闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本にある金(きん)をめぐるエピソード 2題

2015年04月23日

日本にある金(きん)をめぐるエピソード 2題


 本日(4月22日)の日経平均の終値は224円高の20133円と、15年ぶりの20000円台となりましたが、昨日予告した話題にしました。


エピソード その1

 日本政府が公的保有する金は765トン(2460万トロイオンス)で、すべて外為資金特別会計(外貨準備)に計上されて毎月「値洗い」されています。3月末は292億ドル(3兆4700億円)となっています。外貨準備に占める割合は2.4%ほどです。

 金の比重は19.3なので、この765トンは39.6立方メートル、だいたい一辺が3.4メートルある立方体の金塊となります。それではこの金塊はいったいどこにあるのでしょう?

 日本国内にはなく、NY連銀の地下金庫に「預けて」あることになっていますが、じゃあ財務官僚がNY連銀まで行って確認してきたという話も聞いたことがありません。それとも年1回くらいNY連銀から「残高確認書」みたいなものを貰っているのでしょうかね?

 ところが日本にあるはずの金に関しては、もっと不思議なことがあります。

 日本銀行のバランスシートは10日毎に発表されていますが、その資産には4412億円の「金地金」が計上されています。ところがこの金額は「ずっと」同じ金額のままです。

 日銀のHPで遡れる2005年初めでも4412億円で、もっと以前から4412億円だったような気がします。

 日銀は保有する株式などの資産を時価評価していないようですが(外為だけは値洗いしているようです)、仮にニクソン・ショックの1971年8月以前から「保有」していたとすると、1オンス=35ドル・1ドル=360円だったので3500万トロイオンス(1088トン!)と、外貨準備よりも大きな「金地金」を日銀は保有していることになってしまいます。

 まあ間違ってもそんなはずがなく、第二次世界大戦直後にダイヤと共にすっかりGHQに持ち出されているはずでが、今でもしっかりと日銀のバランスシートに計上されています。

 日銀政策決定会合後の記者会見で、誰か黒田総裁に「物価上昇目標はいつ実現しますか?」などと意味のない質問はやめて、「日銀の資産に計上されている金地金を見せてほしい」くらいいってみるべきでしょうね。


エピソード その2

 日本の金の公的保有は長い間変化していませんが、一度だけ1986年に「昭和天皇御在位60年記念金貨」発行のため、米国から223トンもの金地金を輸入したことがあります。ちょうど激化していた日米貿易摩擦を緩和する目的もありました。

 この金貨は額面10万円で1100万枚(つまり額面で1兆1000億円)発行されたのですが、使用している金の価値は金貨1枚あたり3万8000円ほどで、発行コストを考えても6000億円以上の「発行差益」が国庫に入りました。

 1万円札の発行コストが1枚=20円なので「それよりはマシではないか?」と思われるかもしれません。詳しく解説する紙面がありませんが、この6000億円以上の「発行差益」は新たな国民負担になりました。

 ところが1990年1月に大蔵省(当時)が蒼ざめる事態が発生しました。

 何と10万8000枚もの偽金貨が発見されたのです。記念金貨といえども額面の10万円で流通するので、この偽金貨は銀行で108億円に交換され、どこかに海外送金されてしまっていました。

 ところがこの偽金貨を鋳造するときに必要な金のコストは額面の4割以下なので、60億円以上の利益が海外の「誰か」の懐に入ってしまいました。

 本誌はその当時も国際金融業務に関わっており、たまたまですが「犯人」を知っています。もう時効なので発表してもいいのですが、「有名なスイスの金融機関」が関与していたとだけ書いておきます。

 当時の大蔵省も抗議したのですが「金貨と呼称しているなら溶解も鋳造も自由であり、発行者(大蔵省)は額面で流通させる義務がある」と一喝されて、引き下がるしかなかったようです。

 確かに正論です。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
>「金貨と呼称しているなら溶解も鋳造も自由であり、発行者(大蔵省)は額面で流通させる義務がある」

通貨の偽造/変造に思えるのですが、金貨の場合は当てはまらないのでしょうか?仮に当てはまらないにしても犯人が分かっているのであれば何らかの理由をつけてこの金融機関の日本での業務に制限をかける等、制裁をしていてもおかしくないような気がしたのですが。
日銀に関しては、昨日、三橋貴明さんが、言っていましたね。
金融緩和で、いわゆる国の借金が、60兆円減っています、と。日本の経済をどうしようとしていつのか(>_<)
ドイツはアメリカに金を3000トン以上預けていて、結局返却してもらうのを断念した、と副島さんが書いていましたね。(結局アメリカに使い込まれた)
日本も同じなんでしょうね。
 それにしても日銀が手持ち資産を時価評価してないなんて、許されるのでしょうか。ETFで何百億も買っている分はどうなるのでしょう。
日本にある金をめぐるエピソード 2題
毎回貴誌の記事・コメント興味深く拝見しています。
昨日配信の標記の後段の内容について お尋ね
申し上げます。
金貨の溶解・改鋳は可としても
額面に満たない金貨を当局以外のものが同様に作成し、通貨として使用することは 通貨偽造にあたるのではと考えますがいかがでしょうか?


副操縦士、コーヒーこぼして急降下 セルビア機引き返す
http://www.asahi.com/articles/ASH4Q20P2H4QUHBI005.html
ちょっとこれは言われているようなもの?疑われます。

>飛行中だった東南欧セルビアの政府専用機が引き返し、同国大統領のバチカン公式訪問が中止になったトラブルがあり、セルビアの民間航空委員会は21日、副操縦士がコーヒーをこぼしてエンジン停止を引き起こしたのが原因だったと明らかにした。AP通信などが伝えた。

 トラブルが起きたのは17日。ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王との公式会談を予定していたニコリッチ大統領一行を乗せた中型のファルコン50型機が出発地のベオグラードに引き返し、会談はそのままキャンセルされた。

 原因は当初「エンジンのトラブル」とだけ伝えられたが、・・・

匂います。悪事の匂いがします。大統領搭乗の政府専用機に何かしらの悪事を働いた連中の存在が見えてきますが。やった連中やお仲間のことを悪くそのまま書くことはないマスコミCIAさん。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム