闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

まあよく頑張った日銀の金融緩和

2016年07月29日

まあよく頑張った日銀の金融緩和


 本日(7月29日)まで開催されていた日銀政策決定会合の結果は昼過ぎに発表され、ETFの年間買い入れ額を従来の3.3兆円から6兆円に増額することと、成長支援資金供給のうち米ドルの総枠を従来の120億ドルから240億ドルに拡大することだけを決定しました。

 事前に予想(期待?)されていた国債保有純増額(年間80兆円)拡大、マイナス金利幅拡大、J-REIT買入枠(年間900億円)拡大などはすべて見送られました。

 前日まで官邸側から経済対策(総枠28兆円)が喧噪されており、日銀に対しても「足並みを揃えて大規模緩和を」との圧力がかかっていたことは容易に想像されていましたが、日銀(旧大蔵省)としては表題にあるような「まあよく頑張った」という印象です。

 念のために付け加えておきますが、日銀は日本経済にもう「弊害」しかない量的緩和(日銀の国債保有純増額の拡大)やマイナス金利幅の拡大はさすがに踏みとどまり、最も少ない金額(2.7兆円)で一応は株価が上昇すると期待されるETF買入枠だけを思い切って拡大して矛先をかわし、だから表題の「まあよく頑張った日銀の金融緩和」となるわけです。

 また成長支援資金供給の米ドル総枠を倍増し、その担保として日銀当座預金を見合いに国債を貸し付ける制度を加えたことも、邦銀の外貨調達には金利差に加えて0.8%程度のプレミアムがかかっているため負担減となることや、担保のためにわざわざマイナス金利で国債を調達しなくてもよくなるため、目立ちませんが「正鵠を射た金融政策」と考えます。

 というより旧大蔵省は(いまの日銀はその傘下です)、現在の「もっと異次元になった」量的緩和は消費増税前の「期間限定サービス」と考えていたはずです。ところがそこから10%への消費増税が2度にわたって4年間も延期されたため、その「期間限定サービス」を最低4年以上も継続しなければならなくなり、さすがに「ちょっとまずいなあ」とか「もうとても追加量的緩和の余地がない」と考えているはずです。

 また本年1月に唐突に踏み切ったマイナス金利も、短期金利だけ引き下げて長短金利差(利鞘)を銀行のために拡大させようと考えたところ、実際には長期金利のほうが大きく低下してもともと少ない利鞘が消滅したため銀行の不満が大きくなりました。これもさすがに「失敗だったなあ」とか「ここでマイナス幅を拡大したらもっと銀行の不満が大きくなるなあ」などと考えているはずです。

 つまり旧大蔵省は、さすがにこれ以上の追加量的緩和もマイナス金利幅の拡大にも逡巡しているようで、少し安心しました。

 さて発表直後は日経平均、円相場とも乱高下しましたが、終わってみれば日経平均は92円高の16569円、円相場は午後4時現在1ドル=103.30円と前日比2円程度の「円高」となっています。

 株式市場は追加量的緩和・マイナス金利幅の拡大が無かったことを「さすがに」マイナス材料と考えていないようで、単純にETFの買入枠拡大を好感したことと、マイナス金利幅が拡大されなかったことで銀行の収益がこれ以上悪化しないとの安心感もあるようです。

 一方で円相場は、単純にまだ追加量的緩和=円安、マイナス金利幅の拡大=円安と考えていたようで、両方とも見送られたための「円高」のようです。

 今晩の海外市場もよく観察して、さらに感じたところをメルマガ「闇株新聞 プレミアム」に書くことにします。至急お知らせしたいことがあるときは、前倒しして日曜日に配信するかもしれません。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
今回の決定に関しては、これ以上ないベストな内容であったと思います。
弊害ばかりでメリットの薄いマイナス金利幅拡大は見送り。
ETF増額で株の急落を避け、為替にしても許容の範囲内の円高で済みました。(ドル円も来週にはまた105円台に戻りそうな感じすらしますし)
そこで質問なんですが、マイナス金利幅の拡大に関しては当面は封印と考えてよろしいのでしょうか?
皆さん仰るように、ETFの購入拡大は株価維持のためでしょう。
しかし、その株価維持は何のためなのか?
物価上昇2%のためでないのは明らかです。
民主党時代の8000円から20000円、さらに現在の
16000円になっても、株価と物価に何の関係もないのは明らかですから。

つまり日銀はもう、物価上昇2%のための政策は
何も行っていないということです。
これはもう2%上昇は放棄した、ということだと思いますが、
黒田氏は正反対のことを言っています。
非常に不思議だと思います。

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム