闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

やっぱり支離滅裂な日銀の「総括検証」

2016年09月21日

やっぱり支離滅裂な日銀の「総括検証」


 3年半にも及ぶ日銀の大胆な金融緩和に対する「包括検証」と、それを受けた金融政策の変更を議論していた日銀政策決定会合の結果が、本日(9月21日)午後1時過ぎに発表されました。

 いつもより結果発表が遅れ、また発表直後には日銀のホームページへのアクセスが困難になったりしたのですが、概略は以下の通りです。

 まず金融政策の目標は相変わらず「2%の物価目標の早期実現」としたままで、そのために「長短金利操作をおこなうイールドカーブ・コントロール」と、物価上昇目標率の実績値が2%の物価目標を安定的に超えるまで現行の金融緩和を続ける「オーバーシュート型コミットメント」を新たに導入しています。

 この「イールドカーブ・コントロール」では、短期金利は300兆円を超えてますます増加する日銀当座預金のうち「わずか10~30兆円だけに」マイナス0.1%を適用する「マイナス金利政策らしきもの」をそのまま継続するようです。

 問題は長期金利の方で、日銀の発表文では「10年物国債利回りが概ね現状程度(ゼロ%程度)で推移するよう、長期国債の買入れを行う」とあり、現状の日銀保有国債残高が年間80兆円程度増加するように買い入れるベースはおおむね変更せず、7~12年程度としている買入平均残存年数の定めは廃止するようです。

 さらに日本銀行が指定する利回りによる国債買入(指値オペ)も導入し、固定金利の資金供給オペレーションの期間を現行の1年から10年まで延長するようですが、前者は具体的な実施方法がよくわからず、後者はマイナス金利で貸し出さない限り効果はありません。

 これらのパッケージに対する審議委員諸氏の評決は、証券界出身の佐藤委員と木内委員だけが反対したものの、あとは黒田総裁以下の執行部と「賛成要員諸氏」の賛成で7:2の可決となりました。

 さて本日の結果とは、デフレ圧力を高めるだけのマイナス金利政策を維持した上に、今度は10年国債利回りまでゼロに「釘づけ」して要するに10年までの金利体系をすべてマイナスに固定しておきながら、2%の物価上昇目標を「安定的に超えるまでオーバーシュート型」の緩和を続けるというものです。

 一部にあった緩和縮小は完全に否定されたうえに実質的な緩和期間の延長となるため、本日の日経平均は315円高の16807円、円相場も午後2時過ぎには1ドル=102.78円まで円安となり、とりあえずは好感されているようです。

 ただ繰り返しですがマイナス金利政策とは現金の価値が最も高くなるというデフレ政策(ついでに円高政策)であり、今回それに10年までの国債利回りをすべてマイナスに「釘づけ」してしまうため「デフレを長期化する政策」にしかなりません。さらにそれを「オーバーシュート」させることによって2%の物価目標を早期に実現させるという、まるでブレーキ(デフレ)とアクセル(物価上昇)を同時に踏み込む政策となります。

 要するに支離滅裂なのです。

 現在の日銀とは、安倍政権発足の「どさくさ」に紛れて旧大蔵省が傘下に入れてしまったため、その目的は金融緩和で一時的にでも景気を回復させたように見せかけて消費税を10%に倍増することだけだったはずです。

 その消費税の10%はだいぶ延期されましたが2019年に強行されてしまうと、あとは日本経済がどうなろうと誰も責任を取りません。

 ただ旧大蔵省に限らず官僚というものは絶対に「間違っていました」とは言わないもので、それは今回の「総括検証」にも表れています。

 しかし旧大蔵官僚は「身内」である銀行の収益が悪化しない配慮もするはずなので、今回も貸出金利に直結する長期金利(長期国債利回り)を「高止まり」させる方策が盛り込まれると思っていました。

 それが10年国債利回りをゼロ近辺で「釘づけ」することであるなら、矛盾しているような気がします。あるいは10年国債までは「釘づけ」して、それ以上長い超長期国債の買入れ額を絞り、さらに意識的に高い利回りで新たに導入した指値オペにして利回りを「高止まり」させるのかもしれませんが、いずれにしても国債相場をますます日銀管理相場にしてしまうだけです。
 
 どう考えても「本当に日銀は大丈夫なのか?」となってしまいます。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
長期金利を現状より上に誘導するって事は単純に考えると金利差縮小となり為替市場では円高に誘導されるんじゃないの?

政策転換? いったい何を目指してるのか理解不能。
株式市場は何を評価したの?

いずれにせよこれ以上の金融政策はもう打てませんと
宣言したに等しい内容ととれるが・・・
日銀緩和、量から金利へ 長期金利0%に誘導

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK21H2G_R20C16A9000000/
マジですか。。
現金の価値の観点から見ればおっしゃる通りかも知れませんが、景気対策の観点から見ればマイナス金利+緩和は理に適っているのでは?
そういう見方をすれば、日銀の政策が特に支離滅裂であるとは思いません。
今現在マイナス金利にある長期国債の利率を0%にする。
すなわち利率を「上げる」ということで、
これは、今まで金利を「下げて」きた、マイナス金利政策の「撤回」なのでは?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム