闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

東芝の第三者委員会・調査報告書をどう読む?

2015年07月22日

東芝の第三者委員会・調査報告書をどう読む?


 東芝は本日(7月21日)の臨時取締役会で、「不適切会計」について第三者委員会から「経営トップが関与した組織的なもの」と断定した調査報告書を受領したことを踏まえ、田中社長、佐々木副会長、西田相談役の歴代3社長が本日付で辞任すると発表しました。

 また同時に16名の取締役(社外4名)のうち、田中社長と佐々木副会長(西田相談役は取締役ではない)を含む8名(社外ゼロ)が本日付けで辞任し、9月下旬に開催される臨時株主総会で新経営陣が選任されるまで室町会長が暫定的に社長を兼任するとも発表しました。

 本日全文が発表された第三者委員会の調査報告書では、2008年度決算(2009年3月期)から2014年4~12月期決算まで累計で1518億円(これに東芝独自の調査分が別途44億円ある)の「不適切な利益のかさ上げ」があったと算定しています。この間の東芝の税引き前利益は約5800億円だったので(2008年度の約2600億円の赤字もそのまま算入)、その4分の1以上の利益が「不適切」だったことになります。

 また第三者委員会の調査報告書では、「不適切な会計処理」がほとんどのカンパニー(事業本部)で同時並行的に行われておりトップの経営判断だった、各事業本部はトップから厳しい目標を掲げられ必達しなければならないとプレッシャーを強く受けていた、社内には上司に逆らえない企業風土が存在しており「不適切な会計処理」を行わざるを得なかったという「いかにもわかりやすい動機づけ」が行われています。

 さて東芝の「不適切会計」は、巷間で囁かれるように西田相談役と佐々木副会長の確執から本年2月に証券取引等監視委員会に「タレこみ」があり幕が上がりました。5月8日に第三者委員会が設置された後も、東芝は経団連会長(2名)や上場を控えた日本郵政の西室社長らを輩出した名門企業であり、何よりも1兆9000億円もの銀行借り入れがあるため上場廃止を含む大事には至らず、この時期には玉虫色の第三者委員会の調査報告書を受けて「何事もなかったような」IRが発表されているはずと考えられていました。

 そう考えると随分厳しい調査報告書だったように思われますが、この流れをよく読めば「刑事責任は問えない」と言っていることになります。その代わりに田中社長を含む歴代トップの責任を「ことさら強調」して辞任に追い込んだだけでなく、その影響も完全に排除してしまいました。

 証券取引等監視委員会は第三者委員会の調査報告書を受けて、858億円と最も「不適切な会計処理」が大きかった2012年度決算(2013年3月期)を中心に、有価証券報告書の虚偽記載にあたるとして東芝に課徴金を課すように金融庁に勧告するようです。

 つまり課徴金処分(行政処分です)以上の厳しい処分は課さないと言っていることになります。

 また東京証券取引所も上場契約違約金を課すとしており、合わせて「上場廃止にしない」と言っていることになります。

 つまり今回の東芝に対する第三者委員会の調査報告書は、法人としての東芝をしっかり守り、田中社長を含む歴代トップとその影響力を完全に排除してしまった「秀逸」なものです。

 法人としての東芝をしっかりと守った理由は、西室・日本郵政社長ら諸先輩の名を汚さないためと、万が一にも1兆9000億円もの銀行借り入れを毀損させないためです。そして田中社長だけでなく歴代3社長を辞任させた理由は、社内のほとんどがこの3社長の影響下にあるはずなので、これから選任する新経営陣が「すみやかに」社内を掌握できるようにするためです。

 8月中旬に発表される新経営陣の顔ぶれが注目されます。

 どう考えても東芝は(検察を含む)官僚OBと銀行に支配されてしまいます。

 東芝の(良くも悪くも)徹底的に利益を追求する姿勢が完全に否定され、今後はコンプライアンス重視の「行儀のよい」経営となるため、利益水準は低下してしまいます。

 しかし刑事事件化も上場廃止も「無くなったようなもの」なので、株価だけは「何事もなかったように」回復するような気がします。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
いつも鋭い記事をありがとうございます
筋違いな質問かも知れませんが、純資産(株主資本)に匹敵するのれん・無形固定資産に誰も触れないのは、国や金融機関や何やら大きな力が働いているのでしょうか。

監査法人は「会計処理が会計ルールから逸脱してるかそうでないか」の監査はできても、「本当に価値があるかどうか」までは分からないでしょうし…。
いつも読ませていただいています。
今回の件ですが、ライブドアは粉飾して融資を受ける詐欺行為という点で立件されたという認識なのですが、東芝も不正会計期間(粉飾?)中に1兆円程市場から調達していると思いますが、この点は投資家に対して問題にならないのでしょうか?

質問がチープで申し訳ありません…経済に疎いもので…。
最近のメディアおかしくないですか?
箱根山で火山灰確認 「噴火だが噴火の表現適切でない」 
は?

東芝は「不正」 「不適切」という表現より
明らかに「粉飾」でしょ?

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム