闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

もう少し沖縄について真剣に考えようではないか

2015年10月14日

もう少し沖縄について真剣に考えようではないか


 意味するところを誤解される可能性がありますが、もう少し沖縄の政治的・地勢的・軍事的重要性をしっかりと認識して不測の事態に備えるべきという意味です。

 沖縄県の翁長雄志知事は本日(10月13日)午前、仲井真前知事が承認していた名護市辺野古沖の埋め立て工事の承認を取消したと沖縄防衛局に通知しました。これで埋め立て工事ができなくなります。

 辺野古沖の埋め立てとは、米軍普天間基地の移設先として辺野古およびその沖合の基地建設のためであり、1995年から紆余曲折を続けた普天間基地移転問題が事実上ストップしてしまうことを意味します。

 翁長知事は承認取り消しの理由として、普天間基地の移設先が名護市辺野古である必要性が乏しいこと、沖縄に集中する米軍基地負担が固定化すること、周辺の自然環境に影響が出ることなどを挙げています。

 これに対し政府は、公有水面埋立法(埋め立て承認は国の強い関与を認める法定受託事務とされているから)を所管する国土交通大臣に、行政不服審査法に基づく承認取り消しの無効決定および執行停止の仮処分を申し立てるはずです。

 これらの申し立てを判断する国土交通大臣は内閣の一員であり政府寄りの判断が出るはずですが、国土交通大臣は公明党のポストであるため予断は許さず、最終的に法廷闘争となると「そもそも米軍駐留の根拠となる日米地位協定は合憲か?」などと議論していると10年単位の時間がかかってしまいます。

 つまり翁長知事の「壮大な時間稼ぎ」となるわけですが、ここで少し冷静になって考えてみましょう。

 ここ1年ほどの世界情勢は間違いなく政治的・軍事的緊張が高まっています。今週月曜日(10月12日)配信の有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」でも、来年にかけて世界の最重要課題は経済・金融ではなく政治・外交であり、株式などの市場も世界の政治・外交情勢に大きく影響されるようになると書き始めたところです。

 こうなってしまった最大の理由は、まだ任期を1年以上残しているオバマ大統領の外交が完全に迷走しているからですが、少なくとも日本にとっては日米安保条約が最大の脅威となる中国に対する「抑止力」になっていることは間違いなく、先日成立した安保関連法案はその強化に寄与することも間違いありません。

 辛うじてこの世界の政治的・軍事的緊張に対する「最小限の備え」が間に合ったと安堵すべきですが、そのタイミングでの承認取り消しとなります。いくら日米安保条約が抑止力になり先日の安保関連法案で強化されたと思っても、基地がなくなり肝心の米軍がいなくなれば抑止力どころではありません。

 そうでなくても歴代内閣(具体的には福田康夫内閣と、その後の民主党各内閣)の迷走で、最も頼りになる米軍海兵隊が9000人もグアムに移転することになってしまいました。対中国(だけではありませんが)で考えるとすでにかなり戦力ダウンになっており、今回はそれに追い打ちとなります。

 翁長知事の真意がどこにあるかはともかくとして、結果的に中国(だけではありませんが)を一方的に利することになります。

 9月28日付け「これだけは言っておきたい安保関連法案 その2」で、翁長知事と中国との「異常な距離の近さ」に少し触れたところ、「自分の故郷(沖縄)の利益を最大限にするために仕事をしているのだから失礼だ」とのコメントをいただいていました。

 紙面の関係でお答えしていませんでしたが、知事が地元の利益を最大限にすることは当然でも、日本以外の国の利益(とくに日本にとって最大の脅威である国の利益)に結果的にでもなってしまう選択肢を選ぶことは日本の政治家として控えるべきで、私欲がなくてもその国(中国です)との関係を取り沙汰されてもやむを得ません。これは決して推測で書いているわけではありません。

 琉球王国(沖縄)はもともと独立国で15世紀には明の冊封下(保護下)にありましたが、1609年に薩摩藩が侵攻し実質支配していました。明治新政府は1872年に琉球藩を設置し、琉球国王・尚泰を琉球藩主および華族に列しました。

 しかし明治政府は琉球藩がその後も従わなかったため、1879年に官僚・警官・兵士など600名を派遣して沖縄藩の廃止、首里城の明け渡し、沖縄県の設置、県令(今の知事)・鍋島直彬の派遣などを断行しました。「琉球処分」と言いますが、ここで初めて沖縄が正式に日本領になりました。

 つまり沖縄は決して日本古来の領土ではなく、いろいろな意味で表題の「もう少し沖縄について真剣に考えようではないか」となります。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:10 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
この記事は、米軍か兵士達をまともに管理してない故の、沖縄での過去の事件(悲劇)について全く考慮していない。
そこを考えないと、軍事的プレゼンスどころではないだろう
日本が核兵器を持てば解決すると思うのですが、核を持てる日はいつ来るのでしょうかね
政治には素人ですが、
翁長知事および彼を支持した沖縄県民が求めているのは、
中国に与したいとか、日本を軍事的に弱体化させたいということではなくて、
単に「沖縄だけ」が過剰に米軍基地の負担を強いられていることを、
もっと「均等に」負担してほしいということではないですか?

嘗て日本政府は、沖縄に基地負担の軽減をはっきり公約しているはずですから、
米軍基地を県外へと主張する翁長知事の主張は、間違っていないと思います。
別に、日本から米軍基地を撤退させろといっているわけではなく、
公約通り、「県外へ」移転させればいいだけの話でしょう。

国家は、本来、国民を守るために存在するはずです。
全員を全く平等に、公平に、というのは無理だとしても、
米軍基地や原発のように、一部の弱い立場の人々に、
一方的に、あるいは札束で頬を叩くようにして、
過剰な負担やリスクを押しつけて「日本のために我慢しろ」と
強要するのは間違っているのではないでしょうか?

公約を掲げて当選した政治家に、その公約を破ることを是とする
闇株新聞様の主張は、「日本国」の「政治的」「軍事的」あるいは
「地政学的」スタンスとしてはとても「合理的」かもしれませんが、
民主主義を根本から否定しているとしか思えません。

闇株新聞様が沖縄県民で、日本のためにあえて不利益を甘受し続ける
というのならばそれはとてもご立派だと思いますが、
だからといってそれを他の人にも強要したり、
まして県外の立場から、「日本のために我慢するのが当然」というのは
間違っているのではないかと。
それは、「お国のために玉砕して当然」という
国家のために個人を犠牲にする戦前の日本と
なんら変わりないのではないでしょうか?
沖縄が日本古来のものではないというのであれば、米本土ももとはネイティブアメリカンの固有のものですね。現在支配しているアングロサクソンによる歴史は数世紀しかありません。
『墓標なき草原』
日本敗戦時南モンゴルには独立運動あるいは北モンゴルとの統一国家を目指す動きがあったが、それはソ連と支那の思惑のなかで消滅させられたとわかる。いま、南モンゴル高原には遊牧生活はない。モンゴル・ゲル(家・パオ)を見ることは観光地以外少ない。「退牧還草(牧畜をやめて草原を復活させる)」など環境保護を名目とする政策によって、元来牧畜が主のフルンブイルや
シリンゴルの人々でも定住家屋の周りだけで牛や羊を飼うという状況になった。
いまやモンゴル人学生すら遊牧の技術や道具をめぐる単語がわからないことが多い。農耕生活をするモンゴル人の方が多いからではないか。食事についていうと、「肉と乳」を主食にした伝統的食生活はほとんどない。北支の料理がモンゴル人の食卓に入り込み、伝統的な食生活からはかなり遠ざかったものになっている。まして観光客用のごちそうとなれば主に支那料理で、モンゴル料理はつけたしだ。
チンギス・ハーンとフビライ・ハーンについては、モンゴルの英雄か支那の英雄か、モンゴルの皇帝か支那の皇帝かが別々に論じられている。別々でなく一続きの問題として論じれば、すっきりと現代支那の歴史観がわかったはずである。
以前は漢人入植者による開墾そして砂漠化、今日では資源開発による草と水の荒廃である。そして、むかしもいまも変らぬものは、モンゴル人の故郷を開発して荒地化するのは漢人で開発されるのはモンゴル人、資源を収奪して利益を得るのは漢人企業でわりを食うのはモンゴルという事実である。したがって資源開発とそれにともなう自然破壊はただちに民族問題になってしまう。

モンゴルの乳利用の豊富さはヨーロッパのそれに匹敵するものであり、これを無視してはモンゴル文化は語れない。「世界の遊牧民のなかでモンゴルほど多様な乳製品をつくる民族はあるまい。ざっと30種余りの乳製品の名前が知られている。その中には、モンゴル独特のユニークな乳製品である、加熱脱脂して作る一種のクリーム製品ウルムや、乳で作る酒なども含まれる
(『乳利用の民族誌』雪印乳業健康生活研究所 1992 小長谷有紀論文)」さらに1958年からのいわゆる「チベット叛乱」の鎮圧に動員されて青海に入ったのは南モンゴルからのモンゴル騎兵隊だがこれがない。詳細は楊海英『チベットに舞う日本刀』(文藝春秋2014)で得られる。叛乱鎮圧のとき、モンゴル人騎兵隊は比較的優秀な武器をもって、逃亡するチベット人集団に襲いかかった。チベット人だけではなく青海のモンゴル人もたくさん殺した。私の学生の古里では成人の男がほとんどいなくなったところもある。叛乱で祖父を失ったチベット人のある若者は、「あの事件のことを父に聞くとすぐ泣いてしまうので、詳しいことはわかりません」といった。

文化大革命時の1960年代の後半、南モンゴルの独立を企んだとされる「新内モンゴル人民革命党事件」である。この捏造事件では、公式には34万6000人が逮捕・拷問され、1万6222人が殺され、30万人が障碍を
負ったという。今でもモンゴル人の人口は422万だから、これではジェノサイドといわれても仕方がない。内モンゴルは漢化の大洪水のなか溺死寸前、漢人の移住という人海戦術に敗北したという印象を受けた。「今日、モンゴル人は民族問題において皆慎重になっている。それは紛れもなく(新内人党事件という)この『冤罪』から得た『血の教訓』である」という文言があるが、実に至言というべきである。人は自分の故郷が他民族の植民地になったとしても生きなければならない。生きるためには「自由か、さもなくば死」などといってはいられない。


沖縄に負担ばかりと云う割には、基地利権に関しては意見が出ませんね。
一体、誰が儲かっているのだか。
まぁ、負担を強いるからこそ、
税金が投入されているのにその理屈は成り立たない。

沖縄2014年の一般会計歳入予算での自主財源1910億に対して、
国からの補助金5330億円ですね。これが不要だと仰るわけで?
これまでのふる~い化石のような考えからすれば・・・
民主主義の観点から沖縄の基地負担を考えれば移設すれば良いというご意見は、針のあな的思考回路あるいは米軍の基地がなくなれば都合よくなる国々の考えだろうと思います。私もひと昔前でしたらそのような説明にホイホイと同調したでしょう。しかし、今日の中国の動き、日常的に日本の領海を侵犯してやられている状況、また南シナ海の五個所の島を勝手に埋め立て基地化し、周りの国と紛争を起こしている状況からしますと、そのような絵空事を言っている場合ではありません。これまでの中国とは違うことをしっかりと認識すべきです。更に沖縄の立ち位置が、現知事さんになってでしょうか非常に危うい方向に陥っている感じがします。沖縄の皆さん、本当にこのことを今一度真剣に考えるべきではないでしょうか。現在の南シナ海、東シナ海を見ますとはっきりとしています。米軍が沖縄で睨みを利かしている事は、非常に重要な事ですし、しっかりと日米タッグを組んで中国の動きを封殺しなければなりません。今の中国の動きを見れば、米軍を県外に移せば良いというご意見は全く考えられません。もちろん中国からすれば思う壷でしょう。日本人で日本を守る為に早急に多方面からの防衛網を急ぐべきでしょう。言葉の遊びをやっている時間はないと思います。単なる言葉遊びで済む問題ではありません、ことは沖縄だけの問題ではなくなってきています。沖縄の米軍がいなくなったら一番動きを活発化させるのは何処ですか。冷静に考えればわかることです。
闇株様、
皆様、お初です。

当方は沖縄在住の者ですけども、一言申し上げて
「騒ぎすぎ」だと思います。

県民の大多数は政治に関心なく、日々の暮らしに
精一杯で、抗議活動なんて教員を終えられた先生方、
他府県からおいでの方達が騒いでいるという感想しか
持てません。

よく地元二紙と呼ばれる新聞も毎朝拝読してますが、
どこかのアジビラにしか読めず、強いて読むところは
死亡欄、テレビ欄くらいです。一面広告は高齢者向け
広告が非常に多く(健康関連等)、いかにマーケティング
された新聞であるか分かりますし、選挙に深い関心のある
層とも密接しているかという事になります。

いろいろと書きたくなりますが、要は鳩山総理の
空約束が大変な禍根であったと申し上げておきたいです。
異論は甘んじて受けます。一県民より。
孤独に震える犬 さま

沖縄在住の方の本音の意見を聞く機会がほとんどないため、ぜひもっとたくさんのコメントを頂きたいと思います。
本記事のコメント欄で結構ですので、今後とも貴重なご意見をお聞かせください。


闇株新聞編集部
現状の新聞、テレビ等のマスメディアは信用できないというのはどうやら共通の認識でしょうか。また、色々な人間が沖縄に来て騒いでいる、沖縄に米軍はいらないと煽っている集団も色々な人間、人種が中心になって煽っているのも本当の所でしょうね。日本人が中国で突然4人ですか、スパイ容疑で拘束されてますね。こいうのも見据えていかなくてはいけない感がします。また、韓国も同様に危険な国といえるでしょう。個人的には同盟国なんて思ってもいません。アメリカの戦略としてどうしても日韓としてひとくくりにしようとして、ある面で日本をコントロールしたいのでしょうが、この点も日本は、日米はいいよ、米韓もいいよ、だけどもはや日韓とひとくくりにするのはやめてくれというのが最近の日本ではないですか。日本はこれまで韓国にいかに協力してあげたにも関わらず、韓国は反日をますます拡大させている。韓国大統領が今後も反日の流れを止めないならば、中国とは会っても韓国とは無理に会う必要はないと思います。安倍さんも同じではないでしょうか。このことをはっきりと世界に知らしめる必要がある気がします。ある面では、韓国は中国以上に悪辣ではないでしょうか。国連の事務総長も含めて・・・・日本は国連を信用しすぎますね。ユネスコの今回の南京虐殺に関しても、当時20万人しかいなかった都市で30万人の虐殺ですか、そもそも虐殺があった証拠はなんですか。日本国に説明はあったんですか。これって変ですね。そんなものが世界遺産登録ですか、びっくり仰天の何物でもないですね。今のユネスコ事務局長は元々生粋の共産党員ということですね。また、中国の抗日70年行事とかいうやつに出席しています。その直前に岸田外務大臣(この方、外務大臣としてふさわしくないのでは、ISの日本人人質問題に関しても頓珍漢な対応と思いますし、最近では北方問題でロシア外相との会談後二人の会見が流れてましたが、ロシア外相に領土問題はなかったと一方的に話される会見をされたのは外交上の敗北ですね。)と会ってます。岸田さんは、抗議しなかったんですかね。そのような偏見に満ちた行事にユネスコ事務局長が出席されるなんておかしいですもんね。国連事務総長が出席すること自体クレージーではないですか。このような間違ったことを日本国を真に代表している外務大臣として、口パクではなくなるほど言ってくれてるという外務大臣という姿が全く見受けられません。ユネスコへの拠出金は、日本は現状トップと聞いてます。もし、この南京虐殺世界遺産登録内容が間違っているならば、即刻拠出金は停止すべきだと思います。世界に納得していただくには、何故日本が怒っているのかその内容をしっかり理解していただく為には、単なる抗議だけでは到底届かないと思います。ちょとそれましたが流れとして意見を述べさして頂きました。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム