闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

東京証券取引所(日本取引所グループ)のあるべき姿

2015年06月03日

東京証券取引所(日本取引所グループ)のあるべき姿


 ほとんど注目されていませんが、ドイツ取引所が上海証券取引所、中国金融先物取引所と合弁で「中欧国際取引所」をフランクフルトに設立すると5月26日に報道されています。

 これによりドイツ取引所は欧州(とくにユーロ圏)における人民元建て金融・証券取引を主導することができ、上海証券取引所と中国金融先物取引所は(というよりも中国政府は)人民元の国際化や欧州投資家へのアクセス強化を進めることができ、双方に大変なメリットがあります。

 この「中欧国際取引所」とは単なる研究・交流機関ではなく、ユーロ圏と中国の投資家が積極的に参加するオフショア型の総合取引所になると考えておくべきです。

 先日のAIIB参加を巡ってもわかるように、欧州(とくにユーロ圏)と中国は政治的な問題が少なく金融面では比較的親密です。そこでドイツ取引所は中国市場における「先行的立場」を確保したことになります。

 もともとドイツ証券取引所は、傘下に欧州最大のデリバティブ取引所のEurexがあり、欧州最大の「勝ち組取引所」です。破談にはなりましたが、一時はNY証券取引所が傘下にあるNYSE・ユーロネクストを吸収合併することで合意していました。

 世界における「勝ち組取引所」とは、世界最大の商品取引所であり同時に世界最大の金融を含むデリバティブ取引所であるCME(Chicago Mercantile Exchange)、最終的にNYSE・ユーロネクストを傘下に収めた新興電子取引所であるICE(Intercontinental Exchange)、それにこのドイツ取引所と上海証券取引所、昨年から上海証券取引所と相互取引が可能となった香港取引所の5つです。

 上海証券取引所と香港取引所を一括りに考えることもできますが、香港取引所も2012年に世界最大の金属取引所LMEを傘下に入れるなど独自の世界的存在感があり、巨大な国内取引所である上海証券取引所とは別個の「勝ち組取引所」と考えるべきです。

 直近の取引所自体の時価総額をみても、世界最大が香港取引所の5.6兆円、次いでCMEの3.9兆円、ICEの3.3兆円と続きます。

 つまり世界の取引所とは、この5つの「勝ち組取引所」を中心に完全に勢力図が決まってしまっており、NASDAQもロンドン取引所も単独での生き残りが難しいともいわれています。

 さらに今回、その5つの「勝ち組取引所」の上海証券取引所とドイツ取引所が合弁したわけです。また世界における「勝ち組取引所」の存在が大きくなったことになります。

 それではここのところアベノミクスと日銀の異次量的緩和で(日本では)存在感が増し、昨日(6月1日)から金融庁とともに策定した企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)の適用が始まった東京証券取引所(日本取引所グループ)は、この世界の「勝ち組取引所」と戦っていけるのでしょうか?

 日本取引所グループ自体の時価総額は、やっと1兆円です。

 国内では東京金融取引所と東京商品取引所との統合すらできておらず(官僚の天下り先が減るのでできるはずがありません)、投資家の利便性を向上させる取り組みや、デリバティブを含む品ぞろえの充実や、電子化や、国際化など「やっていない」とは言いませんが、世界の「勝ち組取引所」との差は拡大する一方に思えます。

 取引所とは重要な国家インフラであると考えます。別に官制取引所である必要はありませんが、取引所が単なる「ローカル取引所」であれば、その国の経済・金融活動が活発化して国際的に広がるはずがないからです。

 最近の円安でかなり目減りしているとはいえ、まだまだ日本の経済・金融市場の規模は世界の中では大きなものです。その日本で実質唯一の取引所である東京証券取引所(日本取引所グループ)の時価総額が1兆円しかありません。

 国内では完全に無競争なので「ローカル取引所」としては未来永劫に生き残れるはずです。しかし日本の経済や金融市場の拡大のためには、これでは不十分なのです。

 企業統治指針で主導権を取ることも重要かもしれませんが、日本の経済や金融市場のためには取引所としての活動で一段と飛躍してもらわなければなりません。

 まあ期待するだけ無駄かもしれませんが。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
投資家としては東京証券取引所はFBIに捜査してもらいたい。
まあお役所なので、時価総額も国際競争も何も無いですよね(笑)

あと、記事と関係無いんですがLIXILの中国子会社の話を折りを見て取り上げていただきたいです。
調査報道を読む限りずさんな買収であったのは間違いないですが、どうもスタンダードチャータードと野村の香港法人が絵を描いていたような感じがするのですが・・・
大手証券OBの天下りを排除すべし
人のせいにすれば楽でしょうけど・・・
 役人の問題ではなく能力がろくにない議員の問題。本当に日本を盛り上げたいなら議員が動かないと何も変わらない。本来、議員が描いた絵を、形にすることが役人の仕事。 そして議員を選ぶのは私たち国民の仕事。マスコミがごり押しする能無しを、選んできた国民に一番責任がある。 人のせいにすれば楽なんだろうが、私たちは自分の責任をもっと感じるべきだろう。
総本山なんて自称している輩がいる限り無理ですね。
OB
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム