても人の褌で如何に自国のメリットを極大化できるかを画策するビークルでしょうか。
ADBに関しては、日本は、『やって上げてるのよ』的な目線のように見られてるよう。工事も慎重過ぎて時間がかかりすぎるとの不満もあるようですしね。やはり、最後は、金! 欧州の参加は、日本への牽制球。
進展ありましたら追加記事を期待します。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム