闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ソフトバンクの問題点  その2

2015年05月27日

ソフトバンクの問題点  その2


 先週(5月22日付け)同題記事を書いたところ、びっくりするほどたくさんのコメントをいただきました。しかも大半が本誌の主張に批判的なコメントであるため、説明不足だったところはもっと正確に、本誌の主張したいポイントはさらに丁寧に主張するために、追加記事を書くことにします。

 まず、通信料の問題と投資の問題をわけて考えないと支離滅裂になるとのコメントをいただきました。

 ここは明らかに説明不足だったところで、先週の記事で最も強調したかったところは寡占状態による明らかに割高な通信料で「ぼろ儲け」した利益は、まず国内の利用者に対するサービス向上と「可能な限り」通信料の引き下げで還元すべきということです。

 ソフトバンクの2015年3月期決算では、国内の割高な通信料の恩恵が反映されているソフトバンクモバイルの部門収益は5473億円(前年比301億円増加)もありました。

 これはもちろんソフトバンクだけが「ぼろ儲け」しているわけではなく、同じく2015年3月期のドコモの純利益は4100億円、KDDIは4279億円もあります。

 ドコモとKDDIはソフトバンクほど派手に投資事業を行っているわけではなく、純利益のほとんどが割高な通信料による「ぼろ儲け」だと思われます。

 つまり3社で1兆4000億円ほど「ぼろ儲け」していることになり、やはり規制に守られた利益がかなり含まれていると考えられます。

 トヨタ自動車は1社で2兆円以上も「ぼろ儲け」しているではないか?となるかもしれませんが、少なくともトヨタ自動車はどこにも規制に守られることなく、下請けを含む国内の雇用を守りながら世界を相手に勝負して稼いだ2兆円です。

 比較する方が「失礼」です。

 次に、ソフトバンクの孫社長は大変に優秀な投資家で、実際にアリババでは8兆円もの含み益を生み出し、成長が期待できるインドに投資することは全くおかしくないとのコメントを多数いただきました。

 これもソフトバンクの過去の投資実績にケチをつけているのではなく、この国内の割高な通信料による「ぼろ儲け」を、国内の利用者へのサービス向上や通信料の引き下げを行うことなく、優先して海外投資に使うことは「ちょっと違う」と言いたいだけです。

 いくらアリババで8兆円も含み益が出ても、仮に最近投資したインドや中国の新興企業が将来大きな含み益をソフトバンクにもたらしたとしても、日本のソフトバンクの利用者には一切メリットがありません。

 つまり「アリババで8兆円も含み益が出たのだから、ソフトバンクの通信料を半分にしてくれ」とも「海外投資を行うなら国内の利用者からのぼろ儲けをつぎ込むな」とも言う筋合いのものではなく、当然に国内の通信料は割高なままであり、国内の利用者からの「ぼろ儲け」は海外投資につぎ込まれます。

 それでも投資が成功すれば株価が上昇するからよいではないか?と考えられます。

 それは事実ですが、本日(5月26日)のソフトバンクのPBRは3.09倍です。ドコモは1.6倍で、KDDIは2.3倍です。

 仮にアリババの含み益の8兆円があるとして(他にもヤフー・ジャパンなどの含み益もあるはずですが、スプリントは相当の減損が必要のはずで差し引きではゼロとして)、税金分等を考慮して半分の4兆円をソフトバンクの資本勘定に加えたとすればPBRは1.3倍となります。

 日経平均採用銘柄の平均PBRは1.4倍なので、ソフトバンクの株価はアリババの含み益まですでに反映しているともいえます。

 ソフトバンクを上場している投資ファンドと考えれば、投資ポートフォリオの価値よりも(投資ファンドとしての)株価が大きく上回るということはないはずです。

 つまり現在のソフトバンクの株価とは、投資ポートフォリオの価値までも収益を上げ続けることを前提とした事業会社の株価として評価してしまっていることになります。

 海外投資の是非を考えるまえに、少し冷静になってみる必要がありそうです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:15 | TrackBack:0
関連記事
コメント
トヨタの方が悪質では?
 トヨタは国内ではかなりの税制優遇を受けていると考えますが・・・
 政府もなぜかトヨタ車に優遇制度を合わせ。他の国内メーカーが圧迫されているように感じます。

 ソフトバンクは既存の優遇を巧みに使い成り上がってるので、その手の企業が自社のために利益追求するのは、ある程度仕方ないのではないでしょうか。
 ソフトバンクを批判するより、そこに踏み込めない政府を追及すべきなのかもしれません。
大企業優遇国家の日本が問題の根底である
                      ・ ・ ・ ・
ソフトバンクの法人所得税の納付額が数百万円であることも
記載した方が良いのでは?ソフトバンクだけではなく銀行系がひどいのですが・・・
税金も払わずに利用者から取れるだけとって・・・
「少なくともトヨタ自動車はどこにも規制に守られることなく…」という点ですがトヨタは政府に手厚く保護されてる企業の一つではないでしょうか?
エコカー減税はガラパゴス化したHVカー減税と名称変更したほうが実態に合うでしょう。
近年の自動車税制の改正も最大手企業の影響が大きいでしょう、弱いものいじめだと批判したスズキの社長の意見など政府は聞く耳持たないでしょうから。
是非、貴誌のトヨタ分析を拝見したいですね。
私も闇株新聞様と同じ見解です。
ユーザーから観れば、国内3社のみに与えられた規制に守られた中で稼いだ割高な通信料を利便性向上の為の投資に回さず(犬?のCMでは繋がりやすいなんて言ってますが)、海外の投資にあててますからね。基地局に投資してるなんて言ってますが、現状大都市在住の私のケータイも明らかに利用者の多い時間帯は繋がり辛いですし、とても十分な通話品質だとは思えませんからね。

ケータイキャリアは近い業界で言えば電力会社と同じだと思うんですよ。実質的に競争が無いとう意味で。

分かりづらい例えで言うと、競争の無い電力会社が割高な電力料金を取りつつ、値引きや利便性向上に投資せず暴利をむさぼっているというのと同じですよね?電力会社に不満があるからと言って現状替えることはできないのだから・・・


コメント欄見るとトヨタもソフトバンク同様優遇を受けている?的な意見の方が多いようてますが、比べたらおかしいですよね?

優遇とされてるといってもレベルが違いすぎる。携帯キャリアと違い厳しい国際競争に晒され、関税や為替の壁を乗り越えて稼いだ利益。
国内でトヨタ車に乗りたくなければ、日産でも三菱でも海外のメーカーのものでも好きな車に乗ればいい。逆にケータイはソフトバンクが嫌でも、ほぼ同じサービスと利用料のドコモかauしか選択肢はなく、あの数千億円の利益は全て国内で稼いだもの。

まあ、資本主義の考え方からすれば良い会社。ユーザーや倫理的に観れば規制に守られながら暴利をむさぼってる。

こんな感じでどうでしょう。

通信料が高いというならば規制や法改正、行政指導を行うのが筋です。他にも価格カルテルと見做して独占禁止法を適用する等の手段があります。
免許を貰って事業を行ってる為、実質的に政府の監督下にあるわけですが、国が国民の方を向いて仕事をするのではなく、電波利権を守って高い通信料で国民が不利益を被っている事が問題なわけです。

また、一私企業が事業による利益をどのように扱うかはその企業が決めることで、外部から口出しする類のものではありません。国内の通信事業より海外(インド)の新規事業の投下資本利益率が高いとなれば、そちらに投資して当然です。

「ちょっと違う」と言うのは勝手ですが、批判すべき対象はどう考えても総務省でしょう。過剰な保護により事実上3社の価格カルテルが形成され、消費者(国民)に選択肢が無くなり不利益が生じている現状を放置しているのですから。
通信品質を上げて欲しいならば、規制で免許を交付する基準とする水準を上げればいいだけです。
SBを批判してますが、ドコモだって似たようなものというか、むしろ投資家にとっては害悪です。NOTTVやら不要と考えられる事業をやたらと広げ天下り先を確保し、サービス料は高いまま、顧客は減る一方ですから。

元凶は競争原理が働いていないことであることは明白であるのに対処をしない行政当局の職務怠慢でしょう。それを一私企業の投資スタンスの責任にするのは間違っていると思います。

水は低きに流れるのと同様に、企業は利益が上がる方に自然と流れるものなのです。それをシステムを変えることで流れを調整するのが政策というものです。

水が思うように流れてこないからといって、水に「こっちこい」とか「外に流れるとはけしからん」とか説教しても無意味ですよ。水路を変える提案をせずにそんなこと言ってたって滑稽でしかありません。
日本の携帯料金は国際比較で高くは無い!
ブログ筆者が言う所の
「日本の携帯電話会社は諸外国に比べて割高な値段でぼろ儲け?」に対して調査したデータが有る。

携帯電話料金の国際比較
株式会社 野村総研
2014年5月21日
https://www.nri.com/jp/event/mediaforum/2014/pdf/forum210.pdf
《「日本の携帯電話料金は諸外国に比べて高い」という批判がある。これは本当なのだ ろうか?》と言う疑問に先進各国シェア1位の各社(日本ドコモ、米国ベライゾン他)の料金プランを詳しく分析した資料です。

これを読むと最終結論で
《日本の携帯電話料金は、先進諸国と比較して、
一概に「高い」「安い」とは言えない》
との結論ですね!

他の投稿者と同じく自分も何となく日本は携帯料金が米国等から見て高いのかと伝聞のままで信じていましたがどうも違う様です(非常に詳しく各利用者実態で調査してある)

そうなると「日本の携帯料金が異常に高くてそのぼろ儲けした資金を利用者に還元せずに海外投資するソフトバンク」と言うブログ記事の前提条件が違う事に成るのでは!?
ブログ筆者は日本の携帯料金が他国より割高と言うなら
このデータからの引用と元データを示すべきでは?
総務省調べの携帯料金国際比較
総務省調べの携帯料金国際比較 2014/7/30
世界7都市比較、東京の携帯電話料金は2位、
スマホ料金は4位
http://s.news.mynavi.jp/news/2014/07/30/083/index.html
調査対象は、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、ブロードバンド、固定電話、携帯電話等の各サービス。

この総務省データによれば日本の携帯料金は他の7都市に
比べ特別高くも安くも無い平均的な料金設定の様です。
それより中で断トツに高い国が有りますね!
ニューヨーク(米国)が他の7カ国と比較してどのジャンルでも
1.5倍から2倍位の料金設定なっているのは驚きですね!
孫社長が巨額資金を投じて米国携帯市場にチャレンジの
理由了解。

そもそも日本の携帯料金が他国よりぼろ儲け出来ればボーダフォンがソフトバンクに日本の携帯電話会社を売らなかったんでは無いか?
美味しい市場なら多少粘っていればその内にぼろ儲け出来る
筈では?

▷トヨタと日本の携帯会社を比較するのは失礼?
民主主義国でも国家から全く自由な経営が出来る企業は
無い筈で投稿にも有るがトヨタも国から諸々の税制優遇や
数年前の米国の様に不当な批判や訴訟は常に有る。
携帯会社もドコモ一社しか無ければ寡占価格で
今の2倍、3倍の料金設定かもしれない。

各国の法律を遵守して他社と競争して正当に上げた利益に
上下が有るんでしょうか?
あと何回読んでもよく分からないのが、何故国内で稼いだ
利益を海外に投資するのが悪いのか?

日本国は今後人口減少して行き同じ1000億円を投資するな
ら日本国内のみで活動の企業よりは世界に進出の日本企業又は外国企業の方が絶対にリターンが多い筈だ!
《伸びる企業を見つけ評価するのが一番難しいでしょうが》
2012年以前は日本の携帯料金高かった?
「携帯料金国際比較」で検索結果の1位、2位が上記投稿
最新データですが5、6番目に下記の2012年や2007年
データ有り!

スマホ料金、東京が一番高い!「完全定額制」のせいなのか2012/8/29
http://www.j-cast.com/2012/08/29144465.html?p=all
《 総務省が初めて調査したもので、東京のスマホの利用料金は月額7357円。デュッセルドルフが7012円、ニューヨークの6493円と続いた。》当時で米国の1割高位?

更に古い2007年3月、ソフトバンク参入前の大昔の話?
日本の携帯電話料金はどれくらい高いのか
http://blogs.itmedia.co.jp/mohno/2007/03/post_32e8.html

明らかに直近2014年以降は日本の携帯電話料金が他国より高いとは言えないと思われますが、間違った事実認識は訂正すべきで無いかと。
貴誌の主張は投資は日本国内が最優先。ということなのでしょう。だからソフトバンクの行動は大問題と言われるのでしょうね。批判する人は「孫正義マンセー」と言う訳でソフトバンクの批判など冗談じゃないと考えるからでしょう。価値観の違う人が一つの行動を見れば、正反対の見解が出てくるのは当たり前のことで、自説以外は誤りと思い込むことが最大の誤りでしょう。疲れるまで反論に反論を重ねることになるだけでどちらも徒労に終わるだけです。「論破」など愚の骨頂で何も得ることができないです。
貴誌の考え方に賛同できることと、できないこと、半々ですが、自分と違った視点の意見は自分の視野を広げることになると思うので、違った視点で見るとそういう結論になるのかと読ませて頂くまでです。
ソフトバンクのiPhoneの月額料金は2GBで6500円だったと思いますが、私のVerizonのbillは同じく2GBで100ドルちょっとです。日本のほうが安いですね。電波状況は、はっきり言ってマンハッタンでVerizonよりも東京でソフトバンクのほうがずっと上です。メトロの駅ではほとんど繋がりませんし。
ソフトバンクが嫌われる理由
前回記事に対し否定的な意見が多くあったのは、ソフトバンク株のホルダーによるものだと考えられる。
保有銘柄に対しネガティヴ記事が掲載されたため、拒絶反応が出たように思われる。
前回記事も説明不足の部分はなく、十分に理解できた。
闇株新聞様がソフトバンクに否定的なのは経営的視点によって書かれているが、多くの方々がこの会社に対し快く感じないのは、経営者が在日などという類のものではなく、莫大な収益があるにもかかわらず法人税をほとんど納めていないからだ。
莫大な利益は割高に設定されている通信費を国民に支払わせ、それを源泉にしている。
国内経済に貢献していないからだ。(雇用創出はあるが)
SIMロック解除義務化になっても国民の大多数は格安通信の存在を知らない。
総務省が通信費を下げようと躍起になっても、3大キャリアが大スポンサーである以上、マスメディアもスポンサーに不利益な情報は流さない。
しかし、このような業界はゲームソフト会社等と同様、一夜にして勢力図がひっくり返る可能性がある。
政府がMVNOの業界シェアを本気で拡大する対応を取った場合、とてつもない地殻変動が起きる場合も考えられる。
闇株新聞様は海外M&Aに関しての杞憂を掲載されたが、それ以前にスマホ通信費が値下がっただけで、この会社は傾くと思われる。
正確な事実データに基づいた投稿を!
▷闇株新聞様がソフトバンクに否定的なのは経営的視点によって書かれているが?
▷莫大な収益があるにもかかわらず法人税をほとんど納めていないからだ?
莫大な利益は割高に設定されている通信費を国民に支払わせ、それを源泉にしている?

上記投稿者の方は日本の携帯料金が諸外国に比べ割高?と言う「闇株新聞」氏の
不正確な伝聞を元にしている?(携帯料金国際比較で検索すぐ事実見れます)
更にソフトバンクが利益に見合う法人税を納めていない?事実は下記HPへ

「調整後法人税」トップ20&ボトム20
「会計上の税金額」首位はトヨタ・・・」
2014年6月17日 東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/39440
「・調整後の法人税額が最も多かったのはトヨタ自動車で、7678億円に達する。
・6位のソフトバンクは利益同様、法人税額でもライバルNTTドコモの7位
を上回った。・・」
調整法人税額ランキング
1位 トヨタ 7678億円

6位 ソフトバンク3462億円
7位 NTTドコモ 3079億円
8位 KDDI. 2647億円
何時の、どのデータからSBが法人税を納めていない?資料有れば見たいですね!

更に「闇株新聞」氏が絶賛の昨年法人納税額首位のトヨタですが下記HP
世界一トヨタ、5年間法人税を払っていなかった! 
どんなカラクリがあるのか、と怒りの声 2014年5月27日 JCASTニュース
http://www.j-cast.com/2014/05/27205857.html
「・共産党の佐々木憲昭議員は自身のオフィシャルサイト(5月20日付)で、
「トヨタは税金を払っていなかった!?」と取り上げた。・・・
佐々木氏は「これまで、繰越欠損税制や連結納税制度などをフルに使って税逃れをしてきたということでしょう。税金も払わず『社会的貢献のできない会社』だったということを自分で認めたかたちです」と指摘。」

要するにリーマンショックで赤字転落して以降、法律に基づいて大事な資金が
流失しない様に経理部門がちゃんと仕事をしていただけの事で自分は全く問題無いと思います。

ついでに言えば大手メガバンクはバブル後遺症処理の為に約20年間法人税を払って
いなかった。この方が余程問題ではなかったか?

メガバンク全行、ついに税金を払う
失われた20年越え、「普通の会社」に
2013年3月6日 東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/13151
「・・実はこれらの銀行は、税務上の欠損金があるために、わずかな法人税しか納めていなかった。みずほが最後に通常の納税をしたのは、旧行時代の01年度。三井住友銀行も01年度の統合以降、一度も通常の納税を行っていない。・・」

「闇株新聞」氏にはきちんとした事実に基づいた記事を要望します。
《日本の高い携帯料金?でぼろ儲けのお金を還元せず海外投資》は訂正すべき。
個人的な好き嫌いは誰でもあるのは当然だが、事実無根のデータを根拠に非難は?

ちなみに自分はソフトバンク及び関連会社の株は一切持っていません。
自分が創業した中小企業経営が忙しくてそちらに手が回りません。
但し、同じ創業経営者として孫正義氏は尊敬しています。
特に東日本震災時100億円の個人寄付には驚いた!
会社の納税以外に、将来せめて1億円位の寄付をしてみたい!?
調整後法人税について言わせていただきます。
「調整後法人税」トップ20&ボトム20
「会計上の税金額」首位はトヨタ・・・」
2014年6月17日 東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/39440
「・調整後の法人税額が最も多かったのはトヨタ自動車で、7678億円に達する。
・6位のソフトバンクは利益同様、法人税額でもライバルNTTドコモの7位
を上回った。・・」
調整法人税額ランキング
1位 トヨタ 7678億円

6位 ソフトバンク3462億円
7位 NTTドコモ 3079億円
8位 KDDI. 2647億円
税効果会計上の調整後法人税は実際に納付された税ではありません。
税効果会計とは過去、大銀行が経営難となり債務超過を免れるために特別に手当てされた会計です。
インチキとまでは言いませんが事実それに近い代物です。
通信費に関して、海外の通信費と比較しても意味はありません。
一世帯当たり年間20万円も通信費に消費されるのは問題です。
しかも20年前はこのカテゴリーは家計になかったものです。
情報の大切さは理解しておりますが、果たしてどれだけの生産性が生じたのか?
GDP貢献度を考えると通信費を半分にし、差額を一般消費に向けたほうが国内経済のためになります。

通信費高いです普通に。
高くない感覚のお金持ち(?)がうらやましい、嗚呼。
エンゲル係数の通信費版作ってほしい。情報と繋がってる係数。SNS係数。
世界の都市の物価ランキングがあり東京も上位ですが(記憶ですが)、ニューヨーク(と言うかアメリカ)は平均年収が日本とは差がありますよね。
600万円とか聞いた記憶があります。
適当なコメントですみません。

先日の韓国ネット通販会社買収ニュースでは、マーケット関係者の高いという声がありました。
既に国内1位の会社だそうですが、どう広げるのかな。買収といっても49%で経営権?と言うの?はそのまま。フーン。
その資金で日本の会社買収したりして。
さらに関係ない話ですが、韓国のドラマ 、こういう経営の争いが必ず主テーマとセットで描かれます。
株主委任状の取り合いとか、懐柔策とか色々。株主総会の話や取締役会のシーンもよく出てくる。
一族の経営に他人が入るのはどんな手を使っても阻止。対立者も負けてない。権力のトップに立てば好きなだけ好きな事ができて王国。
面白いですが公正、企業ガバナンス皆無。たまたまハマると面白いです。
携帯料金が高いのは通話でなくデータ通信費?

現在の携帯電話料金が高い!との投稿の方もいらっしゃいますが
自分は22年前から携帯電話を利用していますが(ドコモ18年、今はSB)
ドコモを使い始めてから携帯料金は1万円を切った事は無かった!
4年前SBのiPhoneに変えて、現在携帯通話は定額料金内、データ通信費
合計で月額7〜8千円で収まっています。

SB参入以後とは言いませんが、携帯通話料金は間違いなく下がったが
10年前は出来なかった、ネット接続の為のデータ通信費が増えただけ!
今、利益が出てるから値段を多少下げるよりネット常時利用者の立場から
値段をそのままで通信接続スピードUP、接続容量UPの方が断然Good!
実際、この1年間でネットはiPhone、iPadがメインでPC接続は殆ど無し!

改めて「闇株新聞」様への質問?
何回か投稿で直球投げています〈SBの問題点2〉記事内より引用の↓
《先週の記事で最も強調したかったところは寡占状態による明らかに割高な
通信料で「ぼろ儲け」した利益は、まず国内の利用者に対するサービス向上
と「可能な限り」通信料の引き下げで還元すべきということです。》

上記文面では日本の携帯電話料金が【先進諸外国比較】で割高との主張ですが
改めてお尋ねしますが、一体何時時点の何処の調査会社の資料でしょうか?
自分も幾つかネットで調べてみた所、2013年以降で日本が他の先進諸国比較で
「闇株新聞」様の投稿内容を裏付けるデータは見当たりません?

日本国では一番信頼が置けると思われます総務省調査2014年版
「電気通信サービスに係る内外価格差調査」
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000144.html
-平成23年度調査結果-
 1 調査対象
 東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、ブロードバンド、固定電話、携帯電話等の各サービスについて調査を行いました(平成23年12月末時点の為替レート及び購買力平価により比較)。詳細はHP内で

①月額料金(円/月)
Max ニューヨーク 7365円
Min ストックホルム 2883円
東京 8都市中安い方から3位 3300円

②1Mbps当たりの料金(円/月)
Max ニューヨーク 147円
Min ストックホルム 29円
東京 8都市中安い方から3位 33円
★全比較8都市詳細データはHPで見れるがニューヨークが高いのが
分かるが東京は中間よりは安い方に入っています!

★あと寡占状態が云々も、何処の国家でも通信事業は認可制で
携帯電話会社は米国4社、英国4社で日本が3社で寡占状態?
寡占とは市場で1社の占有率が7割、8割を占めると言う意味では?

投稿記事 〈ソフトバンクの問題点 1、2〉について
明らかに事実で無い「日本の携帯電話料金が先進諸国比較で高い」
と言う間違った事実を元にした記事は「闇株新聞」様の信用問題に
係ると思われますが、訂正記事は書かれないのでしょうか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム