闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

米国金融政策の先を読む

2011年06月20日

米国金融政策の先を読む

 今週、6月21日と22日に米連邦公開委員会(FOMC)が開催されます。
 
 4月下旬に開催された前回のFOMCでは、現在行われているFRBによる6000億ドルの国債買い入れを予定通りに6月に終了させることが決定されました。ただし、FRB保有の国債や住宅ローン担保証券が償還になった分は新たに国債を買い入れ、FRB保有の債券の残高は維持することになりました。

 しかし、その直後から米国経済が急降下し始めているため、今週のFOMCでも何らかの方向観が示される可能性はあります。

 当然すぎることなのですが、米国金融政策は米国のみならず世界の資金の流れに直接影響があり、それによって世界の投資資金の動き、中国・ブラジルなど新興国の経済、資源価格、従って資源国の経済など、全世界の金融市場の動きの根幹を決めるからです。

 今回、過去2回の金融量的緩和の決定時に比べて明らかに違っている点は、米国のインフレ率です。

 米国の消費者物価(総合)の前年同月比の数字を見てみますと、金融危機直後の2009年はマイナスが続き、一旦2%以上の上昇となりましたが2010年後半は1%台前半の上昇でした。この辺は、概ね米国経済の実態に応じた上昇率であったと言えます。

 ところが2011年に入ると、1月が1.6%、2月2.1%、3月2.7%、4月3.2%と上昇を続け5月は何と3.6%の上昇となっています。特に5月頃から米国経済の急降下がはっきり数字に表れている中での急上昇なのです。

 個人的にはあまり意味がないと思っているコア指数(除く食料・エネルギー)は、1月の1.0%から5月は1.5%の上昇となっています。

 この物価上昇は食料品やエネルギー価格の上昇によるもので、その理由のかなりの部分が、米国が金融の量的緩和で世界中にばら撒いたドルと、同時に引き起こしたドル安の影響であることは明らかです。

 つまり、米国が新たな金融の量的緩和をすると、さらなるインフレを引き起こしてしまいそうなのです。

 もちろん多少インフレが起こっても、それを補って余りある経済回復と、とりわけ株価の上昇が見込まれれば問題ないのでしょうが、最近では金融の量的緩和(とくにFRBによる国債買い入れ)は国民の富が財政赤字の穴埋めに使われるだけで経済の回復にならない、さらに国債金利が低く保たれるので国民の投資収益が減殺される、という負の側面が強調され始めています。

 つまり、単純に景気が落ち込んだので、もう一度FRBに国債を買い入れてもらいましょう、と言うわけにはいかないのです。

 それでは、景気の落ち込みに対して何もしないのでしょうか?

 ヒントは、最近急に「国債の利回りの上限設定」と言うことが囁かれ始めました。昨日書いた債券王のビル・グロス氏も言っているようです。

 これは金融緩和を、FRBによる国債買い入れの「量」で規定するのではなく、景気の停滞を抑えるために国債の「金利」が一定水準以上に上がらないように国債を買い入れる、など「量」以外の目標を決めることだと思われます。
 つまりインフレを引き起こす恐れの強い「量」を目標にするのではなく、「金利」が上がらないようにして金融緩和の効果を出すと言うことのようです。

 だとすれば、直感的に無理があるような気がします。

 金融緩和は、それが経済実態に与える直接効果の前に心理的な影響、特に株式市場への好影響を与えることにより、後から経済実態に効果を与えるものだからです。だから、過去2回の金融量的緩和の間は国債利回りが上昇して、打ち切ると下落しているのです。
 国債利回りは、経済実態より市場の心理を反映し、経済実態に先行するのです。逆に、国債利回りが適度に上昇することにより、経済が回復していると言う安心感を市場に与えることすらあると思うのです。

 その経済回復のバロメーターである国債利回りに、上限を設けてしまうことは、かえって経済回復の芽を摘んでしまうことになると思うのです。

 注目して見てみましょう

平成23年6月20日

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム