闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日銀当座預金を民間銀行の「預金」と勘違いしてはいけないそうです!?

2016年11月09日

日銀当座預金を民間銀行の「預金」と勘違いしてはいけないそうです!?


 米国大統領の投票がまもなく始まるタイミングなので、何を書いてもタイムリーな話題になりません。しかし昨日もお休みしてしまったので、あまりタイミングに影響されないこの話題にしました。

 さて本日のこの珍妙な表題は、11月3日にダイヤモンドオンラインに掲載された元大蔵官僚・高橋洋一氏の「日銀当座預金を民間銀行の預金と勘違いする人々へ」なる珍妙な記事に対するものです。

 本誌が理解する限り高橋洋一氏は旧大蔵省の「覚えがめでたい」元官僚ではないはずですが、現在の日銀を含む旧大蔵省に「よいしょ」する言動が多く、何となく不思議な人だなあと思っています。

 この記事で高橋氏は、発券中央銀行(ここでは日銀のこと)のマネタリーベースは負債といっても、それは「無利息」「償還期限なし」であるため、民間銀行の「預金」と違って実質的な債務性がないと主張されています。

 ここでマネタリーベースとは、日銀券(現金のこと)と日銀当座預金と貨幣の合計のことで、10月31日現在では日銀券が96.9兆円、日銀当座預金が315.9兆円、貨幣が4.6兆円あります。ここで貨幣は日銀の発行ではなく金額も少ないので無視します。

 つまり日銀券と日銀当座預金を合計した412.8兆円は日銀の負債ですが、高橋氏によると債務性がない、つまり日銀は返済しなくてもよいそうです。

 この話には前段があり、日本政府は1000兆円以上の負債(国債発行残高など)があるものの資産もあり、それに政府系金融機関やGPIFや郵便貯金など含めた「日本政府の連結決算」では差し引き492兆円(平成26年度末)の負債超過でしかないというものですが、ここまでは本誌も「おおむねその通り」と考えます。

 しかし高橋氏は、この「政府の連結決算」に日銀を含めるべきだと主張しています。つまり日銀は10月31日現在で403.4兆円の国債(短期国債を含む)を保有しており、日銀の負債である日銀券と日銀当座預金は返済しなくてもよいため、日銀を含めた「政府の連結決算」ではたかだか100兆円程度の負債超過でしかないとなります。

 ここで確かに日銀券の96.9兆円は返済義務がなく、それに見合う国債残高は「政府の連結決算」では負債残高から外してもよいと考えています。つい最近まで日銀の国債保有は日銀券発行残高の範囲内にとどめるというルールがありましたが、それを正式に廃止したのは黒田総裁です。

 しかしどう考えても日銀当座預金は日銀のものではなく、傘下の銀行を通じて国民の預金を保有国債のファイナンスに「流用」しているだけです。それを債務性がない、つまり民間銀行の「預金」のように返済の義務がなく、それを対価に日銀が買い入れた国債も「政府の連結決算」では返済義務がないことになります。

 高橋氏はその根拠として、日銀当座預金は白川総裁時代に0.1%の付利を行ったことは間違いで、基本的に日銀当座預金は無利息であり(それは正しい)債務性がない根拠であるとしています。つまり高橋氏の理論では、友人から無利子で借りた資金は債務ではないため返済しなくてもよいとなります。

 さらに高橋氏は日銀当座預金については、預けている銀行に資金需要が出て日銀当座預金を引き出しても、その資金は必ずどこかの銀行に預けられそこで日銀当座預金が積み増されるため全体として日銀当座預金は減らない、つまり日銀が資金不足に陥って保有国債を売却しなければならない事態など起こりうるはずがないと自信満々に主張されています。

 まあ日銀当座預金とは日銀券(現金)の代替でしかなく、ともに債務性はなく返済義務がないため、日銀はどんどん国債を買い入れて当座預金残高を積み上げればその国債は「政府の連結決算」では債務性がなく返済義務がなくなると言っていることになります。

 だったら2001年に920億ドルという「人類史上最大のデフォルト」を起こしたアルゼンチン政府と中央銀行に、ぜひ教えてあげればよかったですね。今ごろ高橋氏はアルゼンチンの名誉国民になっていたはずです。

 もちろんアルゼンチンの国中にそんな金がないからデフォルトしたわけで、仮にアルゼンチン中央銀行が920億ドルに相当するペソを発行していたら(ドルは発行できません)、きっと人類史上最大のハイパーインフレになっていたはずです。

 もちろん本誌は日銀当座預金も民間銀行の「預金」も友人から無利子で借りた金も、すべて同じで返済しなければならないと考えています。だから高橋氏の呼びかけに応じてこの記事を書きました。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
田中氏と高橋氏の論に関し、竹中正治氏の11/4コメントで「民間銀行は、日銀との取引によってのみ日銀当座預金残高を増減できる。・・・・つまり国債かマネーかの外に逃げる方法がない。」辺りが分かりやすく感じました。次の「しかしそれでも政府債務の無限膨張はあり得ない」の項の論理は素人には難解で、行き詰まりましたが。竹中氏の考え方はいかがお考えでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/takenaka1221/21249067.html
アルゼンチンの例はそれがドル建て債権だったからではないですか?
アルゼンチンはドル建ての国債だったような気がするのですが?
名無し 様  セナ様

 説明をはしょっていたのですが、ドル建て国債を償還できるだけのペソ建て国債を発行し(当然にペソも下落しているため大量のペソ建て国債が必要ですが)、それをアルゼンチン中央銀行が引き受ければよかったのにという意味です。いずれにしても「できるはずのない話」として引用したものなので、あまり気にしないでください。

 ただ日本に関してはまだまだ(まじめに)説明すべきことを、かなり書き残しているので、近いうちに続編を掲載します。

闇株新聞編集部
「日銀当座預金を民間銀行の「預金」と勘違いしてはいけないそうです!?」
正しいような正しくないような言説ですね。

例えば「税金が国民の信託財産だ」といっても官僚も政治家も企業もそう思っていませんよ。これは勘違いしてはいけないですね。

また、高橋洋一氏自身も民間銀行の預金を勘違いしていると思われます。

銀行システムのバグ悪用して“預金操作”、11億円詐取 三井住友銀元副支店長、若い愛人に億ションプレゼント
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/02/news068.html

気になるのはこの差損が銀行内で気づかれずに10年近く放置されていて税務署からの通報で発覚したことです。
バランスシートに出なかったと言いますが、ではこの為替差損は誰が負担したのでしょう。
為替手数料等として広く浅く銀行利用者から徴収されていたはずです。バランスシートに出ないわけですから、損金計上できてなかったんでしょう。
そしてこの権限に再監が行われていないのも気になります。

このような不正は現職行員でほかにないのでしょうか。
また、この不正がフィンテックなどで話題となっている仮想通貨で行われたら偽札ではなく本物の電子通貨が偽造できますね。

それと、金融庁の検査はいったい何をしていたのでしょうか。事前通知して訪問してテキトーなマニュアル検査だけとどまってるんでしょうかね。

銀行の預金もたぶん大丈夫なのは1000万円までです。
インフレになっても預金金利は増えないでしょう。
民間銀行の預金もほぼ「銀行の物」で引き出そうと思えば今のところ引き出せるだけです。預けたお金を運用した付加価値は預金者にはもらえません。ちょっと前まで税金も払えなかったんですよ?そんな銀行ですから預金者は銀行を信用してはいけません。
なるほど、ここに高橋氏への反論を書かれていたのですね。

ということは、日本のハイパーインフレ論はどうなのでしょうか?

>もちろんアルゼンチンの国中にそんな金がないからデフォルトしたわけで、仮にアルゼンチン中央銀行が920億ドルに相当するペソを発行していたら(ドルは発行できません)、きっと人類史上最大のハイパーインフレになっていたはずです。

>もちろん本誌は日銀当座預金も民間銀行の「預金」も友人から無利子で借りた金も、すべて同じで返済しなければならないと考えています。

ということは、返せないのでデフォルトするということになるのでしょうか? そして極めて100%に近い確率で近い将来預金封鎖と財産税とハイパーインフレに日本は見舞われるわけでしょうか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム