闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

まだまだある株式市場のとんでもない話

2011年06月09日

まだまだある株式市場のとんでもない話


 昭和ホールディングス(旧社名:昭和ゴム・東証2部上場・コード5103)と言う会社があります。6月に入ってから株価が約3倍になっています。

 この会社は、平成20年6月12日に増資のIRを発表しました。

 内容は、タイを本拠地とする運用資産が1000億円あるという投資ファンドに1500万株の第三者割当増資を引き受けてもらい、12億4500万円を調達すると言うものでした。払い込み価格は83円で、払い込み後にこのファンドは36%の議決権を保有する株主になるとのことでした。

 IR資料によりますと、いままでの負の遺産をこれで解決できると非常に期待していたようで、払い込み日である平成20年6月27日の2日後に開催される定時株主総会の議決権を与え、このファンドの代表者である日本人をはじめ数名を取締役に選任して、実質経営権を引き渡すと言うものでした。

 またこのファンドは、それまでにウエッジ・ホールディングス(ジャスダック上場・コード2388)の過半数の株式を保有して傘下に入れていました。

 ところが同年10月になって、昭和ホールディングスは払い込みのあった1ヶ月後に、このファンドの発行するCPを11億円購入していたことを発表しました。
 重要なことなので繰り返しますが、このCPを購入した(要するに資金を投資家に還流させた)時点では、経営陣はすっかりファンド側の人間にとって代わられていたのです。

 これに対して約2年後の平成22年7月29日に、上記増資について架空増資の疑いで証券取引等監視委員会の強制捜査を受けた(実際は6月8日だった)と発表しました。

 増資で払い込まれた資金がそっくりと投資家に還流しているため、教科書に載せていい架空増資ですが、なぜかその後何の進展もしていないようです。

 運用資金が1000億円もあるはずのファンド(これも虚偽開示です!)としては、随分ケチくさいことをしたものなのですが、その後も驚愕の事実が分かります。

 同年12月3日に、昭和ホールディングスがこのファンドが発行する債券を、何と27億円も保有していることを認めて発表したのです。多分強制捜査で見つかって開示せざるを得なくなったのでしょうが、あくまでも有利な余資運用として利息も受け取っていると強調しています。

 最初のCPにしろ、この債券にしろ、何の流動性も資産性もない単なるファンドの借用証書で、このファンドは昭和ホールディングスの資金を勝手に使いこんでいたのです。

 そして今月に入って、この27億円の弁済として、いくらかの現金とファンドが保有しているウエッジ・ホールディングスの株式を受取ったので、ほぼ全額回収したとの発表を行いました。
 また、別途このファンドの保有している非上場会社(和菓子屋だそうです)を現金で買収することを発表しています。

 最近の株価上昇は、この辺を反映しているようです。

 しかし、ちょっと考えたら分かるのですが、このファンドは依然として昭和ホールディングスの大株主で、このファンド代表をはじめとする人間で取締役会の過半を占めており、すべての機関決定がお手盛りなのです。

 たとえ、ウエッジ・ホールディングスを引き渡そうが、和菓子屋を引き渡そうが、現金を渡そうが、全てファンドのものであることは間違いなく、単に置き場所を変えただけで何も支払ってないことと同じなのです。

 むしろ、それで株価が上昇して、ファンドにとって良い事ずくめなのです。

 返済が形式的にも終わったので、多分証券取引等監視委員会は見逃すのだと思いますが、実際は如何に会社を食い物にしているのかをよく見るべきです。

 正確に言うと、増資して株式を受取り、増資で払い込んだ資金をはるかに上回る現金を会社から引き出して使ってしまい、流動性のない資産を適当な価格で引き渡して返済したことにし、結果手持ちの株式の価格を上昇させたのです。

 これだけの説明の中にも、数多くの証券取引法違反の疑いが強い部分があります。

 まず、引き出した資金を返済しても架空増資は消えません。それより、資金が引き出されているので、増資によって会社の資産内容が改善されてもいないのに増資が完了したと開示を行うことは、投資家に誤った情報を伝える立派な偽計取引です。

 ライブドアの堀江元社長は、この偽計取引で実刑になったのです。

 これを見逃すようであれば、証券取引等監視委員会は形式犯ばかりを追いかけて、本当に株式市場を食い物にしている輩(やから)に対しては全く何もしていないことになります。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
いつも面白く拝見しています。
昭和ホールディングス、典型的なハコ企業として喰い物にされますね。
分からないのは何故こんな会社の株価が上昇するのでしょうか?本業と関係のない会社の株式を取得しても単にボロ資産の入れ替えに過ぎないと思うのですが・・何か株価誘導のためのからくりがあるような気がします。
http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20160219_01.html
あら
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム