闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

トランプ次期大統領と孫正義社長をつないだ「共通の知人」とは?

2016年12月09日

トランプ次期大統領と孫正義社長をつないだ「共通の知人」とは?


 ソフトバンクの孫正義社長は、12月6日にNYのトランプタワーでトランプ次期大統領と会談し、総額500億ドル(5兆7000億円)を米国でIT分野を中心とした新興企業に投資し、5万人の新規雇用を生み出すことを約束しました。

 米国優先の経済政策とくに米国内の雇用拡大を公約に掲げるトランプ次期大統領にとっても好ましい約束となり、上機嫌で自宅のあるトランプタワーの1階まで孫社長を見送りに出てくるところがテレビでも報道されていました。

 確かにトランプの経済政策が米国優先なので、その米国に集中投資することは「理にかなって」います。まあソフトバンクの稼ぐキャッシュフローの大半は、日本国内で寡占状態の携帯電話事業から来ているため、米国だけではなく日本での投資や雇用の拡大も少しくらいは考えるべきだとは思いますが、本日言いたいことはこれではありません。

 またソフトバンクは10月にサウジアラビアのムハンマド副皇太子と「10兆円ファンド」の共同設立で合意していますが、さっそくその資金を振り向けるようです。確かその10兆円の約半分はサウジアラビアが出すため、ソフトバンクが勝手に米国で優先的に投資すると言って大丈夫なのか?とも感じますが、これも本日言いたいことではありません。

 孫社長はインタビューで「(トランプ次期大統領と)共通の知人に会談をセットしてもらった」と話していました。それではその「共通の知人」とは誰だったのでしょう?

 12月6日付け「急いでカジノ法案を成立させる背景とは?」の最後は、トランプの大スポンサーであるシェルドン・アデルソンが1999年にラスベガスにベネチアン・ホテルを開業してカジノに進出したときに資金を提供したのは誰だったか?で終わっていました。

 その答えはソフトバンクの孫正義社長です。

 ソフトバンクは店頭市場(当時)に上場したばかりの1995年、アデルソンからコンピューター展示場のコムデックスを8.6億ドルという法外な価格で買収しました。

 アデルソンはその資金を元手に、ラスベガスで老朽化していたサンズ・ホテルを会社ごと格安で買い、爆破解体して1999年にベネチアン・ホテルとして開業して初めてカジノ業界に進出しました。ラスベガスでは後発だったためマカオなど海外進出に最も熱心で、リーマンショック時には破産寸前となったものの現在では世界有数のカジノ運営会社となっています。

 そもそもアデルソンがコムデックスを売却してホテルを買った理由は、ラスベガスで開催するコムデックスの巨大な展示場に集まる多数の人々はほとんどカジノで遊ばないため、ラスベガスのホテルが結託してコムデックス来場者の宿泊費を割高に設定したからと言われています。

 そこでアデルソンはコムデックスとホテルを「入れ替えた」わけで、もともとカジノが目的だったわけでもなさそうです。

 一方でそのコムデックスを買収した(同時にコンピューター関連出版大手のジフ・デービスも買収した)ソフトバンクは、ITバブルが弾けた2001年にコムデックスを「格安」で売却してしまいした。結局コムデックスは2003年に倒産しているため(現在は再生されています)、明らかにアデルソンの「入れ替え」が成功したことになります。
 
 ただ孫社長もコムデックスを通じて、米国のコンピューターやIT業界に人脈を広げたことも事実で、単純に投資結果だけでは判断できません。

 そこでやっと表題にある「共通の知人」となります。もちろん確認できたわけではありませんが、かなりの確率でそのアデルソンだったと考えます。

 アデルソンはトランプの大スポンサーであると同時に、孫社長は20年以上前にコムデックスを法外な高値で買収してカジノに進出させてくれた恩人(カモ?)だったからです。

 その「共通の知人」がアデルソンだったとしても、トランプ次期大統領と孫正義社長の会談にはアデルソンの「思惑」が込められているなどというつもりはありません。また500億ドルの米国への投資や5万人の新規雇用も、孫社長が一方的に約束しただけです。
 
 しかし孫社長は、自分も当事者となった20年以上前のアデルソンの「入れ替え」を思い出して、少しくらいは「これでいいのかなあ?」と考えてほしいと思いますが、まあ無理でしょうね。

 時代のスピードも速くなっているため、今度は5年くらいで答えが出るかもしれません。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
5兆円の投資は一部ではTモバイルUSといった見方があるようですが、どうなんでしょう?
みずほ銀行もトランプ銘柄になりますな
カモだったのかグルだったのか、という問題もありませんか。

コムデックスの真実はわかりませんが、倒産する企業は「計画的に」処分する場合もあります。
取引先を詳細に追えばわかりますが、大体闇の中になってしまいますね。

孫さんは投資をしているのですから割高で買っても別にいいのです。会社からアデルソンに直接お金を渡すわけにはいきませんからね。

後々のトランプ大統領との関係に繋がる非公式な口利き料なら安いとも考えられますし、ほかに孫さんへの便宜供与があったのかもしれません。

 ちなみにラスベガスは金持ちが行うパチンコであり、マカオは中国の資産家が海外にお金を持ち出すためのツールでもあります。合法賭博は合法なマネーロンダリングツールでもあります。収賄側が負けて接待側が利益を得ればいいのです。
 裏金の現金化もできます。この意味でも日本にカジノは必要な人がたくさんいるのだと思います。詐欺の換金や官僚や政治家の裏金還元ツールとしてとても便利でしょう。補助金や助成金をもらいつつ計画倒産なんかにも便利でしょうね。カジノの取引は証拠が出ませんから「合法」で完全犯罪です。
 また価格の見合わない取引に投資したとしてもカジノで便宜供与してもらえば問題ありません。ちょうど投資信託が信託報酬があれば運営側は利益が出なくても問題ないのと似ています。会社の財布が傷ついて私腹が肥えるのはけしからんけどやりようによっては合法なんです。
http://ameblo.jp/matsui0816/entry-12004466591.html

この件はバブルがはじけて損切りしただけですよ。
絶対そうです。はい。
でも類似した妙な取引が保有株であったら気をつけたほうがいいですね。総会で質問してみるべきでしょう。
孫さんは「神ってる」経営者だよねー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00011873-wsj-bus_all
アップル、ソフトバンク投資ファンドへの出資を協議
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム