広告

近藤勇と小栗忠順

2015年05月20日

近藤勇と小栗忠順


 さまざまな企業の決算発表が続く中で、大変に違和感のある話題だと思いますが、どうしてもこの時期に書いておきたかったテーマです。

 新暦に換算して1868年5月17日に新撰組隊長だった近藤勇が、同5月27日に徳川幕府の勘定奉行兼陸軍奉行だった小栗忠順(ただまさ)が、それぞれ明治新政府により処刑(斬首)されました。本日は両名の命日に近いからです。

 両名とも幕末期に幕府のために重要な役割を果たし、その実績・人望とも申し分なかったものの、明治維新で体制が完全に逆転したため罪人として処刑されてしまい、いまだにその名誉が回復されていません。

 何事も形式だけを重視する日本の歴史では、明治維新とは鳥羽・伏見の戦いが始まった直後の1868年1月4日に、薩摩・長州藩を中心とした新政府軍に「錦の御旗」が翻ったことで15代将軍・徳川慶喜が率いる幕府軍が朝敵となった瞬間に「成立」したことになっています。

 教科書的には前年の10月14日に、将軍・慶喜は大政を奉還して江戸幕府は消滅していました。しかし慶喜はまだ幕府所領の700万石(全国所領の約4分の1)と、8万人の幕閣による優秀な行政能力と、フランス式に訓練された2万4000人の精鋭部隊と新鋭兵器を支配する「圧倒的強者」でした。

 一方で明治新政府とは、まだ15歳の明治天皇を権威として戴くものの経済基盤も軍事基盤も大きく見劣りするものでした。その中心メンバーも岩倉具視に薩摩・長州・土佐藩らの下級藩士を加えた「寄せ集めの弱小政府」に過ぎませんでした。

 ところがこの「負けるはずがない」幕府軍を率いる慶喜が「錦の御旗」をみた瞬間に怖気づき、全てを放置したまま江戸に逃げ帰り寛永寺で謹慎してひたすら自らの延命を図り、その全てを奪い取った明治新政府がやっと本格的政府になれたのが明治維新の真相です。

 この1868年1月4日をもって、それまで朝敵だったはずの長州藩と、その長州藩を京都から追放した(禁門の変)はずの薩摩藩が突然に明治新政府の中枢に座り、最後まで幕府のために戦っていた各藩が(幕府の命を受けて朝廷のある京都警護を担当していた会津・桑名藩まで)突然に朝敵とされてしまいました。

 新撰組とは1863年頃、京都守護職を務める会津藩主・松平容保(かたもり)が幕府老中から京都の治安維持のために浪士を差配することを認められ、近藤勇ら17名が会津藩に嘆願書を提出して会津藩預かりとなり(その後に幕臣となる)将軍在京中の市中警備を担当したところが始まりです。

 新撰組はその後200名ほどの大所帯となり目覚ましい活躍をみせます。鳥羽・伏見の戦いの最中、突然に朝敵とされるものの徹底抗戦を続け、最後は江戸を目指す新政府軍と甲州勝沼で激突して捕えられ処刑(斬首)されてしまいました。

 小栗忠順は、2500石の旗本・小栗忠高の子として生まれ、幼少から文武両道に秀でた秀才でした。1853年にペリーが来航すると、その後は次々と来航する異国船に対応する詰警備役となり、積極的な通商と自前の軍艦建造などを主張するようになりました。

 そして1860年には幕府の遣米使節目付として渡米し、帰国後は幕府の財政・経済・軍事全てを取り仕切り勘定奉行と陸軍奉行を兼務するようになりました。

 慶喜が江戸に逃げ帰った直後も徹底抗戦を主張しますが、自らの延命しか考えない慶喜に退けられ罷免されてしまいました。これはどう考えても小栗が主張したように、幕府は経済的にも軍事的にも「負けるはずが」ありませんでした。

 小栗忠順は新政府軍に捕らえられ、取り調べもされないまま処刑(斬首)されてしまいました。

 明治維新については、薩摩・長州藩に米南北戦争終結で余った武器を売りつけて巨万の富を得たトーマス・グラバーの手先だった坂本龍馬がなぜか英雄視され、その間でうまく立ち回った岩崎弥太郎が三菱グループの創始者となり、政界では長州閥が中心となり明治新政府を取り仕切ってしまいました。

 それらをみるにつけ、(ほかにも数多くいますが)近藤勇や小栗忠順の運命はあまりにも悲しく不条理です。

 そのほんの一部でも理解していただきたく、本日の記事となりました。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
榎本武揚のように、明治政府にとって利用価値があると判断された者は、武力をもって反逆しても処刑されていない。

それどころか、明治政府内に役職を得ている。

明治政府にとって利用価値がないと判断された反逆者が処刑されただけのこと。

それが、冷徹な歴史の現実である。我が国は現在もその現実の中にいる。

それを、不条理で悲しいなどと感傷的なことを言っているようでは、食うか食われるかの世界の中で、日本人がパックリ食われてしまうだろう。

利用価値がない者は切り捨てられる。それが現在も含めた歴史の現実だ。
スライヴ (THRIVE Japanese)
https://www.youtube.com/watchv=yp0ZhgEYoBI

>スライブは少なくとも金融、経済、支配の構造については真実を言っている。

最初はフリーエネルギーやUFOとかですが、

フリーエネルギー開発者の弾圧から世の中の支配構造の追及へ。

長いですが価値あります。
タブー
タブーに言及することは、場合によっては命に直結する。
相場の世界で本尊を口にすることだろう。本尊は身を隠していた方が儲けやすい。本尊が最初に買い始めた時に、暴露されてしまえば、黙らせてやろうかという話になる。買い集めが終わった段階で暴露されることは、大いに結構という話になる。
利用価値があれば許されて、利用価値が無ければ許されない。確かにそうですね。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム