闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日産を取り戻すどころか三菱自動車まで取られてしまった

2016年05月13日

日産を取り戻すどころか三菱自動車まで取られてしまった


 寄せられたコメントから拝借した表題です。日産自動車と三菱自動車は本日(5月12日)それぞれ取締役会を開催し、日産自動車がまさに「電光石火」で三菱自動車を傘下に入れてしまいました。

 三菱自動車は4月20日に、まさにその日産自動車からの「通報」で燃費データ不正が発覚したばかりでした。また両社は2011年から折半出資で軽自動車の共同企画会社を運営しており、日産自動車は燃費データ不正で三菱自動車が受けるダメージを比較的正確に見積もることができたはずです。

 本誌も「日産自動車を早くルノーから取り戻そう」と繰り返していたら、今度は「日産自動車に(正確にはフランス政府とルノーとカルロス・ゴーンに)三菱自動車まで取られてしまった」ことになります。

 本日(5月12日)夕方に発表されたプレスリリースでは、日産自動車が三菱自動車の新株・5億662万株を1株=468.52円で引き受け(投資金額2373億円)新株発行後の議決権の34.0%を保有する筆頭株主になると書かれています。日産自動車は実質的に三菱自動車を傘下に入れてしまうことになります。

 ただプレスリリースには、株式の取得は三菱自動車の株主である三菱グループと株主間契約を結び、規制当局の承認を経て、2016年5月末をめどにアライアンスの正式契約を締結し、2016年末までにすべての手続きが完了する見込みであるとも書かれています。

 つまり6月下旬に三菱自動車の株主総会が開催されるはずですが、そこで株主の承認が必要とは想定されておらず、三菱自動車の株主である三菱グループと根回しをしていたとも思えません。

 つまりこの新株発行は、株主総会で出席者の3分の2以上の賛成で承認される特別決議が必要な「重要案件」であることは間違いなく、また日産自動車が三菱グループに事前に相談していたらこんなにすんなり発表できたはずがありません。

 まさによく言えば「電光石火」、正確に言えば「燃費データ不正のどさくさに紛れて」、さらに多少の推測を入れれば「燃費データの不正を通報するタイミングも含めて最初から仕組んでいた」となります。

 三菱自動車は2000年と2004年に大規模なリコール隠しが発覚して経営危機に陥り、三菱グループの三菱重工、三菱商事、三菱東京UFJ銀行などが3800億円の優先株引き受けを含む総額6300億円もの金融支援を行いました。

 総額3800億円の優先株は(たぶん)一度も配当が支払われたことがないまま2015年までに2700億円が2000億円で償還され(つまり25%の償還損となり)、残る1100億円が普通株に転換され三菱グループが34%の議決権を保有して現在に至ります。2000億円の優先株の償還金は、公募増資などで総額2400億円以上を市場から調達して賄いました。

 しかしここで日産自動車が5億株以上の新株を引き受けてしまうと、三菱グループの議決権は22.4%くらいまで低下し、株主総会の特別決議に対する拒否権もなくなってしまいます。つまり2000年以降、グループを挙げて三菱自動車を支援してきた三菱グループは(投資損益でもほとんど利益が出ていないはずです)、単なる「ちょっと大きいだけの」一般株主になってしまいます。

 そこは「大変に人間ができている?」三菱グループなのでご立腹とはならないのかもしれませんが、普通なら「ふざけるな!」となるはずです。

 三菱グループでは三菱商事が資源開発で大赤字となり、三菱重工は1000億円で受注した大型客船2隻で2300億円以上も損失となり「それどころではない」かもしれませんが、少しは日本のために抵抗してみるべきです。

 日産自動車をルノーから取り返すことに比べればはるかに簡単で、三菱自動車の新株発行を裁判所に差止め請求して6月の定時株主総会における「特別決議による承認事案」にしてしまえば、三菱グループは3月末の基準日に議決権の34%を保有しているため否決できます。

 つまり発表されたように、日産自動車が三菱自動車を傘下に入れることができなくなります。

 ハッキリ言えることは、三菱グループはここで抵抗しておかないと、あとは日産自動車と同じように三菱自動車もフランス政府とルノーとカルロス・ゴーンに食い尽くされるところを見ているだけとなります。燃費データ不正の影響がどこまで深刻であるかは分からなくても、三菱自動車をたった2373億円で売り渡してしまう必要もないはずです。

 三菱重工が大型客船2隻でこうむった損失とほぼ同額だからです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:17 | TrackBack:0
関連記事
コメント
やっぱり、事態は深刻ですね。村の中で仲間割ればっかりしてないで、法等の危機、危険にきちんと対処してもらいたいものです。((sigh
インサイダー
ルノー日産のこのやり方、インサイダー取引にはならんのでしょうね。

ガッツリ売ってるのは
http://karauri.net/7211/
2016/05/10 モルガン・スタンレーMUFG 0.610% 0% 6,087,684株 再IN(前回2016-05-09)

MUFG?うーん、、、
闇株先生、私には理解できません。
教えてください。
インサイダー操縦
やっぱりみんな理解できないようです。

シャープの支援銀行の関連会社がシャープ株を空売りしている件
http://solar-nenkin.com/solar-panel/sharp/ms-mufg-short-selling-sharp/

村上ファンドは本当に「相場操縦」をしたのか
http://toyokeizai.net/articles/-/95336

今度は相場操縦で強制調査 村上世彰氏がまた狙われる理由
http://dot.asahi.com/wa/2015120100103.html?page=2


『一罰百戒』であれば金融機関に強制捜査したほうが効果的です。個人投資家を泣かせる外資の空売りも減るでしょう。
健全な投資市場が形成され個人投資家も安心します。
大手を取り締まらないから
「なんでおれだけが!合法だ!適法だ!」
という輩が後を絶たないのではないですか。


相場操縦がけしからんなら
インサイダー操縦もけしからんはずです。
この時期に
話題とズレますが、なんで今舛添知事が狙われてるんですか?タイミング的に今ひとつなんですが。
三菱は大した技術力も無ければ、度重なる不祥事でブランド力もなく国内販売に至ってはユーザーの大半が三菱関係者と取引先とその親族(実際、私の知っている三菱ユーザーが全てこれにあてはまってしまった。笑)というそもそも企業存続の意義が問われる状況かと。
パジェロとアウトランダー以外は商品価値がなく再生するには自社ブランドではムリで日産、ルノーへのOEM供給くらいしか道はないのでは?してやったりの日産も数年後には巨額減損するハメになるのが目に浮かびます。

通常なら破綻かハゲタカファンド、外資(それも新興国の)の傘下くらいしか道は残ってなかったのを仏の息がかかっているとはいえ同じ日本メーカーの傘下に入れたのは奇跡というか、日産も奇特というか・・・

いいようにはされるのでしょうが、破産や中国メーカーの傘下になるよりはよほど三菱関係者は良かったのではないでしょうか。

(シャープを助けようとした国もさすがに三菱には助け船出しませんでしたね)
最近、日本企業の負け組が淘汰されてきてますね。
三菱グループは渡りに船だそうです。
既存株主にも長期はわからないが数年は良かったのかな?
しょうがないと思いますが、悲しいです。日本の限界なんですかね。
高齢化社会、AIの台頭で今後さらに増えそうです。
毎年、数社はありそうですね。
まだの企業で危うい企業は頑張ってほしいです。
技術がないとはどういうことか
技術がないって判断が非常に難しいと私は思っております。

特許などの目立つ技術は皆わかりますよ。

製造ノウハウや不良を少なくする知恵、特許にならない暗黙知、みたいなものは漏れるとタダ同然で使えます。

これはおそらく三菱全体で共有されていたりします。

昔の日本メーカーはアメリカ企業の製品を学んで似せていましたよね。今もしています。買収とはこれと同じことがされます。

http://japan.renesas.com/event/detail/esec2010/report/car/index.jsp

三菱電機はルネサスと近いですし供給している自動車の半導体部分が漏れませんかね。

盗むときは優秀な技術者は要りません。
業務を覚えている愚直な技術者、リストラ候補で十分です。

でも三菱としてはどうでもいいんでしょう。
もはや戦前の国策企業でもないですしサラリーマン経営者が安泰であればそれでいい。
三菱程度の技術は日産・ルノーも持っている
競争が激しい自動車産業では(少なくとも大手では)そこまで極端な技術水準の差異はありません。
それに、技術を盗むとしたら三菱の生産方式から導入しないといけないので、そうすぐには盗めません。かといって、もたもたしていると技術は時代遅れになります。
細かいノウハウは漏れてしまうかもしれませんが、劇的に生産性が改善するようなものはありませんから(あったらすでに産業スパイが盗んでいる)「たかが知れて」います。

要するに、日産・ルノーは三菱の設備資本やシェアを盗みたいだけです。あの規模の会社が2000億円で買えれば良い買い物ですから。
日本としては損ですから、最終的に売り渡すかどうかはさておき、もうちょっと値段を釣り上げるくらいのことはすれば良いのにと思います。
大事なことを書き忘れたのですが、日産自動車が増資の形でいくら巨額資金を日産自動車に投入しても、それは日産自動車の傘下に入った三菱自動車に入るだけなので、日産自動車が自分の資金の置き場所を変えただけで何の負担でもありません。

例えば日産自動車で設備投資するための資金を三菱自動車の出資に切り替えて三菱自動車に設備投資させれば、新たな資金負担ではないにもかかわらず三菱自動車の株式は資産で残るため、実際には無から有が生じる錬金術となります。

将来はわかりませんが、とりあえず三菱自動車が資金ショートを起こし ているわけではないため、差し引きで日産自動車は年産100万台以上の自動車メーカーをタダ以下で手に入れるわけです。


闇株新聞編集部
プロ経営者 カルロスゴーンさんの長期政権
いつまでも続きそうな気がします。
なんだかいなくなったら怖い気もしてきました。
三菱の空売り組ご愁傷さまだったけど
どこぞが儲けてたとか
モルガンさんの損益が気になる。。
浦和レッズの今後は心配だわ
三菱自動車の販売状態を見たら、グループが手を引いたら
自動車の買い手が居なくなって、あっという間に赤字企業になるんでは?
さまざまな企業に応用できます。
このスキームいろんな企業に応用できますね。

こんな感じです。
病院に事務員を派遣。
保険診療の不正請求がないかチェックして報告させる。
立件できるほど証拠が溜まったら弁護士経由で告発。
病院が債務超過になったところで乗っ取りまたは融資。

携帯電話の技術適合も上納金制度みたいなもので誰もチェックしてません。
技術者に解析させ粗探しすれば、不適切な電波状態が出てくるでしょう。
ソフトウェアの修正で改善するレベルでなければ端末の利用禁止になります。

ゼネコンなんかもやれそうですね。

今までバレなければ問題なし、を利用するのは示談を求める犯罪者だけでした。
適法に利用できると外資が気づき、銀行と相談して株式市場のあわせ技も出来るとしたら結構大変なことになりますね。

もっとひどいことを銀行がしていたんですね。
銀行員からすれば何をいまさら間なんでしょうね。



三洋電機〝崩壊〟の裏でゴールドマン・サックスがやったこと 『週刊朝日』 Part1

2006年初め、港区西麻布にあるフランス料理店「コット」で、米国系投資銀行ゴールドマン・サックス(GS)社長の持田昌典が、客を前にして、独特の甲高い声で喋り続けていた。この店のオーナーは持田で、三井住友銀行社長時代の西川善文などの財界人を接待するサロンとして、知る人ぞ知る存在である。

http://kikuchi-blogger.blogspot.jp/2010/05/part1.html
日産自動車が、系列の自動車部品大手「カルソニックカンセイ」(さいたま市)の保有株を全て売却する方向で検討
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム