闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

またまた出没した空売りファンドに慌ててはいけない

2016年12月15日

またまた出没した空売りファンドに慌ててはいけない


 日銀の金融政策については、本日(12月14日)のFOMCも取り入れて明日書くことにして、本日はこの話題です。

 12月13日にマディー・ウォーターズなる空売りファンド(表面的には調査会社)が、日本電産を「ハリボテの広報活動によって誇張されてきた銘柄」とする売り推奨レポートを公表しました。

 あらかじめ自己ポジションで空売りしてから過激なレポートで売り煽り、株価が下がったところでさっさと利益を確定する手法は、本年夏以降日本にも出没している類似ファンド(後述)と同じです。

 日本電産の株価はレポート公表前日終値の9888円から、12月13日の公表直後に一時9301円まで5.9%下落しましたがすぐに反発し、本日(12月14日)終値は10100円となっています。ちなみにマディー・ウォーターズの設定する日本電産の目標価格は4764円だそうです。

 また同じ12月13日にはウェル・インベストメンツなる空売りファンド(同じく表面的には調査会社)が、空気圧制御システムのSMCを「グローバルな連結監査能力がない小規模な監査法人が見抜けない疑わしい財務諸表」とする売り推奨レポートを公表しました。

 やはりあらかじめ自己ポジションで空売りしてから過激なレポートで売り煽るスタイルです。

 SMCの株価は公表前日終値の29495円から、12月13日の公表直後に一時26355円と10.6%も下落し、そこから反発していますが本日(12月14日)終値も27185円と公表前日を下回ったままです。ウェル・インベストメンツの設定するSMCの目標株価は4484円だそうです。

 さてこれらの空売りファンドは、ほぼ間違いなく公表直後の株価下落局面で利益を確定してもう逃げ出しているはずです。それぞれのレポートにある「ハリボテの広報活動」や「小規模の監査法人が見抜けない疑わしい財務諸表」の正当性とか、中・長期的な株価水準などには全く関心がなく、自らが売り煽ったレポートによる刹那的な株価下落だけが目的と考えておくべきです。

 ただここのところ株式市場が上昇しており、全体的に「高所恐怖症気味」であるタイミングも狙ったものだったのでしょう。

 悪質な「風説の流布」です。日本人が同じことをやれば即座に証券取引等監視委員会の調査対象になるはずですが、海外ファンドなので「やりたい放題」のままとなります。

 またこういう空売りファンドは比較的小規模で資金量もリスク許容範囲も限られているため、貸株を調達して売却する「裸のポジション」は取れず、株価下落による利益だけを受け取れてリスクが限定されているデリバティブを、コストを支払って購入しているケースがほとんどです。

 つまり時間が経過すればするほどコストがかかることになるため、どうしても逃げ足が速くなります。

 7月に伊藤忠を売り推奨したグラウカスも、8月にサイバーダインを売り推奨したシトロンも同じで、とっくの昔に(おそらくレポート公表直後の下落場面で)利益を確定して逃げ出しています。

 テレビドラマではありませんが、まさに「逃げるは恥だが役に立つ」投資スタイルなのです。
 
 これは「買い」から入って対象会社に無理難題を押し付けるアクティビストなるファンドでも基本的に同じで、長期的な経営方針に口を出しているように見えても、その実態は刹那的な株価上昇だけが目的で「いつの間にか」逃げ出しています。

 前回の伊藤忠やサイバーダインも同じでしたが、今回の日本電産やSMCも「日本企業の会計・財務の問題点が海外ファンドによって暴かれる」との好意的な評論も目につきます。
 
 会計や財務に不正を抱えていても良いという意味ではありませんが、こういう空売りファンドを過大評価したり、その売り煽りレポートに慌ててはいけないことだけは、肝に銘じておくべきです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
こういう輩は逮捕するなりなんなりと早くを手を打ってほしいものですね。日本電産を空売り推奨なんて、素人にも程があると思いましたが一瞬でも急落すれば向こうは勝利なんですね。。それならどんな銘柄でも今後仕掛けている可能性はありそうですね。
よくある事例
下げの主体が個人の狼狽売りとは限りません。
投資信託のファンドマネージャーと組んで、このレポートが出たら売りに出してね。と予め示し合わせている場合もありますね。
SMCかwell investmentsのどちらかが逮捕されないとおかしいですよね。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム