闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

大波乱でトランプが新大統領に ここからどう対処する?

2016年11月10日

大波乱でトランプが新大統領に ここからどう対処する?


 米国の第45代大統領がドナルド・トランプとなりました。

 米国の主要メディアは投票終了直後でも「ヒラリーが80%の確率で当選」と予想していたため、結果発表を受けて「驚くべき番狂わせ」と一斉に報じています。米国だけではなく世界中がほとんど(全く)予想していなかった結果となりました。

 本誌も以前から何度も「ヒラリーは日本にとって最悪の大統領候補」と書いていましたが、それでも結果は「残念ながらヒラリーで決まり」と考えていました。

 これで6月24日の英国EU離脱に続き、民意が「ありえない選択」をしまったことになります。確かにオバマ政権の8年間の閉塞感に対する反発があり、ヒラリーではあまり変化が期待できないと民意が判断したことになります。

 来年にはフランス大統領選など民意が反映されるイベントが目白押しで、世界中でこれからも「ありえない選択」が続発するような気がします。

 大統領選と同時に行われた議会選挙でも、共和党が上下院で過半数を確保しました。ただトランプは共和党やその支持団体の支援を受けていたわけではなく、トランプ「新大統領」は議会を支配する共和党とも対立する「不思議な構造」となるかもしれません。

 ただトランプは、内政面はもちろん過激な発言だけが目立つ外交面でも具体的な政策がほとんどわかりません。というよりこれから選ぶ各閣僚や各部門の責任者の顔ぶれによって大きく変わるはずで、その選考が大変に重要となります。

 といってもトランプは、一体何を基準にどうやって選ぶのかも全くわかりません。

 どこの国でも「自分をうまく売り込む輩(やから)」は多く、それぞれの能力や背景をよく見極めなければなりません。背景とは、どの国あるいはどの団体の利益を代表しているのかという意味です。フランクリン・ルーズベルト政権の奥深くにコミンテルンのスパイだったハリー・デクスター・ホワイトが入り込んでいたようなことが起こらないとも限りません。

 つまりトランプ「新政権」の基本方針や各方面の政策などは、まさにこれから決まるわけで、とりあえず大統領だけトランプに選んでしまったことになります。

 ヒラリーが「日本にとって最悪の大統領」であることは明らかでしたが、そのヒラリーではなかったことを喜ぶべきかといえば、まだほとんど何もわからないトランプと決まっただけで、ここからいろいろ考えなければなりません。

 さっそく明日からは、自称「トランプのことをよく知っている」専門家があちこちに登場するはずですが、トランプ「新政権」の政策もメンバーもまだ何もわかっていません。

 もちろん基本的には国内産業保護、ドル安、財政赤字拡大であるはずですが、実はそれはヒラリーでも全く同じだったはずです。

 大統領選の開票と同時並行で取引されていた東京市場では、「ヒラリーが勝つはず」と考えられていた午前10時ころに円相場が1ドル=105.46円、日経平均が256円高の17427円まで円安・株高となっていました。しかしトランプ優勢が伝えられてくると午後2時過ぎには1ドル=101.18円、日経平均が1060円安の16111円と急激な円高・株安となりました。

 ただこれはトランプの政策を考えての円高・株安ではなく(そもそもトランプの政策などまだ誰にもわかりません)、何かと過激な発言が目立つというだけで「さあ、大変」とパニックになっただけです。

 日経平均は大引けでは919円安の16251円でしたが、午後9時半現在の夜間取引では16680円、円相場も1ドル=103.35円まで「回復」しています。

 とりあえずまだ何もわからないトランプ「新政権」を反映した円相場や日経平均を今から予想するのは、現時点では全く不可能(と言うより無意味)です。

 本誌はいつも「相場は常に正しい」「迷ったら相場に聞け」と主張していますが、世界中の参加者がよくわからない中で形成される相場は果たして「常に正しい」といえるのかどうかもわかりません。

 明日からいろいろ悩む必要があるようです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
関連記事
コメント
 「相場に聞け」・・・よい言葉だと思います。今相場は富裕層中心の世界です。富裕層が慌てたから相場が下がった。 今回はあまりに単純な動きですね。何も不思議はありません。
今回は投資家やエコノミストに結構トランプ予想いましたけどね。brexitと類似の世論調査のバイアスを根拠に。まあほとんどコメンテーターは資金力がどうこうでヒラリーで決まりっつう論調でしたが。
個人的には予想通りの結果ですが。
民主党候補がサンダースだったら、若者はサンダースに多く投票し、民主党勝利だっただろう。
あと、偉そうにふるまう新聞やテレビなどのマスコミがアメリカでも嫌われていることが証明された選挙だった。
日本から見るアメリカ

アメリカから見る日本

全く違う評価を書いてほしかった
私達が考えている以上の馬鹿がアメリカ人だと選挙前から気が付いていた。問題はこれからだが、トランプが追い詰めらた時が最大の修羅場になる。やれやれ。
トランプだけに何を引くか
トランプだけどモノポリー
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム