闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ひとまず「ほっとした」日銀の追加緩和見送り

2016年04月28日

ひとまず「ほっとした」日銀の追加緩和見送り


 日銀は本日(4月28日)まで開催されていた政策決定会合で、現行の金融政策をすべて現状維持とすると午後零時過ぎに発表しました。

 午前中は日経平均が281円高の17572円、円相場も1ドル=111.88円まで株高・円安となっていたのですが発表を受けて急変し、午後3時の大引け時点で日経平均は624円安の16666円(オーメン?)、円相場は1ドル=108.77円となりました。

 日経平均は直近安値となった4月18日の16275円(終値)、円相場も同日の一時1ドル=107.84円から追加緩和と消費増税再延期への期待が盛り上がって株高・円安となっていましたが、少なくとも追加緩和については期待を裏切られたことになります。

 政策決定会合の本日の評決は、もともと日銀首脳部(総裁・副総裁2名)から提案された内容が現状維持だったため波乱はなく、いつも日銀の国債保有残高増加額を年間45兆円にすると提案している木内委員だけが反対し、8:1で決定されました。

 今回の政策決定会合から、本年1月のマイナス金利導入に反対した白井委員(学者枠)の後任に「絶対反対しない」と期待されて選ばれた桜井委員が初出席していたのですが、波乱なく終わりました。

 また2014年10月の追加量的緩和と本年1月のマイナス金利導入に反対した石田委員(銀行枠)も本年6月に任期切れとなり、その後任も「絶対反対しない」委員が選ばれるはずで、証券枠の佐藤委員と木内委員は2017年7月まで任期があるものの、今後の政策決定会合は「無風」となってしまいます。

 さて現状維持の発表後にこれだけ株安・円高になっているのに、何で表題が「ほっとした」となっているのか?ですが、これまでも何度も書いているようにこれ以上の量的緩和拡大と「とくに」マイナス金利幅の拡大は日本経済にダメージしか与えないことと、ここで大蔵省傘下となった日銀が追加緩和に踏み切れば消費増税が予定通り2017年4月に実施されることが「ほぼ確定してしまう」からです。

 それが少なくとも現時点においては「量的緩和」「マイナス金利」「消費増税」という「悪夢の3点セット」がさらに強化され、日本経済がほとんど回復不能の大不況に突入してしまう事態だけは回避できたからです。

 ずっと回避できるという意味ではありませんが少なくとも今回だけは回避され、日本経済は辛うじて延命できる「かすかな期待」が出てきたので、とりあえず「ほっとした」わけです。

 日経平均と円相場は勝手に「追加緩和で株高・円安になる」とはしゃいでいただけなので、多少の調整があることは当然です。もし今回、追加緩和(それも量的緩和拡大とマイナス金利幅の拡大のセット)が強行されていたなら、伸びきった株高・円安が近いうちに大反転していたはずです。

 ここで「はしゃいでいた部分」が早く剥げ落ちれば、その後の日経平均はかえって期待でき、円相場も急激な円高に見舞われる事態は避けられるはずです。

 今後の最大のポイントは、消費増税がどうなるか?で、それに関連して(ほぼなくなったと考えられている)衆議院解散・衆参同日選挙はあるのか?となります。

 いつも書いているように消費増税の再延期について安倍首相は、国会内でも自民党内でも官邸内ですら「少数派」であり、旧大蔵省をはじめとする官僚組織から見れば「反対勢力」で「排除すべき対象」となるのですが、実はここ数日の間に「ほんの少しだけ」風向きが変わっていると感じていました。

 まだここに書けるほど確信がありませんが、旧大蔵省も「たくさんの条件付きではありますが」消費増税の再延期(中止ではありません)に応じてもよいとの雰囲気が少しだけ出ていると感じます。
 
 それを反映した本日の緩和見送りなら、日本経済にとっても株式市場にとっても「大変に結構なこと」となります。

 この辺も含めて、もちろん今後の相場も含めて、5月2日のメルマガ「闇株新聞 プレミアム」でじっくり解説することにします。メルマガはゴールデンウィーク中も休みません。

 闇株新聞は通常より更新が少なくなるかもしれませんが、お休みということではありません。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:11 | TrackBack:0
関連記事
コメント
消費税増税は本当に「延期」ですかね?
延期とはいえこのまま増税すれば軽減税率とセット。
軽減税率付きというのは「あの」財務省の苦渋の妥協案のようですが。
そんな妥協案で通しますかね?
消費税の影響
消費税は調剤薬局にも悪影響が出るそうです。
小さい薬局は消費税のせいで現状は赤字かトントンみたいです。
増税でチェーン店とドラッグストアだらけになりますね。
今回の追加緩和見送りが、日本の株式市場にとって良かったとの見方ですが、違和感があります。
引用
日経平均と円相場は勝手に「追加緩和で株高・円安になる」とはしゃいでいただけなので、多少の調整があることは当然です。もし今回、追加緩和(それも量的緩和拡大とマイナス金利幅の拡大のセット)が強行されていたなら、伸びきった株高・円安が近いうちに大反転していたはずです。
 ここで「はしゃいでいた部分」が早く剥げ落ちれば、その後の日経平均はかえって期待でき、円相場も急激な円高に見舞われる事態は避けられるはずです。

理由とされてるのはこの辺りでしょうが
根拠が薄弱です。

結局、期待は次回の金融決定会合までまた持ち越されるだけで、その間に日本株が上昇している保証はありません。
次回は6月ですが時期的に考えて、参院選の為に追加緩和をするとしたら遅すぎる。

もし、安倍首相と黒田総裁が連携(確かそのような記事を書かれていたと承知してます)しているなら今月実施していたはずで、熊本地震の影響も考えるとタイミング的にはベストだったでしょう。

今回の追加緩和の見送りは、マイナス金利効果の行方の見定めの為と言ってますが、貴誌はマイナス金利政策は効果は無いと断言されています。
その事から考えても株価が反転(上昇)するとは考えにくいですね、むしろ今後も追加緩和は行えないと判断される可能性が高いでしょう。

尚、余談ですが財務省が消費増税に固執する理由として、省益の為であり、それは天下り先確保と書かれてあります、これについても如何なものかと思われます。
消費税増税の理由
アクセルを踏む(金融緩和する)一方で、ブレーキをかける(消費税増税する)のは、インフレが亢進しハイパーインフレに結び付くことを防止するためです。
日本が東シナ海を挟んで巨大な中国と対峙している現在、中国よりも早く財政破綻することは自滅に等しいです。
現在、中国経済は不調であり、日本から中国向け輸出も増加せず、日本経済は浮上できません。消費税増税ブレーキは法律が必要なため一回限りであり、景気が悪い今使ってしまうにはもったいないです。

BON 様へ

細かいところですが、最後に余談として付け加えられている「財務省は消費増税を省益のために行う」の意味は、財務官僚の職務として財源確保が最優先であるため、職務遂行に懸命になると「何が何でも消費増税実施」になってしまうという意味です。つまり省益とは「最優先に取り組むべき職務」と捕えてください。

天下り先確保は財務省だけでなく官僚組織全体について言えることで、必ずしも消費増税=省益(最優先に取り組むべき職務)=天下りと結びつけているわけではありません。ただ日銀総裁は財務官僚にとって15年ぶりに取り戻した天下り先であることは事実で、その弊害は確かに出てきています。

それから本誌は、マイナス金利に効果がないのではなく「弊害しかない」と考えています。この辺を含めてご指摘のポイントはすべてメルマガ「闇株新聞 プレミアム」で毎週くわしく解説していますが、闇株新聞でもできるだけ簡潔に書き加えるようにします。

闇株新聞編集部
こちらの闇株新聞のGW中の休刊日おしえてください
職務遂行でおかしくなる
目的のためなら何でもするようになるのが
日本のお家芸ですかね
神風特攻から昨今の不正、財務官僚

隣近所の迷惑を顧みないのはだめだってわかってるはずなのに、なぜか仕事だと面子やあれこれが邪魔をしてやってしまう

官僚を責めるより組織不全が蔓延してるのでうちもそうだから何もいえないよなぁって気持ちになります
円相場
日銀が金融緩和を見送って、円は106円台になり、日経は先物で15800円台となっています。闇株新聞が主張
されておられる反応としては円高・株安に触れ過ぎだと思うの
ですが、仕掛けられたに過ぎないのでしょうか?以前円は108円どころと言われておられたように思うのですが、オーバーシュートしているのでしょうか?
4/21のコメント覧にて闇株さんは、

旧大蔵官僚の高笑いが聞こえてきます。
もちろん消費増税は予定通り引き上げられます。
震災だからなんて甘い期待はしないことです。

と仰っていましたが、

ほんの少しだけ」
風向きが変わっていると感じていました。
と書いたのは、予想変更の可能性もと言うことでしょうか?

投資家が今最も知りたいのは政治や省庁の蘊蓄以前に、
今は、買いか売りかどちらなのかと言うことだけであると思われます。


以後も
確率の高い先読みを期待しております!
私も闇株新聞様と同じ見解です。
1月のマイナス金利導入は誰も予想していなかった株式市場へのポジティブサプライズ(内容は大したことなかったという見方もありますが)であったはずが結局、ほんの3日?で急激な円高・株安に振れた訳で金融緩和は解熱剤と一緒で一時凌ぎにしかならない。むしろ、弊害の方が大きい(銀行、生保の業績不振はもちろん、一般事業会社の退職積立金も話題に上がってますよね?)と思っています。
今回も追加緩和していたとして果たして相場が反転し夏の参院選まで1万8千円超を維持できていたとは思えません。(良い逃げ場にはなったと思いますが。笑)
ただ、闇株新聞様は円高の方が国益になるという見解をお持ちですが、個人的には115〜120円程度で安定する「心地の良い円安」くらいがいいのかなと思っています。
輸出企業の業績に良いのもそおですが、円安はコスト増要因と言われる内需企業も80円台の頃より去年あたりの方が軒並み好業績だったと思うのですがいかがでしょうか?
日本は今、貿易黒字が続いているので、基本的に円は安すぎるのでは
ないでしょうか。
円安の弊害が出ていないのは、原油価格が安すぎるからでは?
原価割れ寸前という、今の原油価格が異常であって
本来の価格になれば、もっと円安の弊害が出てくるように思うのですが。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム