闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

戦後70年談話について考える

2015年08月14日

戦後70年談話について考える


 安倍首相は本日(8月14日)、戦後70年談話を発表します。閣議決定を経て発表する「れっきとした」政府公式の総理大臣談話です。

 この談話については当初、1995年の戦後50年談話(村山談話)と2005年の戦後60年談話(小泉談話)にあった「謝罪」を盛り込まない方向で調整されていたはずですが、フタを開ければしっかりと盛り込まれていました。

 つまり日本は戦後70年たってもいまだに「国策を誤り、侵略戦争を行い、アジアの諸国に損害と苦痛を与えたことに痛切な反省とお詫びの気持ち(村山談話より)」を表明させられることになります。

 最大の問題は、こういう国際社会における日本の立場を明らかに損ねるような談話を、日本では野党各党だけでなく連立与党の公明党も、そして自民党の中にも多数いる親中派がこぞって推進していることです。

 こういう日本 対 海外という単純な構造において、日本ではなく海外(具体的には中国と韓国)の立場が無条件に優先され、それにほとんどのマスコミが何の疑問も挟まないという「不気味な国」が日本なのです。

 ここは中国や韓国を刺激しない方がよいという「安直な理屈」をつけるなら、もっと国民が納得できる説明が必要となります。また米国も村山談話・小泉談話の踏襲(つまり「謝罪」付きの談話)を求めていたといっても、それは韓国ロビーの献金と票をアテにする一部議員連中の意向をオバマ大統領が鵜呑みにしているだけで、全く気にする必要はなかったはずです。

 そもそも村山政権とは1994年6月に当時野党だった自民党が、連立与党第一党だった社会党党首の村山富市に(どうせ軽い神輿だからと)首相のポストを提供し、舞い上がった社会党が見事に一本釣りされて誕生したものです。

 実際は政権奪回のために村山を担ぎ出した当時の自民党幹部(具体的には竹下登と野中広務ら)の責任ですが、当然に米国政府は突然現れた「社会主義らしい首相」を警戒して距離を置き(ここで有事があれば大変なことになっていた)、また村山も1995年1月17日早朝に発生した阪神・淡路大震災で自衛隊を認めない社会党党首として出動命令を出さずに多くの国民を見殺しにするなど、村山政権とは戦後政治史で「日本国民を最も危険にさらした」最悪の政権だったことになります。

 村山談話もその最悪の1つで、最初は村山首相が個人として戦後50年の節目に談話を出すという話だったものが、発表直前に閣議決定しようということになり、あれよあれよという間に政府の公式見解とされてしまいました。

 閣議決定に持ち込んだのは時の官房長官だった野坂浩賢(社会党)で、完全なる確信犯でした。かくして日本政府は公式に侵略戦争を認め謝罪させられてしまいました。もちろんその背後には時の自民党の親中派がいて黙認したはずです。

そしてこういう政府公式の謝罪が一度でも出てしまうと必ず「次はどうした?」となり、10年後の2005年には小泉首相がほとんど村山談話を踏襲した小泉談話を発表し、そして今回またそれらをほとんど踏襲した安倍談話が出てしまうことになります。

 それでは今の日本に最も必要なアジア戦略(特に対中国戦略)とは、どうあるべきでしょう?

 現在のオバマ政権は全く当事者能力を失っているため、オバマ大統領の任期中の米国政府は全く頼りになりません。特に先日、ケリー国務長官が南シナ海で中国が海を埋め立てて建設している軍事施設に対し「平和利用であれば問題ない」という、あきれるような弱腰発言をしています。

 つまり日本はすべて自分で中国と対峙しなければなりません。
 
 幸か不幸か、最近の中国は経済や金融市場が混乱しているようです。直近の株価対策や元安誘導をみても「はっきりと」あたふたしています。ここで日本は少しくらいの元安・円高で輸出競争力が失われるとか中国人観光客が減るなどと「細かいことを心配する」のではなく、もっと正面から硬軟双方で経済・金融問題を中心に中国と対峙するべきです。

 中国政府もさすがに経済・金融問題では日本の知恵も必要と考えているはずで、いつまでも卑屈に謝罪しているだけでは日中双方にプラスがないはずです。

 具体的にどうするか? は近々書くことにします。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:13 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
阪神・淡路大震災は村山だけが悪いとは言い切れません。明らかに法律や体制の不備があった。
また、東京のマスコミや官僚の動きが人ごとのような感じで対応が遅かった。
安倍さんは最初は威勢が良いが
いわゆる従軍慰安婦の時もそうだったが、安倍さんは最初は威勢が良いが途中で萎える。

慰安婦については米議会に責められて再び謝罪したものの、継続調査を行なうことになっており、名を捨てて実を取った部分も無きにしも非ずか。

しかし戦略性のない危険なアプローチだ。

大東亜戦争の3つの貌
先の大東亜戦争は、①中国に対する戦争、②米英に対する戦争、③アジアでの戦争の3つの貌がある。

②は列強同士による覇権戦争、③については植民地解放戦争と言うことは可能だ。

①については、覇権戦争+侵略戦争というのが現時点で通用する国際世論相場の限界だろう。
現実政治に於いては、国際世論を味方に付ける必要がある。
 安倍首相には目先に一番重要な「支持率」という問題がある。
 日本国民が問題の根本、まず中韓にのっとられたマスコミを何とかしなければならない。
 中国が攻めてくるか、小説に出てくるような奇術でも使わないと不可能かもしれませんけどね。
 
談話発表して、明日、靖国に参拝すればいい。
土下座の賎民鳩山といい、産業遺産対応の日本外務省といい
談話で相手国を刺激しない
返って害にしか為らない文言といい
この日本は
随分と多くのカタワな政治家ばかり
輩出していて
正しい歴史を共有しなければ
日本が壊れていくようだ・・・
日本の首相は、アメリカには逆らえません。
安倍首相も一緒です。(彼は憲法改正という目的のため、それ以外はTPPも辺野古も集団的自衛権も、すべてアメリカの言いなりです)

太平洋戦争を日本の侵略ではないとすると、日本を攻撃したアメリカが悪者になってしまうので、アメリカとしては絶対に認められません。
従ってアメリカの支配が続く限り、日本の首相は永久に「侵略戦争」を謝罪させられます。
私は、安倍ちゃんが、2度目の首相として帰って来、
非常に逞しく変貌していると感じました。
しかし、就任からの安倍ちゃんの強い志の政策にも、
左寄りや、プロパガンダテレビに扇動された無知な民衆のために、
またもや日本が誇りを取り戻すことを気づくことが抑えられた感じです。

何故、日本【だけ】が何十年たっても、戦後補償をしても、これだけいわれ続けるのだろう?

闇は深い。
「・・・あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません・・・」の部分は評価できると思ったのだけれど。
・・・村山戦犯なのは同意です。
史上最高のファンドマネージャー・ドラッケンミラーがとうとう金ETFを爆買い!とうとう金価格が暴騰する!
http://ajmdtgm.publog.jp/archives/51990414.html
総括のできないものに戦略など存在しない
経済記事ならいざ知らず政治的な記事、特に東アジアに対する見方はかなりの偏見を感じますな。偏見でないとしたら経済記事と比べたときの内容の軽薄さといったところです。日本すごいすごいとかの軽い番組に浮かれるのではなく、自らの未来の為に真摯に過去を総括して、海外は日本の何を恐れているかを見つめた方が良いと思いますよ。謝罪はあってもなくてもどちらでもよいことです。無責任体質と全体主義に傾く民度の低さ。軍国主義に傾くには簡単で容易い国だろうと思います。
直接の「コメント」というわけではありませんが、関連話題としての最近ブログです。

http://ueda8823khj.blogspot.jp/2015/08/blog-post_14.html

http://ueda8823khj.blogspot.jp/2015/08/blog-post_15.html

有り体に言えば・・・・いまさら ということです。
なにかとお手本にされるドイツ国ですが、「憲法の前文のキモ」はこれだけ。

ーー
神と人間に対するみずからの弁明責任を自覚し、
統合されたヨーロッパの中で平等の権利を有する一員として、世界平和に貢献しようとする決意に満ちて、
ドイツ国民は、その憲法制定権力により、この基本法を制定した。
ーー
歴史に対する「お詫びとか反省」というのであれば、我が憲法の前文のほうがはるかに「悔悟」に満ちている。
もっとも、悔悟すべきは1930年台以降の話であって、明治維新や文禄・慶長の役までさかのぼるような話は「妄言」と切り捨てているのが、有識者懇談会の報告書。


本来、過去の談話の一語なんてどうだっていいのに。政権が違うし。錦の御旗にされ、相手の思うツボ。浩賢氏はどんな方か推察されるお名前です。
「一度詫びを入れたら今後ずっと言う事を聞かなければならなくなるのだ。」小国群雄割拠の時代の韓国歴史ドラマのセリフ。
これか、と思いました。

未来の世代に謝罪をさせ続けてはならない、という談話に感謝したいです。

正論を正面からぶつけたらいいと思います。誰が悪いとか自分は悪くない、という文句言いはだめですが。

韓国の場合については、親の無念を子が晴らせ的な圧力社会がずっと続き次世代をがんじがらめにしている気がします。解放してあげれないのだろうか。苦しいことでしょう。

あと、世界の日本評価とかどう思うかなんてほとんどの人たちは眼中にないでしょう。興味ないでしょう。中国と混同してたり。離れすぎているし。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム