闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

大接戦だったオーストリア大統領選の持つ意味

2016年05月25日

大接戦だったオーストリア大統領選の持つ意味


 5月22日に行われたオーストリア大統領選の決選投票は、左派リベラルである「緑の党」のアレクサンドル・ファン・デア・ベレン氏が大接戦の末に、反EU・移民排斥を掲げる極右「自由党」のノルベルト・ホーファー氏を破りました。

 最終的な得票率はベレン氏が50.3%、ホーファー氏が49.7%の僅差でしたが、とりあえずEUで(しかもユーロ圏で)初の極右国家元首が誕生する事態だけは回避されました。

 そもそも4月24日に行われた大統領選の第1回投票では、連立与党である中道左派・社民党と中道右派・国民党のそれぞれの候補が11%の得票率で決選投票に残れず、ウェルナー・ファイマン首相が辞任していました。

 決選投票では、第1回投票でトップの35%を獲得した極右のホーファー候補と、2位の21%を獲得した左派のベレン候補が争う(つまり全滅した中道派が極右と左派のどちらかを選択する)異様な構造となり、辛うじて左派に軍配が上がりました。

 さて人口が840万人、GDPが40兆円ほどしかないオーストリアの、しかも国家元首とはいえそれほど大きな政治的権限があるわけでもない大統領選が、どうしてこれほど世界の関心を集めたのでしょう?

 ちなみに東京を1つの国と考えると人口が1300万人、GDPが90兆円もあり、舛添都知事はそこの元首ともいえます。つまりそんな大国・東京の元首(都知事)が公金横領(横領です!)を続けていたことになり、それも大変に重大な問題ですが、話を戻します。

 オーストリアとはドイツ、オランダと並ぶ「EUそれにユーロ圏の仕組みのなかで最もメリットを享受している数少ない国」となります。ルクセンブルクも入るかもしれませんが、小さすぎます。
 
 また通貨・ユーロとは、これらの国がさらにメリットを享受するための仕組みとなります。

 EUそれにユーロ圏とは、域内で経済的に優位であるドイツ、オランダ、オーストリアだけが、自国経済の実力に比べてはるかに割安な通貨(ユーロ)と、域内からの割安な労働力や製品を自由に使い、ますます優位になる仕組みなのです。

 経済とは常に「中心」が「周辺」から富を吸い上げる仕組みになっていますが、EUの「中心」とは、このユーロ圏でもあるドイツ、オランダ、オーストリアのこととなります。

 その「中心」にいるオーストリアで反EUを掲げる国家元首が、誕生する寸前だったわけです。中東からの難民・移民排斥の方が重要な理由だったとも言えますが、それもEUあるいはユーロ圏の仕組みを維持するために必要な条件と考えれば、根本は同じことになります。

 財政赤字の大きさや失業率の高さに苦しむギリシャ、スペイン、ポルトガル、アイルランド、あるいはイタリア、フランス、さらにもともと外様の英国などが反EUを掲げることとは、全く意味が違います。

 大変に大袈裟な言い方ですが、今回のオーストリア大統領選挙とはEUあるいはユーロ圏の仕組みが「最も危険に晒された日」だったと考えます。ギリシャの財政危機とか、英国のEU離脱などとは、全く次元の違う問題だったはずです。

 さて次はその英国のEU離脱を巡る6月23日の国民投票ですが、ここでも残留派と離脱派が拮抗しているようですが、オーストリア大統領選の結果は影響を与えるとは思いません。次元が違う問題だからです。

 英国の国民投票とは、キャメロン首相や英国民が理解しているかどうかに拘わらず、突き詰めればEUに加盟して欧州における通商面のメリットを享受しながら(移民についても知らん顔をしながら)、一方でシティや領内オフショア金融センターに集まるドルで巨額収益を得る「コウモリ状態」が、継続可能であるかを真剣に考える絶好のタイミングなのです。

 国民投票は最終的には僅差でEU残留と予想しますが、仮に離脱となってもダメージを受けるのは英国経済とポンドであり、EU経済とユーロではありません。通貨・ユーロも少しくらいは下落するため、むしろEU経済にとって好ましいかもしれません。

 つまりEU離脱を巡る英国の国民投票とは、このオーストリアの大統領選とは全く違い、結果に拘わらずEUやユーロ圏の仕組みを揺るがすものではありません。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム