闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

勝負あった米国大統領選挙の候補者選び

2016年05月06日

勝負あった米国大統領選挙の候補者選び


 米国大統領選挙は5月3日にインディアナ州で予備選が行われ、共和党ではドナルド・トランプ候補が圧勝して57人の代議員を総取りしました。今月から共闘を組んだばかりのクルーズ候補とケーシック候補は予想外の大敗となり共に撤退を余儀なくされ、トランプ候補の指名が確実となりました。

 もともとクルーズ候補とケーシック候補は主義主張がかなり違うもののトランプ候補の過半数獲得阻止だけを目論んだ安直な「野合」だったため、さすがに呆れられ撤退を早めただけの結果に終わりました。

 一方の民主党ではヒラリー・クリントン候補がインディアナ州の予備選でも社会主義者・サンダース候補に敗れるなど信じられないほど失速していますが、全州で代議員が比例配分されることや投票結果に縛られない特別代議員が多いなどの「民主党の予備選システム」にも助けられ、指名はすでに確定的です。

 あと残るわずかな可能性は、共和党主流派が独自候補を第三政党から担ぎ出すことですが、このためにはほとんどの州で多数の署名を集めて大統領候補として登録する必要があり、あまり実際的ではありません。

 つまり11月8日の投票で選ばれる第45代大統領はヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの「どちらか」であると、ほぼ正式に決定されたことになります。

 昨年夏に実質的にスタートしていた米国大統領選挙は、結果的に「日本にとって最も好ましくない候補」と「日本にとって2番目に好ましくない候補」が勝ち残ったことになります。

 最も好ましくない方がヒラリー・クリントンで、2番目に好ましくない方がドナルド・トランプです。

 そもそも現職のオバマ大統領は、2008年の大統領選挙で掲げた公約であるイラク戦争からの撤退と、ノーベル平和賞を受賞した2009年のプラハ核軍縮演説で外交が完全に自縄自縛となり、その結果で内政でもすっかり指導力を失ったおそらく「戦後最弱の米国大統領」となります。

 つまりオバマは「何事も格好をつけたがる」「強い相手と正面から戦わない」大統領ですが、実はヒラリー・クリントンは「もっと格好をつけたがる」「強い相手と戦わず自らすり寄る」さらに「その時々で格好をつける相手が変わる(つまり言うことが変わる)」「その時々ですり寄る相手を選ぶ(つまりしょっちゅう変わる)」という大変に困った大統領候補となります。

 ほんの一例ですが、オバマ政権前半に国務長官として主導したTPPを、大統領選挙で産業界の支持を得るためあっさりと反対に回っています。

 何よりも日本にとって最大の問題は(夫ともども)中国に異常に近いことです。これは日本ではあまり知られていませんが、米国で(特に最近は)周知の事実です。

 じゃあドナルド・トランプの方が「マシ」なのか?というと、もちろんそんな単純ではありませんが、少なくとも日本がハッキリと立場を明確にして「主張すべきは主張して、協力するべきは協力すれば」ヒラリーよりは救われるような気がします。

 ビジネス界出身で、ワシントンの論理にも共和党の支持母体にも簡単に与(くみ)しないトランプは、少なくとも取引できる相手であると考えます。もちろん単純な楽観論ではありませんが、少なくともヒラリーとの比較ではそうです。

 トランプは指名を得るまでは、政策も何もなしに「とにかく過激に」「とにかく目立つように」行動していましたが、大統領選本選に向けてはさすがに政策のプロを雇い、まともな政策論争を始めるはずです。

 もっともその政策のプロも何度もクビにして取り替えるはずですが、歴代の大統領候補は選挙戦の功労者を順番に政策責任者に据えていることに比べれば、はるかにまともな政策がでてくるような気もします。

 まあ日本については「明らかに勉強不足」のようですが、漏れ伝わってくる安保条約や核装備の見直しなども、逃げずに日本に最も有利なアイデアを正面からぶつけるチャンスと考えます。

 繰り返しですが、日本にとってヒラリーは交渉不能の最悪、トランプは(決して楽観していませんが)交渉の余地はある2番目の最悪となります。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
「トランプ大統領」に備えよ。 -TPP、米露同盟、および核武装-
■「トランプ大統領」に備えよ。 -TPP、米露同盟、および核武装-

●トランプの主張するTPP参加破棄は、別の方法で中国包囲網機能が補完されるならば日本にとってウェルカムである。
●トランプとプーチンは、公言し合っているように肌が合う。「米露同盟」が結ばれる場合には、日本は可能なら3国同盟化、少なくとも仲介等により優位な立場で絡まなければならない。
●トランプであろうが無かろうが、ファイナンスに行き詰まった米国は日本により防衛負担増を求める。日本はこれを、自主防衛を高める契機とすべきである。
ただし、核武装は別次元の問題であり、切り離して駆け引きしなければならない。

◆ケーシック副大統領?◆
トランプは、不法移民対策やテロ対策である意味現実離れした過激な主張をする一方、自分は政治家ではないので、実際の行政はプロの政治家に任せるとも発言しており、副大統領候補選び(ペイリン元アラスカ州知事となる場合は、国務長官選び)が実際の「トランプ政権」を性格付けるだろう。

何れにしても、大統領本選挙の結果は、様々な要素、なかんずく今後大なり小なり起こる可能性のある米国内外のテロの規模、背景、タイミングにより、米国世論がどちらに転ぶかによって大きく左右されると思われる。

◆TPP参加破棄◆
さて前置きが長くなったが、米国「トランプ政権」が成立する蓋然性が相当程度ある以上、我が国日本としても、その備えをして置く事は当然に必要である。
外務省が情報収集を始めたと既に公式に発表したが、それと並行して国家レベルでの対応基本戦略を今から検討して置かねばならない。

まず、トランプは「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は米国民の利益にならず参加を破棄する」と公言しているように、もしトランプ政権が成立すれば恐らく破棄するであろう。

そもそもTPPには、次の3つの機能がある。(1)自由貿易の理想の実現、(2)中国包囲網の構築、(3)米国(グローバル)企業による日本からの収奪である。
(1)と(2)は、日本の利益になるが、(3)についてはISDS条項(投資家対国家間の紛争解決条項)や、ラチェット規定 (自由化不可逆規定)のような強力な武器がTPPに組み込まれており、丁々発止の米国(グローバル)企業・弁護士・およびロビーに動かされる米議会により日本企業・政府・国民が手玉に取られ毟り取られる可能性が高い。

もし、TPPの持つ中国包囲網の機能が別の方法で補完されるならば、米国のTPP参加破棄は日本にとってウェルカムである。
ただし、トランプは誤解も含めて中国と並んで日本を貿易不均衡国として名指ししており、更に過酷な要求をしてくる可能性は想定して置かねばならない。

◆「米露同盟」と日本◆
「トランプ政権」となった場合に、「米露同盟」が締結される可能性も相当程度ある。
トランプとプーチンは、公言し合っているように肌が合う。
トランプが「米国の復活」を本気で進めるならば、「米露同盟」締結で中国を牽制し、中東関与を薄め、軍事予算を減らすのは合理的な選択肢だろう。
これまで、その選択を阻害していたのには、中国贔屓のキッシンジャーと、オバマの外交指南役にしてポーランド難民で旧ソ連に恨みを持つブレジンスキーという米外交戦略の2大巨頭の力が大きかった。
しかし、東欧・中東での度重なる失策と中国の台頭で2人の発言力も低下し、若しくは微妙に方向転換しており、ハードルは下がって来ている。

「米露同盟」が結ばれる場合には、日本は北方領土問題に筋道を付けて置き可能なら3国同盟化、少なくとも仲介等により優位な立場で絡まなければならない。
米露が日本の頭越しで同盟を結ぶ場合、日本の関与する余地は少ないが大国同士の面子維持のため調印式は第三国で行う等で、最悪象徴的な意味だけでも日本が絡むことは可能である。

◆防衛負担増と核武装、および新秩序◆
トランプであろうが無かろうが、ファイナンスに行き詰まった米国は日本により防衛負担増を求めて来る。

トランプ等の言う、日本安保ただ乗り論は、日本が相当額の米軍駐留経費を負担しているとしても、ある意味正しい。
米軍が日本を守っても、昨年成立した安保関連法によっても基本的には日本は米国を守らないのが日米安保条約の内容である。

トランプ等の主張する防衛負担増への対応には、日本が米軍駐留経費等を増額する選択と日本がより自主防衛を高める選択の2つがある。

筆者は、前者は選択すべきでないと考える。
理由として、トランプは大きく吹っかけて来るだろう。
第一、それにより日本がより主体性を失って行く事になる。

日本はこれを、自主防衛を高める契機とすべきである。
場合によっては、米国や米軍が危機に在るとき日本が助けに行ってもよい。
しかし、例えばイラク戦争のような筋の悪い戦争に、従属的に付き合うべきではない。
兵を出す際には、国際的大義を伴い、かつ長期的国益に適う場合にのみ主体的に出さねばならない。
その原則を具体化するために、日本は安全保障基本法を成立させ、進んでは憲法改正をすべきである。

ただし、トランプの言う、日韓から米軍が撤退した場合、両国の核武装を容認するという発言には飛躍がある。
米軍が撤退しても、米国の西向きおよび太平洋等の潜水艦搭載の核ミサイルは、中国と北朝鮮とロシアに向いている事は変わらないので、米軍の核配備費用が削減される訳ではない。(ただし、日韓が中・北に攻撃されたとき、米軍核ミサイル使用で米国が反撃されるリスクは減る。)

トランプの日韓核武装容認発言は、不動産王としての交渉術の側面が強いだろう。

日本にとって、核武装は別次元の問題であり、切り離して駆け引きしなければならない。
核拡散の危険性(残念ながら日本の現在の核管理能力の不足も含めて)を考えれば、費用負担の引き換えに米国管理の核ミサイルの発射ボタンを日本がシェアリングする、所謂「レンタル核」が現実的だろう。
もちろん、米国が日本の永遠の味方である保証はなく、そのために核の自主開発を出来る能力と核物質を(核管理能力を高めて)、国際社会を説得しつつ保持して置く必要もある。

よく言われるように、モンロー主義的に米国が他国への軍事的関与を減らして行くというのは、トランプもオバマも同じである。
ただ、オバマは負け犬風に、トランプは吠えながら撤退戦を行おうとしている。

米国が覇権を降りたら、米国の衰退は止まらず、世界も多極化し大混乱するとの恐れが外交軍事の専門家から語られており、筆者も賛同する。
しかし、米国も無い袖は振れまい。

筆者は、米露同盟に日本が加わり世界の安全保障体制の基軸を為す一方、イスラムを世俗化穏健化して統一させキリスト教はこれと和解し、他国も合わせ中国包囲網を完成させてその牙を抜く事が、今後の世界秩序の大戦略であらねばならないと考える。

これは、次期米大統領が誰になっても変わらない。
しかし、トランプ政権となった場合、事態は加速する。
日本はタフな交渉で国益を確保しつつ、この画を実現させるべく、より主体的に動く事が必要となるだろう。
安保法制は・・・・
法案を国会で可決しておいてよかったのではないかと思う。アメリカとは表上は強力な日米同盟をこれからも築いておくのは当たり前。しかし、もはや自国は自国で防衛するという状況がヒタヒタと迫って来ていると感じる。現状のアメリカ大統領選を見ていると、安保法制が国会を通過しておいて良かったと感じているのは、私だけだろうか。どう考えても異常なまでも憲法9条を唱える変な憲法学者、安保法制廃止と訳の訳の分からん事を言っている民進党。参院戦もおそらく退廃するんじゃないか。一般人は、憲法9条なんてあってもなくてもどうでも良い、なぜなら昨今の中国のやりたい放題の破壊的行為、韓国の反日行為、北朝鮮等危険な状況が沸き起こっている。自国防衛の為に現状の軍事力ではとても不足している。もっと軍事力を増強するのは当たり前。自国を防衛する為に安保法制を可決しておいたのはせめてもの救いに思える。何故なら周りの不埒国家に囲まれ、次期アメリカ大統領もあてにならいとなれば。戦争法案とか憲法9条とかで煽っているが、いかに世間ずれした動きか、ご当人達は自己満足の世界に酔っているという何とも情けない状況。それだけ言うのなら、日本をこれらの国家から防衛する、国民が安心できる対案を出して、民進党を筆頭に野党の皆さん、頼むよ!夢を見続けてはいけない。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム