闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本では円がいくら余っていても外貨不足である

2016年03月29日

日本では円がいくら余っていても外貨不足である


 外国人投資家による日本株売りが続いています。このままでは今年度(2015年4月~2016年3月)はリーマンショックがあった2008年度以来7年ぶりの売り越しになるだけでなく、売り越し額も過去最高の4兆9000億円ほどになってしまいそうです。

 外国人投資家はアベノミクス相場の起点となる2012年11月から2015年5月までに日本株を累計21兆円も買い越していたのですが、文字通り株価上昇の牽引であった外国人買いがここにきて「反転」していることになります。

 一方で3月25日に発表された資金循環統計によりますと、外国人投資家は2015年12月末時点で日本国債(短期国債を含む)を前年比17兆円増の110兆円保有しており、国債全体に占める保有比率が10.6%(前年は9.1%)となりました。

 つまり外国人投資家は日本国債を買って日本株を売っていることになり、GPIFなど公的資金とは正反対の行動をとっていることになります。

 大変大雑把な集計ですが、2015年1~12月と2016年1月をあわせた13か月間で日本の経常収支は17兆円の黒字(資金流入)であり、一方で本邦企業の対外直接投資と本邦機関投資家の対外株式・債券投資をあわせると54兆円もの資金流出でした。

 つまりここまでで37兆円の資金流出となります。

 これに対して外国人投資家は日本国債(短期国債を含む)を19兆円買い越し、日本株を1兆円売り越しているため(買い越しだった2015年1~3月が入り、売り越しの2016年2~3月が入っていないため)ここで18兆円の資金流入となりますが、まだここまでで19兆円の資金流出のままです。

 しかし邦銀が海外から資金(外貨)を14兆円借り入れているため(国際収支統計では「その他投資」のマイナスと集計されています)差し引きでは5兆円の資金流出となります。

 日本は中国と違って厳しい為替管理は行っていないため、日本人は自由に対外投資ができ、もちろん外国人も自由に対外投資ができますが、その結果は2015年1月~2016年1月で見ると経常収支の黒字と外国人投資家による日本国債買いによる資金流入をはるかにこえる本邦企業・投資家による対外投資があったため、日本国内では大幅な外貨不足となり邦銀が海外から外貨を借り入れて補っている構造となります。

 足元では外国人投資家が日本株の売り越しに転じていますが、本邦企業や機関投資家の対外投資もさすがにペースが落ちているはずで、当面はそれほど外貨不足が拡大すると心配する必要はなさそうです。

 ここで外貨不足と言っても「日本では円がいくらでも余っているのだから、外為市場でいくらでもドルに交換すればよいだけではないか?」と考えられると思いますが、実はそれほど単純ではありません。

 邦銀が円を外貨に換えるとき、常に金利差以上にプレミアムを支払う必要があります。つまり日本人が円をドルに換えると金利差以上に、ひどいときには年率1%ものプレミアムを相手方(外銀など)に支払っています。

 これは外銀などが邦銀から円を借りてドルを貸せば、外銀はマイナス金利で円を調達できることを意味します。これは最近のマイナス金利でそうなったわけではなく、ずっと前からそうです。

 それでは外銀はマイナス金利で調達した円を邦銀にゼロ金利でも預金しておけばマイナス金利分が儲かるのですが、それでは邦銀に対するクレジットリスクを心配しなければならないため、クレジットリスクのない(少ない?)短期国債を多少のマイナス利回りでも買っていました。

 これが昨年に外国人投資家の日本国債買いが急増した主な理由です。
 
 それでは日本には外貨準備が1兆2000億ドルもあるのだから、それを安く邦銀に貸してやればよいではないか?ですが、それはその通りです。

 つまり外貨準備で保有する米国債を売却して邦銀に預金すればよいだけで、実際にもわずかにそういう動きも見られますが、まだまだ本格的にはそうなっていません。

 つまり日本は円を国際化する努力を怠っているので、いつまでたっても円はローカル通貨のままであり、新興国経済と変わらない外貨不足に悩まされることもあるのです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
プレミアムというのはBidOfferのspreadの事でしょうか?外貨買いのボリュームは実需側で決まり外銀側の都合では決まりませんので、これを外人のJGB買い急増の主因とするのは無理があるように思いますが、その点いかがでしょうか?又金利収入のある米債を手放して邦銀に預金するというのは単に国から民間への富の移転で、しかも当局が恣意的に預金先を選べるので良いアイデアには思えないのですが、理解が間違っていればご指摘頂けますと幸いです。
>これは最近のマイナス金利でそうなったわけではなく、ずっと前からそうです。
いつ頃からこのようになったのか具体的な数字はお持ちですか?
どの数字を見れば良いのかご教示いただけるとありがたいです
>>外貨準備で保有する米国債を売却して邦銀に預金すればよい

米国債を売却すると米国からミサイルが飛んでくるんじゃないですか?
>>PMNYさん

預ける銀行選びの大半は入札でやりますので問題はないかと。
この前なんか市が5億の定期預金やるのにも市内に支店のある銀行全部呼び出して入札しましたよ。
「今どき円預金なんかいるか、市役所までいく時間が勿体ない」とも思いましたが行かないわけにもいかず、参加しましたよ。結果は信金が異様な高金利を提示してもっていきました。
増税延期のニュースが盛り上がってますが、これだけニュースが流れても安倍総理は相変わらず延期はないと言っています。
誰のために、なんのために、そんなポーズを取る必要があるのでしょう?
コメントを頂いた皆様へ

 明らかに説明不足だったようですので、近いうちに「続き」の記事を書きお答えします。

闇株新聞編集部
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム