闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

空売りファンドが大挙して押し寄せる予感

2016年08月24日

空売りファンドが大挙して押し寄せる予感


 8月2日付けと4日付け「またまた厄介な海外ファンドの上陸 その1」、「同 その2」で、グラウカスなる空売りファンドの伊藤忠への売り推奨レポートについて書きましたが、ポイントは単なる会計上の考え方の違いをとらえて売り煽っているだけのもので、市場参加者も伊藤忠も冷静に対応すべきというものでした。

 伊藤忠の株価は、レポート発信前日(7月26日)終値の1262円から一時10%下落しましたが、本日(8月23日)は1189円(5.7%安)と落ち着きを取り戻しています。

 ところが案の定、その次が出てきました。今度はシトロン・リサーチなる空売りファンドが8月15日にサイバーダインへの売り推奨レポートを発信しました。

 シトロンとはレモンに似た柑橘類で日本でも名前につけた清涼飲料水がありますが、このアンドリュー・レフト氏が率いるシトロン・リサーチはグラウカスよりはるかに大規模で投資実績(成功例)のある空売りファンドです。

 あらかじめファンド資金で空売りポジションを積み上げてから、売り推奨レポートで徹底的に叩く手法はシトロンもグラウカスも同じです。

 ここでシトロンとサイバーダインの組み合わせは、グラウカスと伊藤忠の組み合わせとは全く違い、はるかに成功する可能性が高く、したがって日本における戦線をさらに拡大する可能性が高く、さらに類似の著名ファンドを日本に呼び込む可能性も高いと感じます。

 サイバーダインの株価は、レポートが出た8月15日(終値)の2077円から本日(8月23日)は1558円と25%も下落しています。ちなみに目標価格は300円だそうです。

 サイバーダインの2016年3月期通年決算では、売上高が12億6400万円、営業損益が12億9200万円の赤字(売り上げより赤字が大きい)、最終損益が7億1800万円の赤字と惨憺たるものですが、何でもロボット技術が有望だとかで公募増資や第三者割当増資や新株予約権付社債の発行を繰り返し、2016年3月末現在で純資産が270億円、現預金が145億円もあります。

 まさに株式市場を使った錬金術では間違いなく「勝ち組」となります。

 そんなサイバーダインの時価総額は売り推奨前に2852億円もありましたが、さらに驚くべきことに社長の山海氏がほとんどを保有する優先株(非上場、議決権が普通株の10倍もある)があり、これを普通株と等価で計算しても時価総額は4465億円もありました。

 シトロンのレポート冒頭に、サイバーダインの時価総額が4億ドル(400億円)以上もあり、とんでもなく高いと書かれていますが、これは翻訳ミスで40億ドル以上のはずです。シトロンのレポートは、明らかに金融の知識が乏しい翻訳家を使ったようで珍妙な表現が多く、またシトロンも翻訳された日本語レポートを読めないため確認ができていないのでしょう。

 要するにサイバーダインは、新興市場によくある「事業モデルが夢物語でありながら株価が説明できないほど高い銘柄」ですが、それなりの時価総額と流動性(出来高)があり、何よりも海外株主が多く(ざっと数えて発行済み普通株の10%以上の1500万株ほどあります)貸株調達が容易であるはずです。

 シトロンに限らず海外投資家は必ず海外で貸株調達して売却するため、日証金や東証発表の信用残には現れません。つまり実績のある空売りファンドのシトロンは日本の株式市場において「説明ができないほど株価が高い新興市場銘柄」のなかから、時価総額も流動性(出来高)もあり何よりも貸株調達が容易でまとまった空売りが可能なサイバーダインに目をつけたことになります。すでに時間をかけてかなりの株数を売却済み(実質的に空売り済み)のような気がします。

 グラウカスによる伊藤忠の売り推奨については「放っておくべし」と考えた本誌も、シトロンによるサイバーダインの売り推奨については、残念ながらかなりの確率で「大儲けされてしまう」と考えます。

 そして今まで日本に上陸していなかった著名な空売りファンドが、このサイバーダインの成功例をみて大挙して上陸してくる予感がしています。そうなると対象は何も新興市場に限らず、最近とくに低迷する日本経済や企業業績に比べて割高に見える銘柄も少なくないため、軒並み荒稼ぎされてしまう予感がしています。

 そうなると売り推奨レポートの出来栄えは関係なく、純粋に著名空売りファンドの「手腕」が発揮されるとも感じます。

 続編をすぐに書くことになりそうです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
時価総額4千億円で調べるとグリコ、野村不動産、東急不動産、太平洋セメント、日本特殊陶業・・・
さすがにサイバーダインが上記企業より価値があるようには思いませんね(期待感を過剰に込めても)。
マネーゲームで過熱してるだけで、サイバーダインホルダーの多くもどこまで当社の開発力や量産化を理解しているか疑問ですね。実態がないものが高値で取引されている方がおかしい訳でむしろ市場の健全化になるのでは?とさえ思います。(小学生がふざけて書いたようなレポートには失笑だが。笑)



サイバーダインは公募で買って、こんな訳のわからない会社の時価総額が2000億とかあり得ないと考えて、直後の高値で売りました。
その後理解不能な高騰を続けるさまを馬鹿が買っていると言い続けて約二年、我が意を得たりのレポートが出たと感じています。

個人的には将来性もない今のファーストリテイリングや新規上々したLINEなどもふざけた値段がついてるので、そのうち外人に狙い撃ちされてしまえと思っています。
 結構有名な医療用最先端ロボット(スーツ)開発会社です。ベンチャー企業ですから当初赤字は当然です。そんなに叩く必要ないと思われます。技術が特殊なので議決権を持ってかれないように対処していますし、今投資している投資家は長期投資目的であるべきですから、短期でどうなろうが知ったことではないでしょう。
どう転んでも山海ごときには敵いません
サイバーダイン、皆さん期待してますけど。何が凄いのかホントに分かってますか?

最初の赤字がしょうが無いのはしょうが無くても、何で寝かしてる現金ぶち込んで早く開発しないんですかね?

山海とか言うマッドサイエンティスト風の社長はロボットの専門家らしいですね。
そんな金儲けの経験の無い理系のオタクが金儲け出来るんですかね?
株の上場みたいなハッタリでなんとかなる金儲けではなくて、HALとやらを世界で売って儲ける才覚あるんですかね?

皆さんが期待している最高の製品が開発されたと仮定しまして。
その製品を中国人は丸パクリで安く作れないんですかね?たぶん出来ますよ。
そんななか高くて買うのなんて、馬鹿な日本政府関係者だけですよね。ビジネスとして成り立ちますか?

百歩譲って中国人が出来ない高度な代物で良かったとしましょう。

アメリカ人が黙って指くわえて、山海ごときから金払って買いますかね?
圧力かけて技術をブン捕りますよね。
恐らくはそのために現在すでに、サイバーダイン社内には留学生や産業スパイをきちんと送り込んでますよ。

ビジネスの世界で理系のオタクは
どうあがいても、儲けられませんよ。
少し前、介護職の方にロボットスーツを利用したいか?と尋ねた結果、使用するつもりはない、が多かった…記事を目にしました。
ちょっとどこのソースか忘れましたが。
理由は誤作動が心配だから、でした。
すごくわかります。着用して重い物が軽々と持ち上がるって事は、身体に逆回転がかかるような作用が間違って起こるかもしれず…と私も怖いと思っていました。

介護現場では自動入浴や車椅子リフトなど機械が多いですが、任せてその場を離れる事は絶対ないし。完全に信用できるか…。

介護で大変なのは排泄ですが、立つ事歩く事ができなくなったら、ベッドがパカッと空いてお尻シャワーもしてくれて、水洗付きだったらいいなあ‥と、以前親のトイレに付き添いながら妄想しました..お尻を自分で拭けるのも健康な身体あってこそです。

関係ない話をすみません。
株価では、バイオや抗がん剤などもすっ高々になりますね。
利益が出ないうちに信用買いとか、どうかと思いますが人はいろいろですね。
グラウカスの指摘について
グラウカスの指摘は読みましたが
私にはまともに見えました。

伊藤忠の行ったような会計判断は海外でも
常態化しているのでしょうか。

また仮に海外でも常態化していても
こういった投機家から突かれてしまえば
訂正せざるを得ない場合もあるでしょう。

海外での粉飾状況はどうなのでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム