闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

どうして円高が止まらないのか?

2016年02月25日

どうして円高が止まらないのか?


 最初にお断りしておきますが、本日は大変に感覚的な記事です。

 1月29日の「唐突な」マイナス金利導入には、円高に振れ始めた円相場を再び円安に戻す目的があったはずです。

 本日(2月24日)午後11時現在の円相場と、マイナス金利導入前日の1月28日のNY終値(カッコ内)を比較してみます。実際はマイナス金利導入発表直後に少し円安となりましたが、何度か書いたように大変な「誇大発表」で参考にならないので無視します。

 羅列になりますが、1ドル=111.71円(118.80円)、1ユーロ=122.68円(129.97円)、1ポンド=155.54円(170.60円)、1豪ドル=79.92円(84.17円)、1人民元=17.08円(17.94円)となっています。

 つまりマイナス金利を発表したにもかかわらず、かなりの円高になっています。マイナス金利が「誇大発表」だったとしても実際に市中の短期金利はマイナスとなり、本日は再び10年までの国債利回りがマイナスとなるなかで、円高が加速していることになります。

 2月12日付け「国際収支統計から読む円高反転」でも書いたように、本邦機関投資家の対外投資は2014年10月31日の追加量的緩和から加速しました。GPIFの資産構成比率が変更され株式と海外資産の比率が大幅に拡大されたのも同じ日で、それを受けて官民の機関投資家が「狂ったように」日本株と海外資産(株と債券)を買い越していました。

 2015年暦年の官民の本邦機関投資家の海外資産(株と債券)買い越し額は36兆円、2014年暦年の買い越し額は11兆円、これに対して「異次元」量的緩和が4月から導入された2013年暦年は何と8兆円の売り越しでした。

 つまり本邦機関投資家は、円相場が年間平均で1ドル=97円、1ユーロ=129円だった2013年に海外資産を8兆円売り越し、1ドル=106円、1ユーロ=140円だった2014年に11兆円買い越し、1ドル=121円、1ユーロ=134円だった2015年に36兆円も買い越したことになります。

 繰り返しですが本日(午後11時現在)は1ドル=111.71円、1ユーロ=122.68円となっています。これは官民の本邦機関投資家を批判しているのではなく、追加量的緩和後である2015年の36兆円ペースの海外資産買い越し(それも大半を上海株式が急落した8月までに積み上げたはずです)を継続しない限り、以前の円安には戻れないと考えるからです。

 昨年12月にFRBが利上げして、本年1月29日に日銀がマイナス金利導入を発表したにもかかわらわらず(実施は2月16日から)一向に円安にならないなかで、官民の本邦機関投資家は海外資産を買い増すこともできず、たまらず一部を損切りしたり外貨のヘッジ売りをしたりで、ますます円高が加速しているはずです。

 もちろんそれに個人投資家のFX取引を含む「短期売買」も加わっているはずですが、(今のところ)いわゆるヘッジファンドの円買いはそれほど大きくないようです。

 本日(2月24日)の円相場を見ていると、日中に1ドル=111円台に入ると112円台に何度か押し戻されていましたが、夜間の海外時間に入ると111円台のままです。また日本が休日だった2月11日に一瞬1ドル=110.96円まで円高になった時も「為替介入」のうわさが出て、週明けの2月15日には1ドル=113円台まで戻っていました。

 実際には為替介入ではなかったはずですが、2月11日の一瞬の110円台とか、本日の1ドル=111円台では、官制(民間ではないと思います)機関投資家のドル買いが入っていたような気がします。ドルだけ「値持ち」がよいため、ECBの追加緩和があるはずのユーロは敬遠しているようです。

 またドルだけではなく、本日は円高だった割には日経平均が136円安と「比較的堅調」で、GPIFなど官制機関投資家が海外資産(ドル)だけでなく日本株も買っていたような気がします。

 今よりはるかに株高・円安だった時期に日本株や海外資産を「狂ったように」買っていたことに比べれば結構なことですが、経験的に言えることは当局の意向をうけて中途半端な買い支えを行っているなら、必ず大型ヘッジファンドが仕掛けるタイミングを伺っているものです。

 その「仕掛け」とは日本株売り、円買い、それに(たぶん)長期国債売りのはずです。そのように仕掛けられると日本中が間違いなくパニックになるからです。

 本日は「そんな感じがする」ため、予定を変更して感覚的な記事となりました。予定していた記事は明日に掲載します。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
質問です
最後のヘッジファンドの日本株売り、円買いはわかるのですが、長期国債売りは何が狙いなんですか?
円買い、株安が進むと債券は買われてさらに金利は下がるように思うんですが。国債暴落を狙っているということでしょうか?
通りすがり さま

 これは実際に長期国債利回りの上昇(価格下落)に賭けることを真剣に検討しているかなり大きなヘッジファンドが複数いるというインサイダー情報です(数年前から外れ続けているカイル・バスではありません)。

 ヘッジファンドの考え方として「確率ではなく負けた時の負け分より買った時の勝ち分が大きい取引」「ほかのポジションと相乗効果がある取引」を優先します。前者はともかくとして、長期金利が上昇すると(市場は想定していないこともあり)株安・円高を加速すると考えられるからです。

 ただし空売りする長期国債の調達が難しいことと、フェイルしたときの資金負担が大きいこと、先物は7年債にしか連動しないので(先物価格が150以上だから)ベーシスリスクが大きく代替に使えないなど技術的な問題があるため大規模にはスタートできていないようです。10年国債利回りが2月9日に一度マイナスになったときには少額の取引があったようです(すぐに0.08%くらいまで上昇していました)。

 この技術的な問題をどうクリアするかを、本誌も「頭の体操」で考えています。思いついたら結構儲かる取引になるかもしれません。逆に言えばクリアできないから10年国債利回りまでマイナスになってしまっているのでしょう。

闇株新聞編集部
最近の円高は
原油安で行き詰った産油国の日本株売り、シナの為替維持の為の日本株売りが主原因の一つだと云う見立てを
よくブログ記事で見かけますよね・・
円高になる要因は本邦機関投資家の影響が大きいとのことでしょうか。
よく、「リスク回避の円買い」と言われますが、実際円高になる主因がわかりません。
日米の金利の差の影響とか、円キャリー取引の巻き戻しの影響とかも言われますが実際、どうなのでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム