闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2016年07月03日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り7月4日(月曜日)の夕方に配信しますが、今週は前倒し配信がありません。


メインテーマ 1 英国のEU離脱から1週間で見えてきたこと

 本誌はいつも「相場は常に正しい」とか「答えは常に相場の中にある」と書きますが、これはもちろん相場とはイスラム教徒にとってのコーランや、一部の日本人にとっての憲法9条のような絶対的存在であるという意味ではありません。

 ただいろいろな評論や解説を聞くより、いろいろな相場の値動きを眺めているほうが、はるかにいろいろなことがわかってくるような気がします。そして時には相場が「さらに極端な方向(相場は常に正しいので間違った方向とはいいません)」に向かっていることがわかることもあります。

 そして英国のEU離脱のように「予想外かつ相場を大きく変動させたイベント」があると、「その時点の各相場の反応」と「その後の各相場の反動」という2回分が確認できるため、大変にいろいろなことがわかったような気がします。

 つまり英国のEU離脱がなかったら絶対に見えなかったものが、「チラッ」と見えたような気がしています。そういう意味だけですがラッキーだったと考えます。

 じゃあ何が見えたのか?を解説します。「そんな風に考えるのか?」で結構ですので、読んでみてください。


メインテーマ 2  今年の株主総会で波乱があった会社、見えないはずの問題が見えた会社

 「日本人はどこから来たのか?」はどうしたのかですが、早くも中断してこの話題です。

 3月期決算会社の定時株主総会がすべて終了しました。だいたいいつもシャンシャンで終わる株主総会ですが、今年は(前年度分ですが)いくつか解説が必要な総会が目についたので急遽変更しました。

 ソフトバンク、シャープ、出光、川崎汽船、タカタなどを予定していますが、もう少し増えると思います。したがって1回では終わらず2回になると思いますが、そうすると2月決算企業の3~5月期決算も始まるため、「日本人はどこから来た?」の中断が少し長くなるかもしれません。もちろん中断をはさんでも完成させます。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市場についてです。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(7月3日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
英国EU離脱 -英vs独vsヘッジファンド三巴戦とEUの帰趨-
■英国EU離脱 -英vs独vsヘッジファンド三巴戦とEUの帰趨-

●英国離脱可決により、主に関税ゼロ等を維持したい英国と、離脱国続出を防ぐため、引き換えに移民受け入れ継続を飲ませたいEUとの駆け引きが始まった。
●ジョージ・ソロスを筆頭としたヘッジファンドは、EUの歪みをついてユーロ、南欧国債、フランクフルト市場等の売り浴びせを仕掛ける。その時期は、恐らく9月新英国首相選出の前後だろう。
●EUの目指す統合国家創出は、理論的にはともかく、実質的にはドイツ第四帝国の出現となる。第四帝国内の半植民地、二等国民となる事に多くの国は耐えられない。東欧諸国等とプライドを捨ててドイツにタカりたい国だけが残る。
●統合国家の夢を捨て、自由貿易等のみに絞って仕切り直す事が事態安定化と「EU」存続の道であり、そこへ至るシナリオが必要となる。

◆離脱交渉とヘッジファンド◆
先月23日に行われた国民投票での英国EU離脱可決を受け、世界中に余波が続いている。
キャメロン後任の次期英首相選出は9月に行われ、英・EU間の離脱交渉は最速で9月以降、新首相次第だが恐らく来年以降に行われる模様だ。

前哨戦としてアナウンスレベルでは、主に関税ゼロを維持したい英国と、離脱国続出を防ぐため、引き換えに移民受け入れ継続を飲ませたいEUとの駆け引きが始まった。

ユーロに参加していない英国であっても、移民自由化は英国民の雇用維持、テロ対策の等の面で耐えがたいものだった。
加えて、ユーロに参加している加盟国は、更に通貨政策、財政政策で縛られて不満が鬱積しており、英国に続いて離脱の動きが出て来きている。

ジョージ・ソロスを筆頭としたヘッジファンドは、そうしたEUの歪みをついてユーロ、南欧国債、フランクフルト市場等の売り浴びせを仕掛ける可能性が高い。
その時期は、恐らく9月新英国首相選出の前後だろう。
その前触れとして、現に投票日翌日(6月24日)、ジョージ・ソロスが、所有する700万のドイツ銀行株の空売りに入っていたことが、複数のメディアの報道から明らかになった。

こうした中で英国としては、関税ゼロの維持と移民受け入れ拒否を勝ち取る一方、域内金融共通免許を停止準備期間あり等の条件付きで諦める辺りが及第点だろう。
金融共通免許を失っても、ヘッジファンドの「歪み」攻撃でEUが地盤沈下する事も考慮に入れれば、金融の中枢機能をシティーからフランクフルトへ奪われる可能性は低くなる。

この様に、英国とEU(実質ドイツ)との離脱交渉は、心理戦を含めたヘッジファンドを絡めた三巴戦の様相の中で、多くの変数を伴いながら混沌を経て方向付けられると思われる。

◆EU国家統合の正体◆
EUの目指す統合国家創出は、理論的にはともかく、実質的にはドイツ第四帝国の出現となる。
ユーロの共通通貨政策によるユーロ安により、ドイツは輸出ドライブのもたらす経済的繁栄を謳歌している。
半面、多くの国はユーロ維持のために緊縮財政を強いられて、実際に失業率増加等の実害を被っており、第四帝国内の半植民地、二等国民となる事に耐えられない。

EUには、低賃金工業により利益に預かっている東欧諸国等と、ギリシャのようにプライドを捨ててドイツにタカりたい国だけが残る。
そのギリシャ等も、数年前の危機でドイツを騙してやりくりしていた事が明らかになった。

移民の自由化と通貨統合は、国家統合への必須条件であるのだろう。

筆者は、これに対し統合国家の夢を捨て、自由貿易等のみに絞って仕切り直す事が事態安定化と「EU」存続の道であると考える。
あるいは、ドイツと東欧諸国等のみで統合国家を作り、そのコアを関税ゼロ等の域内諸国が囲む姿である。
理屈で考えれば、筆者にはその道が関係各国にとって何の不都合もなく、ゴールであるように見える。

それを拒むものは、第四帝国を作りたいドイツの野望か、統合国家の理想に燃えるEU原理主義者か、グローバル化で利益を得たい国際資本なのか。 

欧州安定化のためには、その正体を明らかにし、障害を排して落ち着くべき所へ至るシナリオが必要となるだろう。
・ポンド下落で関税ゼロの効果があるという意見の評価をお願い致します。
・アローラは逮捕されるか?

ソフトバンクはアリババ株を大量に保有していたが、シルバーレイクもアリババ株の取り引きをした。アローラが在任中にソフトバンクはアリババ株1兆円超を売却したが、同氏が決定したと思われています。
これが利益相反に当たるとすると、ソフトバンクが持っていたアリババ株はそのまま保有し続け、売却した場合と比べて数千億円もの損失を受けた。
副社長や社長が逮捕されたらソフトバンクは第二のライブドアになってしまうから、即日解雇したという訳です。
東京知事選挙

今の政治がよく分かりますね。
小池さんで勝負ありですね!

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム