闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2015年03月29日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 3月30日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。

メインテーマ その1  今世紀の高値となった日経平均を再検証する その6(最終回)

 このシリーズでは、一貫して上昇を続ける日経平均を含む世界の「株価がバブル」が弾けるとすれば、その「きっかけ」あるいは「きっかけ予備軍」が何かと考えてきました。

 決して現在の株価が「要注意」と考えているわけではありませんが、今週はこのシリーズの最終回として、株式バブルは「ここがこうなった弾けるきっかけ」をできるだけたくさん(できたら10個)挙げてみます。

 世界の株価全般についてですが、もちろん日経平均が中心になります。

 その日経平均は先週、3月23日の高値・19778円から3月27日の安値・19099円まで679円(3.4%)も下落しました(27日の終値は19285円)。これをどう考えるのかも盛り込みます。


メインテーマ 2  必要以上のコンプライアンス重視は日本企業の活力を削ぎ、ひいては日本経済と株式市場の足を引っ張る  その3(最終回)

 連続テレビドラマではありませんが、このシリーズも最終回とします。

 あまりにもコンプライアンス重視を叫ぶために出ている「弊害」についてです。コンプライアンス重視は企業活力を削ぎ日本経済を低迷させるだけではなく、あろうことかコンプライアンス重視に乗じて「焼け太る」とか「新たな利権」を確保してしまう輩(やから)までいるからです。

 できるだけ実際の「事例」を挙げて解説しますが、大変に奥が深いテーマなので、また取り上げる機会もあると思います。

 4月からはメインテーマ 1、2とも、内容を一新するつもりです。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 まだ考えていません。


今週の相場観

 今週の株式・為替・国債市場などについて考えます。

 
質問コーナー

 できるだけ全部のご質問にお答えするつもりです。本日(3月29日)深夜まで受け付けていますので、どしどしお寄せください。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、3月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
gumiの件をおめがいします。80000円カラ20000円2.5倍。バブルとわかんがえてわいないとあるが早大教授野口によれば円安バブルと表現.円安によるゆしゅつ企業の利益増加。
「安倍晋三は統一教会員」
銀行ブラウン・ハリマンは、トルコから海上輸送されてくるアヘンを中国の内陸部へと陸路輸送し、販売していた。

銀行ブラウン・ハリマンの経営陣には、前ブッシュ大統領一族、クーリッジ大統領一族が名前を連ね、トルコからの海上輸送会社=ラッセル社の経営陣にはルーズベルト一族が名前を連ねていた。

セオドア・ルーズベルト大統領、第二次世界大戦中のフランクリン・デラノ・ルーズベルトの一族である。


 銀行ブラウン・ハリマンは中国の華南・華中でアヘンを販売し、一方、日本軍は、この銀行ブラウン・ハリマンからアヘンを分けてもらい、中国の華北・東北で密売し、武器・弾薬の購入費用を作り出していた。

日本軍の麻薬密売組織には、岸信介、佐藤栄作、池田勇人が居た。

第二次世界大戦後、日本の総理大臣となる、このメンバーは麻薬の売上金の一部を着服し、私物化し、自己の政治活動の資金源としてきた。

総理大臣のイスの購入資金は、麻薬密売の利益であった。

銀行ブラウン・ハリマン、ラッセル社の経営者の名前を見る時、アメリカの歴代大統領も麻薬密売の売上げ金によって大統領のイスを購入してきた事が分かる。

この密売を通じ、アメリカ政界にとって「最も気心の知れた、ビジネス・パートナー」であった岸信介、佐藤栄作、池田勇人等が、日本の代表としてアメリカとの外交・通商交渉の「適役として選定」される事になる。
ハリマン、麻薬、満州、鉄道、岸、統一教会、安倍、核心に触れる怖さがありますが怖いもの見たさでもっと現代に踏み込んで頂きたい気もします。しかし長州閥は薩摩に比べて人品の卑しさが目立ちますが、松陰・久坂が長生きしていたら少しはましだったでしょうに。島津斉彬と毛利の殿様との差もあったのかもしれません。薩摩は長州を助け結局乗っ取られたのだと思います。
そういえば前回の安倍政権ではチェイニー副大統領が安倍首相はジャンセニスト(統一教会)だから気に入らないと断言していましたが、初訪米の前に訪中したことも関係したのかCIA工作等で退場させられました。CIAと統一教会の内輪もめのようにも思えますがどういう関係なんでしょうね。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム