闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

嵐の前の静けさ(号外版)

2011年06月26日

嵐の前の静けさ(号外版)

 週末24日の米国株式市場は115ドル安の11934ドルとなりました。

 今週注目されたFOMCも、予定通りに量的緩和(QE2)の終了が宣言され、景気回復が「幾分遅い」と言うバーナンキ議長のコメントが出たのですが、追加の金融緩和等を予想させる発言はありませんでした。

 米国債は最大の買い手である米国政府の購入が今月で終了するのですが、24日の米国10年国債の利回りは、株安もあり2.86%まで低下しました。
 本誌で何度も書いたように、量的緩和(つまり政府による国債買い入れ)が終了すると、景気回復期待が後退し、逆に国債利回りが低下するのです。

 2度にわたる金融量的緩和のあとも米国経済は悪化しており、米国政府もはっきりと「手詰まり」になってきています。

 23日に、国際エネルギー機関(IEA)が備蓄石油の放出を決めたことも、この「手詰まり」の現れです。別に米国政府の独断で決めたわけではないのですが、景気後退の中で原油価格の上昇がガソリン価格の上昇となり米国家計を直撃するため、原油価格を引き下げるための苦し紛れの決定です。

 確かに、原油価格は24日で91ドル台と、とりあえず効果はあったのですが、これも金融量的緩和と同じで何度も使うと効き目がなくなってしまうため、多分この1回しか使えません。使ってしまうと、後は方法が無いのです。

 さて、それでは2回使って早くも効き目に疑問符がついた金融の量的緩和はどうするのでしょう?
 たしかに、世界的に資源価格の高騰を招いたり、ドル安になったり、量的緩和の弊害も言われ始めています。ここは、いつか「これ以上景気が悪化すれば量的緩和も考えるぞ」という風に匂わせて、だましだましの運営をせざるを得ないのでしょう。

 まさに「手詰まり」なのです。

 一方、ギリシャ問題を抱えるユーロ圏も「手詰まり」です。

 ギリシャ問題、それから後に続く(?)アイルランドやポルトガル問題などは、簡単に根本的に解決することはできません。ユーロの根幹にかかわることなのです、
 だから、当面は話し合いで凌いで行くしかないのです。

 確かに、ギリシャ動向によって米国株式が動くことが多くなってきています。ギリシャ問題が「世界の爆弾」であることは間違いありません。

 直感的に思うことは、こういった世界の情勢に比べて、あらゆる金融市場が「意外に」安定していることです。つまり世界が抱えている問題に比べて世界の金融市場の変動が少なすぎるのです。

 特に、景気後退期に見られるのですが、依然として投資資金が潤沢なため、資金の引き揚げや移動がどうしても遅れるからです。また投資家の心理として、相場が余り動かない(値下がりしない)とどうしても安心してしまい、さらに行動が遅れるものなのです。

 こういう時は不思議なもので、政策当局者の行動も遅れるもので、問題が後回しになってしまい、後で大きな犠牲を払うことになるものなのです。

 以前から繰り返し書いているのですが、景気後退期は以下の資金の流れになります。

1) 株式から債券に資金が流れます。特に逃避先である米国・ドイツ・日本の国債の利回りが低下します。
2) 資源価格が下がります。従って豪州ドルなどの資源国通貨も値下がりします。
3) 新興国経済が停滞し、新興国の不動産・株式も下落します。

 つまり、リスク資産から安定資産へ資金が逃避するのですが、その逃避が思ったスピードで起こっていないのです。どこかで急激な動きになるかもしれません。

 通貨についても、ドル・ユーロ・資源国通貨からスイスフラン・円などへの逃避が起こるはずなのですが、これも思ったスピードで起こっていません。これもどこかで急激な動きになるかもしれません。

 とにかく、あらゆる市場から目が離せなくなっているのです。

平成23年6月25日  午前9時

この記事は、6月25日付けの無料メルマガ「闇株新聞」でメール配信した記事です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム